中国主要三都市における複写機・複合機の
総合顧客満足度で業界トップの評価

2005年12月8日

  • J.D. パワー アジア・パシフィック 2005年中国コピー機/複合機顧客満足度調査
  • 「保守サービス」「商品」「販売対応」面すべてにおいて高い評価


  富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬利男、資本金:200億円)は、CS(顧客満足度)に関する調査/コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区虎ノ門5-1-5、社長:蓮見南海男)が調査し発表した白黒/カラーの複写機(コピー専用機)、複合機(コピー、ファクシミリ、プリントの機能を持つ機種)の2005年中国コピー機/複合機顧客満足度調査において、業界トップの評価を得ました。  

  J.D. パワー アジア・パシフィックが中国で実施した複写機関係の調査は今回で5回目。2005年7月中旬から9月上旬にかけて実施され、中国主要3都市(北京、上海、広州)の従業員30人以上の事業所における、コピー機/複合機の導入決定関与者または管理責任者2,130人から回答を得ています。  

  富士ゼロックスは、J.D. パワー アジア・パシフィックが調査した「保守サービス」「商品」「販売対応」の3つのファクターすべてにおいてトップの評価を得て、総合満足度スコアで第一位を獲得しました。当社は、2003年にも同社が行なった中国コピー機/複合機顧客満足度調査においてトップの評価を獲得しており、今回は2年ぶりのランキングトップになります。  

  J.D. パワー アジア・パシフィックは今回の調査結果の中で、総合満足度に影響を与えるファクターの中で、「保守サービス」の重要度が増していると報告しています。富士ゼロックスは、中国を重要戦略地域と位置づけ、当社の強みでもある直販・直サービス体制を増強しております。富士ゼロックスの中国販売拠点である富士ゼロックスチャイナは、今年7月に営業力を強化するための教育拠点、「Learning & Development Center」を上海市に開設。主に直販営業職および保守サービス職社員を対象に、教育・研修を展開中です。また、同じく7月にカラー複合機Document Centre C250 / 360 / 450を市場に投入し、商品ラインアップを強化してまいりました。  

  富士ゼロックスは、成長著しい中国市場において、富士ゼロックスチャイナを中心に、高い付加価値サービスのご提供を通じて、今後もさらに高い顧客満足度が得られるように取り組みを継続/強化してまいります。  


  [参考]  

  調査結果の詳細は、J.D. パワー アジア・パシフィック社ホームページを参照願います。
http://www.jdpower.co.jp/
 

  ◆ 本件に関するお客様からのお問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。  
  フリーダイヤル: 0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00  


ページのトップへ

ここまで本文