インターネット上で企業間の
サービス連携を促進するカラー複合機

2005年12月19日

  • ApeosPort-II / DocuCentre-II シリーズ新発売
  • セキュリティ機能も充実
ApeosPort-II C4300
<ApeosPort-II C4300>


 

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬利男、資本金:200億円)は、新コンセプト「Apeos(アペオス)」に基づく商品群を一段階進化させ、「富士ゼロックス ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200(アペオスポート ツー シー4300 / シー3300 / シー2200)」と、そのベース機となるカラーデジタル複合機「富士ゼロックス DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200(ドキュセンター ツー シー4300 / シー3300 / シー2200)」を開発。2006年1月16日から発売いたします。

 

 

当社は、デジタル複合機をベースに、ネットワーク上の開かれたオフィス環境への「入口」となる機能を持つApeosPortシリーズを順次展開しています。今回新たに市場に投入するApeosPort-IIシリーズは、従来のWebサービス技術であるApeos iiX注1による外部アクセスの対応範囲を、企業内(イントラネット)からインターネットに拡大します。これにより、一連のドキュメントフローの活用範囲が、企業の枠を超えて実現できます。例えば、当社提供のASPサービス注2により、異なる企業間でWeb上にデータベースを構築。重要な紙文書をスキャンすることでデータベース上で共有し、さらには各種の基幹システム情報と紐づけて、一元管理することが可能となります。

 

 

このような企業のファイヤーウォールを超えたサービス環境で、安全に文書を活用するためには、セキュリティ機能の整備が必要不可欠です。ApeosPort-IIシリーズでは、サーバーと組み合わせたイメージログ機能注3により、コピー・プリント・ファクスにおいて、「誰が」「いつ」「どのようなドキュメントを」出力/送信したかといった特定が可能です。また、不正コピー対策として、ペーパーセキュリティ機能注4を搭載。紙文書にあらかじめ複製制限をかけることで、文書のコピー・ファクス・スキャンの実行そのものを制限し、情報漏洩の抑止効果を高める機能を搭載しています。

 

 

ApeosPort-IIシリーズ / DocuCentre-IIシリーズは、オフィス市場における普及型の商品群として、モノクロ毎分45枚 / カラー毎分35枚、同35枚 / 31枚、26枚 / 26枚(A4ヨコ)の性能を持っています。また、トナーには、定評のあるEA-HG注5トナーを採用。ツヤと深みのある鮮やかな発色を実現します。機能強化した新シリーズの提供により、セキュアな環境下でのドキュメントの活用の拡がりを支援してまいります。

 

  注1 Apeos internet integration framework based on XML  
  注2 2006年春提供予定。  
  注3 オプションのイメージログキットまたはイメージログキット(PostScript® 3TM)、イメージ拡張キット、増設電源キット、増設メモリー(512MB)および別途イメージログ管理システム(2006年春発売予定)が必要です。  
  注4 オプションのペーパーセキュリティキットが必要です。  
  注5 Emulsion Aggregation-High Grade  


   
◆ 本件に関するお客様からのお問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。
 
    フリーダイヤル :0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00  


  【 標準価格 】  
  <ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200>  
 
商 品 名 標準価格(税別) 備考
ApeosPort-II C4300 2,830,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
ApeosPort-II C3300 2,620,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
ApeosPort-II C2200 2,370,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
 

  <DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200>  
 
商 品 名 標準価格(税別) 備考
DocuCentre-II C4300 1,895,000 円 コピー・プリント機能搭載
DocuCentre-II C3300 1,540,000 円 コピー・プリント機能搭載
DocuCentre-II C2200 1,290,000 円 コピー・プリント機能搭載
 


  <主なオプション>  
 
商 品 名 標準価格(税別)
フィニッシャーB 200,000 円
フィニッシャーC 450,000 円
中とじフィニッシャーC 500,000 円
大型カラー操作パネル 200,000 円
大型カラー操作パネル取り付けキット 35,000 円
外部アクセスキット 50,000 円
イメージ圧縮キット 75,000 円
メディアプリントキット 40,000 円
ファクスキット 150,000 円
インターネットFAXキット 50,000 円
スキャナーキット 100,000 円
データセキュリティキット 85,000 円
複製管理拡張キット 98,000 円
ペーパーセキュリティキット 198,000 円
イメージログキット 20,000 円
イメージログキット(PostScript® 3TM 35,000 円
 


  <トータルサービス契約(月額プリント料金)>  
 
■ ApeosPort-II C4300 / DocuCentre-II C4300
[黒モード] [フルカラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~5,000枚
5,001枚以上
8.5 円 / 枚
7.0 円 / 枚
6.5 円 / 枚
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45.0 円 / 枚
40.0 円 / 枚
35.0 円 / 枚
[最低プリント料金]  8,500 円
 

 
■ ApeosPort-II C3300 / DocuCentre-II C3300
[黒モード] [フルカラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
8.5 円 / 枚
7.5 円 / 枚
7.0 円 / 枚
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45.0 円 / 枚
40.0 円 / 枚
35.0 円 / 枚
[最低プリント料金]  6,800 円
 

 
■ ApeosPort-II C2200 / DocuCentre-II C2200
[黒モード] [フルカラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
8.5 円 / 枚
7.5 円 / 枚
7.0円 / 枚
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45.0 円 / 枚
40.0 円 / 枚
35.0 円 / 枚
[最低プリント料金]  2,550 円

商品、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。別途消費税を申し受けます。
システム価格に、ネットワークケーブルやハブなどの価格は含まれていません
 



  【 主な特長 】  

  <インターネット市場への足がかり>  
  (1) Apeos iiX、外部アクセスの対応レベルを拡張 (ApeosPort-IIシリーズのみ)  
    従来のApeos iiX、外部アクセスは、ワークグループおよびイントラネットまでの対応でしたが、新たにファイアーウォールを越えてインターネットで利用できるようになりました。またApeosPort-IIシリーズは、インターネットにセキュアな環境で直接接続し、当社提供のASPサービスにアクセス可能。これにより、企業間やサーバーのない事業所での活用が可能になります。  
    2006年春提供予定。  


  <セキュリティの強化>  
  (1) イメージログ機能 (ApeosPort-IIシリーズのみ)  
    本体で実行されたすべてのジョブ(コピー、スキャン、プリント、FAX/iFAX送受信文書、メディアプリント)に対する利用者、利用時刻、部数などのジョブ・ログと、イメージそのものを蓄積・管理することで、文書が漏洩した際に、対象文書に対してジョブを実行したユーザーを把握することができます。これにより、機密文書が漏洩した場合、ジョブ実行者の把握・調査を効率的に行なうことが可能になります。  
    オプション。イメージログキットまたはイメージログキット(PostScript® 3TM)、イメージ拡張キット、増設電源キット、増設メモリー(512MB)および別途イメージログ管理システム(2006年春発売予定)が必要です。  

  (2) ペーパーセキュリティ機能注1  
    プリントやコピー時に複製制限コードの埋め込みや、ジョブ情報等のデジタルコードの埋め込みができます。複製制限コードが検知された原稿は、コピー、スキャン、ファクスの実行を制限します。また、コード情報の埋め込みにより、その情報を解析することで、「いつ」「どの複合機で」「誰が」出力したかなどを把握することができます注2
さらに複製制限と同時に「隠し文字(牽制文字)」を埋め込んでおくことでApeosPort-IIシリーズ / DocuCentre-IIシリーズ以外の複合機でコピーした場合でも、隠し文字を浮かび上がらせることができ、紙情報の漏洩防止効果を高めることが可能です。
 
    注1 オプションのペーパーセキュリティキットが必要です。文書の複製制限、デジタルコードの埋め込み機能、隠し文字の牽制効果は、常に機能を保証するものではありません。原稿や設定条件によっては、機能が有効に働かない場合があります。  
    注2 別売りの解析用ソフトウエア「PaperSecurity Analyzer」(2006年2月中旬発売予定)が必要です。  

  (3) スキャン文書のパスワード暗号化  
    スキャナー(メール送信)、スキャナー(PC保存)時、出力ファイル形式でPDF、DocuWorks、高圧縮PDF、高圧縮DocuWorks選択時にはセキュリティ付加で、パスワード暗号化が可能です。PDFやDocuWorksのもつパスワードセキュリティをスキャン時に設定できることにより、スキャンした電子化文書による情報漏洩を抑止することができます。  
    オプションのイメージ圧縮キット、増設電源キットが必要です。  

  (4) スキャン文書のPKI暗号化、PKI署名 (ApeosPort-IIシリーズのみ)  
    ApeosPortに「デバイス証明書 for Apeos」をインポートすることにより、ApeosPortのPKI機能が有効になり、従来の機能に追加して、スキャナー(メール送信)時、スキャナー(PC保存)時のスキャンしたDocuWorks文書およびPDFのPKI暗号化に対応します。署名することで電子化された情報の修正や編集がされていないかを確認することができ、情報の改ざんを抑止することができます。
さらにDocuWoks文書での保存時は、PKI暗号が可能。電子証明書(秘密鍵)を持つ本人以外は文書を開くことができず、情報漏洩を防止します。
 

  (5) iFAXのS/MIME対応 (ApeosPort-IIシリーズのみ)  
    ApeosPortに「デバイス証明書for Apeos」をインポートすることにより、ApeosPortのPKI機能が有効になり、従来の機能に加え、iFAX、インターネットFAXダイレクトのS/MIME通信も対応します。ファクスの通信費コストダウンに有効なiFAX提案において、電子メールを使用することにセキュリティ面での不安がありましたが、S/MIMEで暗号化やデジタル署名して、iFAXを送信することができるので漏洩防止や改ざん防止が可能です。  


  <マネジメント機能の強化>  
  (1) 利用制限機能の拡張  
    ユーザーIDごとに利用できる機能の制限として、従来のコピー、プリント、スキャンのカラー制限に、ファクス/iFAX機能を追加しました。  

  (2) 外部認証機能の拡張 (ApeosPort-IIシリーズのみ)  
    外部サーバーにアクセスするプロトコルKerberosに加え、SMB、LDAP、ApeosWare Authentication Agentを追加。また、別売りオプションである「ApeosWare Authentication Agent 1.0」を利用することで、外部認証での個人制限管理が可能となります。  
    2006年2月中旬発売予定。  


  <基本性能>  
  (1) 中型カラー操作パネルを標準で搭載 (ApeosPort-IIシリーズのみ)  
    Apeosの入口となるApeosPortの高機能なサービスをスムーズに活用いただけるよう、操作性の高い中型カラー操作パネルを標準で装備。コピー、プリント、ファクス、スキャンといった複合機の基本機能についても、基本画面上部に固定で表示されたメッセージエリアからの操作が可能です。  

  (2) モノクロ毎分45枚注1/カラー毎分35枚注1の高生産性  
    当社毎分50枚以上の複合機の技術であるTake Away Motorをはじめ各種の技術の採用により、モノクロ毎分45枚/注1カラー毎分35枚注1の高い生産性を実現。また、45秒以下のウォームアップ・タイム注2、ファーストコピー・タイムはモノクロ4.5秒注3、カラー7.0秒を注4実現するなどモノクロ・カラー両用機として利用可能です。  
    注1 A4ヨコ、ApeosPort-II C4300 / DocuCentre-II C4300使用時  
    注2 ネットワークの環境によっては、45秒以上かかることがあります。  
    注3 A4ヨコ、ApeosPort-II C4300 / DocuCentre-II C4300、モノクロ優先モード選択時  
    注4 A4ヨコ、ApeosPort-II C4300 / DocuCentre-II C4300、カラー優先モード選択時  

  (3) EA-HGトナーが高画質と高生産性の実現に貢献  
    定着時にトナーを融けやすくし画像表面をなめらかにすることで、ツヤと深みのある鮮やかな発色を実現。新規ワックスの採用とともに、トナー中のワックスの大きさ・量を均一化し剥離性能を向上することで、高画質でありながら高速の連続プリントを実現します。  

  (4) 後処理機能によって選べる3種類のフィニッシャー  
    ホチキス止めが可能な省スペース設計のフィニッシャーB、ホチキス止めに加えて2穴パンチの可能なフィニッシャーC、さらに中とじや二つ折り出力の可能な中とじフィニッシャーCを用意。用途に応じて選んでいただくことが可能です。  
    オプション  

  (5) 全商品、エコマーク複写機基準Ver2.0対応  
    エネルギー効率のよいOA機器の開発導入を目的とした国際エネルギースタープログラムに適合しているほか、財団法人日本環境協会エコマーク事務局認定の、エコマーク複写基準Ver2.0にすべての機種が対応しています。さらに、グリーン購入法のコピー機に対する「判断基準および配慮事項」にも適合しています。また、商品の企画/開発/製造から使用済み商品の回収や処理に至るまで、ライフサイクル全体を視野に入れた当社独自の循環型リサイクルシステム「クローズド・ループ・システム」の各項目において、厳しい評価基準を達成した資源循環型商品です。  


  <基本性能の強化>  

  ・ コピー機能  
  (1) スタック + 仕切り合紙  
    コピーした用紙をページごとにまとめて、まとまった用紙と用紙の間に仕切り合紙をはさみ排出できます。  

  (2) スタンプの文字列登録  
    機械管理者モードで、スタンプに使用する文字列(あらかじめ設定されている文字列8種類+登録した文字列)を登録できます。スタンプの大きさは3種類から選択できるうえ、6~64ポイントの範囲で1ポイント刻みで指定することもできます。  

  ・ プリンター機能  
  (1) Macintosh® BonjourTM対応  
    プリンタの設定をしなくても、標準のTCP/IPプロトコルを使用してネットワークへの追加や削除を簡単に実行できます。Macintosh®をネットワークに加えると、Mac OS® XはBonjourTMに対応したプリンタを自動的に検出してつながります。  
    オプション。PostScript® 3TM キットが必要です。Mac OS® X 10.2以降に対応。  

  ・ ファクス機能  
  (1) 未送信文書の再送信指示  
    ファクス送信で「未送信」となった文書を消去せず、保存しユーザー指示により再送信できます。  
    iFAX、イミディエイト送信、中継局の中継同報、ダイレクトFAX、ジョブフローのFAX送信は除く。  

  (2) 並列合成送信  
    自動原稿送り装置を利用して、複数枚の原稿を1枚の原稿に合成して送信できます。原稿の長さに関係なく、前の原稿の後ろに次の原稿が合成されます。1枚に合成できる原稿枚数は、2~9枚です。  

  (3) プリント時刻指定制限  
    あらかじめ設定した時間内には、受信文書をプリントしないといった設定が可能です。夜間の出力や、排出による稼動音などによる警報装置の作動を防ぎます。  

  ・ スキャン機能  
  (1) Scan to PC(SMB)ネットワーク参照対応  
    キーボードより宛先(パスまたは、サーバー/共有名/保存場所/ユーザー名/パスワード)を入力するしかなく、面倒かつ正確に設定するのが一般ユーザーには困難でしたが、ネットワーク参照により、パネル上で保存先のサーバー名やフォルダーなどの階層構造が表示されるようになり、使い勝手が向上します。  

  (2) 親展ボックス文書取り出し時のPDF、DocuWorks変換  
    CentreWare Internet Serviceでは、Webブラウザー上から、親展ボックスの画像の一覧、文書の取り出し、削除の操作が可能です。またMacintosh®の環境からの取り出しも可能です。従来の、文書取り出し時フォーマットTIFF、JPEGに加え、新たにPDF、DocuWorks文書フォーマットでのファイル取り出しが可能になりました。  




  【 主な仕様 】  
 
■ コピー機能
  ApeosPort-II C4300
DocuCentre-II C4300
ApeosPort-II C3300
DocuCentre-II C3300
ApeosPort-II C2200
DocuCentre-II C2200
形式 / カラー対応 コンソールタイプ / フルカラー
読み取り解像度 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
書き込み解像度 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
階調/表現色 各色256階調(1,670万色)
ウォームアップ・タイム 45秒以下注1(室温20℃)
複写原稿 シート・ブック共に最大297×432mm(A3、11×17”)
複写(用紙)サイズ
最大 A3(297×420mm)、11×17”(279×432mm)
最小 A5(148×210mm)
(手差しトレイでは)
最大 12.6×17.7”(320×449.6mm)、12×18”(304.8×457.2mm)
最小 官製ハガキ(100×148mm)、封筒(長型洋3号)(120×235mm)
画像欠け幅 先端4mm以内、後端2mm以内、奥/手前2mm以内
複写用紙注2
トレイ 64~169g/m2、手差しトレイ:55~220g/m2
ファーストコピー・タイム
(A4ヨコ)
モノクロ 4.5秒
(モノクロ
優先モード時)
カラー 7.0秒
(カラー
優先モード時)
モノクロ 5.4秒
(モノクロ優先モード時)
カラー 7.2秒
(カラー優先モード時)
複写倍率
<等倍> 1:1±0.7%
<固定倍率> 1:0.500,1:0.707,1:0.816,1:0.866,1:1.154, 1:1.225,1:1.414
<任意倍率> 1:0.25~1:4.00 (1%きざみ)
連続複写
速度注3
 
[モノクロ] [カラー]
[モノクロ] [カラー]
[モノクロ] [カラー]
A4ヨコ/
B5ヨコ/A5
45 枚 / 分 35 枚 / 分
35 枚 / 分 31 枚 / 分
26 枚 / 分 26 枚 / 分
A4/B5
34 枚 / 分 26 枚 / 分
26 枚 / 分 21 枚 / 分
21 枚 / 分 17 枚 / 分
B4
27 枚 / 分 21 枚 / 分
21 枚 / 分 17 枚 / 分
17 枚 / 分 15 枚 / 分
A3
22 枚 / 分 17 枚 / 分
17 枚 / 分 15 枚 / 分
15 枚 / 分 13 枚 / 分
給紙方式/給紙容量注4
標準 560 枚×4トレイ+手差しトレイ100 枚
最大給紙量 2,340 枚
連続複写枚数注5 999 枚
電源 AC100V±10%、15A、50/60Hz共用
最大消費電力
1.5KVA以下
スリープモード時 10W
低電力モード時 90W
待機時 230W
大きさ
ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200 幅666×奥行794×高さ1,141mm
DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200 幅666×奥行789×高さ1,141mm
DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200 幅666×奥行789×高さ1,057mm
(モデルP)
質量
ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200 166Kg (モデルPFS)
ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200 175Kg (モデルPFST)
DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200 153Kg (モデルP)
DocuCentre t-II C4300 / C3300 / C2200 166Kg (モデルPF)
DocuCentre t-II C4300 / C3300 / C2200 166Kg (モデルPFS)
DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200 175Kg (モデルPFST)
機械占有寸法
ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200 幅967×奥行1214mm
DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200 幅967×奥行1214mm
(手差しトレイを最大に伸ばした時)
注1 ネットワークの環境によっては、45秒以上かかることがあります。
注2 当社推奨用紙をお奨めします。使用条件によっては正しく印刷できない場合があります。
注3 画質調整のため速度が低下することがあります。用紙の種類、トレイによっては生産性が落ちる場合があります。
注4 当社P紙。ApeosPort-II C4300、DocuCentret-II C4300には、標準:560枚×2+980枚+1,280枚+手差しトレイ100枚、最大給紙量:3,480枚モデルもあります。
注5 画質安定化処理のため、機械の動作を一時的に中断することがあります。
 

 
■ プリント機能
  DocuCentre-II
C4300 / C3300 / C2200
モデルP
DocuCentre-II
C4300 / C3300 / C2200
モデルPF / PFS / PFST
ApeosPort-II
C4300 / C3300 / C2200
モデルPFS / PFST
形式 内蔵型
連続プリント速度 本体と同等
出力解像度
標準/高画質 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
高精細注1 1,200×1,200dpi(47.2×47.2ドット/mm)
ページ記述言語
標準 ART EX、ART IV
オプション Adobe® PostScript® 3TM注2
対応
プロトコル
標準
(Ethernet)
TCP/IP(lpd、IPP、SMB、Port9100)、NetWare、EtherTalk®注2 注3
オプション
(パラレル)
Compatible、Nibble、ECP
対応OS注4 標準
Windows® 95/98/Me 日本語版
WindowsNT® 4.0 日本語版
Windows® 2000/XP 日本語版
Windows ServerTM 2003 日本語版
PostScript® 3TM キット
(オプション)
Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版
WindowsNT® 4.0 日本語版・英語版
Windows® 2000/XP 日本語版・英語版
Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版
漢字Talk®  [7.5.3]~Mac OS® 日本語版[9.2.2]
Mac OS® 英語版[7.5.3~9.2.2]
Mac OS® X日本語版・英語版[10.1.5/10.2.x/10.3.3~10.3.9]
内蔵
フォント
標準 アウトラインフォント(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、欧文17書体)
ストロークフォント(日本語書体、欧文書体:HP-GL用)
PostScript® 3TMキット
(オプション)
平成2書体版 平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、欧文136書体
モリサワ2書体版 リュウミンL-KLTM、中ゴシックBBBTM、欧文136書体
エミュレーション
キット
(オプション)
欧文81書体、シンボル35セット
エミュレー
ション
標準 ESC/P(VP-1000)
オプション [エミュレーションキット]
PC-PR201H、HP-GL(HP7586B)、HP-GL2/RTL(HP Design Jet750C Plus)、PCL5c、PCL6
メモリー容量 256MB 512MB / 768MB 768MB
インター
フェイス
標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
オプション 双方向パラレル(IEEE1284-B)、USB2.0注5
注1 高精細モードでプリント時、連続プリント速度は、A4ヨコでモノクロ・カラー共にC4300:22枚/分、C3300:22枚/分、C2200:16枚/分となります。
注2 PostScript® 3TMキット装着時。PostScript® 3TMキットには、平成2書体版とモリサワ2書体版があります。またエミュレーションキットの内容が含まれます。
注3 エミュレーションキット装着時。
注4 最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注5 Windows® 98/Me 日本語版・英語版、Windows® 2000/XP日本語版・英語版、Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版、Mac OS® 日本語版・英語版[8.6~9.2.2]、Mac OS® X日本語版・英語版[10.1.5/10.2.x/10.3.3~10.3.9]に対応。

LinuxOSについては、PDFダイレクトプリントを用いたオプションとして、弊社ダウンロードページからのみ、無保証のソフトウエアとして日本語版を提供します。
標準ドライバー英語版はFX ダウンロード用のホームページのみで提供されます。英語版はおよそ3カ月で公開します。
 

 
■ スキャン機能の主な仕様
(DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200 モデルP / PFはオプション)
  ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200
DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200
形式 カラースキャナー
読み取りサイズ
最大 297×420mm(A3)
読み取り解像度 600×600dpi、400×400dpi、300×300dpi、200×200dpi
(23.6×23.6ドット/mm、15.7×15.7ドット/mm、11.8×11.8ドット/mm、7.9×7.9ドット/mm)
読み取り階調 RGB各色8ビット
原稿読み取り速度注1
モノクロ 50枚 / 分
カラー 45枚 / 分(当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで)
インターフェイス Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
ボックス
保存
対応プロトコル TCP/IP
出力
フォーマット
モノクロ2値 TIFF
グレースケール/フルカラー TIFF、JPEG
ドライバー TWAIN
ドライバー
対応OS注2
Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版
WindowsNT® 4.0 日本語版・英語版
Windows® 2000/XP 日本語版・英語版
Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版
PC保存 対応プロトコル TCP/IP(SMB、FTP)
対応OS注2
Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版注3
WindowsNT® 4.0 日本語版・英語版
Windows® 2000/XP 日本語版・英語版
Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版
Mac OS® X 日本語版・英語版[10.1.5/10.2.x]® 注4
NetWare 5.11J/5.12J注4
出力
フォーマット
モノクロ2値 TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF
グレースケール/フルカラー TIFF(圧縮方式:JPEG)、JPEG、DocuWorks文書、PDF、高圧縮DocuWorks文書注6、高圧縮PDF文書注6
メール送信注5 対応プロトコル TCP/IP(SMTP)
出力
フォーマット
モノクロ2値 TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF
グレースケール/フルカラー TIFF(圧縮方式:JPEG)、JPEG、DocuWorks文書、PDF、高圧縮DocuWorks文書注6、高圧縮PDF文書注6
注1 原稿、解像度によって読み取り速度は異なります。
注2 最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注3 対応プロトコルはSMBのみです。
注4 対応プロトコルはFTPのみです。
注5 オプションのEメールキット装着時。
注6 オプションのイメージ圧縮キット装着時。
 

 
■ ファクス機能
(DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200モデルPはオプション)
  ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200
DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200
送信原稿サイズ
最大 A3、11×17”、長尺原稿可(最長600mm)
記録紙サイズ
最大 A3、11×17”、最小:A5
電送時間注1 2秒台注2
通信モード ITU-T G4注3、G3
走査線
密度
標準 8×3.85本/mm、200×100dpi(7.9×3.9ドット/mm)
高画質 8×7.7本/mm、200×200dpi(7.9×7.9ドット/mm)
超高画質 16×15.4本/mm
超高画質
(400dpi)
400×400dpi(15.7×15.7ドット/mm)
超高画質
(600dpi)
600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
符号化方式 MH、MR、MMR、JBIG
通信速度
G4注3 最大64kbps以下
G3 33.6/31.2/28.8/26.4/24.0/21.6/19.2/16.8/14.4/12.0/9.6/7.2/4.8/2.4kbps
適用回線 加入電話回線、PBX、ファクシミリ通信網(PSTN)、ファクシミリ通信網(ISDN)注3
ISDN網注356k/64k、最大5ポート(G3-3ポート、G4-2ポート)
注1 画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれていません。なお、実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状況により異なります。
注2 A4判700字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm)、高速モード(28.8kbps以上:JBIG)送信時。
注3 オプションのファクスポート増設キット、ISDN-G3/G4増設ポート装着時。
 


  • Macintosh®、AppleTalk®、EtherTalk®、LocalTalk®は、米国アップルコンピュータ社の登録商標です。
  • Microsoft®、Windows® 95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000/XPは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • PostScript®は、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
  • NetWareは、米国ノベル社の米国における登録商標です。
  • HP-GLは、米国Hewlett Packardの商標です。
  • XEROX、The Document Company、および"デジタルX"のマークは、商標または登録商標です。
  • その他の社名または商品名等は、各社の登録商標または商標です。


ページのトップへ

ここまで本文