お客様情報を含むノートパソコンの盗難について

2006年3月3日

富士ゼロックス株式会社



  この度、東京都品川区内において弊社社員が2月17日(金)の夜、業務終了後に駐車中の車から離れている隙に何者かに車の窓ガラスを割られ、車内にあった業務用のノートパソコンの入った鞄ごと盗難に遭いました。直ちに、警察に通報して被害届を提出し、全力で探索中ですが、現時点では発見されておりません。  

  このノートパソコンには、メールアドレス1,631件の個人情報を含むお客様の情報が含まれていますので、監督官庁にも報告をいたしました。また、このノートパソコンには、パスワード設定がされ、さらにハード・ディスク・ドライブがロック設定されておりました。現時点では、お客様の情報が外部に流出し、不正に利用されたという事実は確認されておりません。  

  弊社では従来からノートパソコンなど情報機器を利用する際に、個人情報やお客様の情報が外部に流出しないよう社員教育や情報取り扱いに対する安全対策を実施してまいりましたが、このたびの事件に直面し、事態を重く受け止めております。  
  今後このような事態が再発しないよう、全社に情報セキュリティ規程遵守の再徹底と情報セキュリティ施策の強化を図り、また全社員に対して個人情報保護と情報セキュリティの教育を再度行なうとともに、情報の取り扱いに関し内部監査を徹底する所存でございます。  

  本件につきまして、お客様ならびに関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。  


ページのトップへ

ここまで本文