オフィス向けソフトウエア「DocuWorks」が
国内販売累計300万ライセンスを突破

業務プロセスの効率化とCO2低減を支援

2010年10月19日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、代表取締役社長:山本忠人、資本金:200億円)は、1998年9月から販売している文書管理ソフトウエア「DocuWorks(ドキュワークス)」の国内累計出荷数が300万ライセンスを達成いたしました。

「DocuWorks」は、パソコンなどで作成した電子文書と、デジタル複合機やスキャナーで取り込んだ紙文書を、まとめて保管、編集、回覧できるソフトウエアです。実際に机の上で紙を扱うかのように、資料を束ねたり、文字や線を書き込んだり、付箋を貼るなどの操作が、パソコンの画面上で実現できます。その使い勝手のよさから、個人、企業、官公庁にいたるまで、業種・業務を問わず、幅広いお客様に活用いただいています。

しかしながら、このような単なる“電子化ツール”としてではなく、複合機と連携した使い方、例えば、ファクス受信文書を紙に出さずに個人のパソコンに取り込み、それを異なるフォーマットの電子文書やスキャナーで取り込んだ紙文書と併せて、一括管理・共有する“文書管理ツール”としての利用などが増えてきています。これにより、業務プロセス改善による生産性向上はもとより、紙の使用を減らすことによるTCO削減に加え、CO2低減という環境への配慮にも貢献します。

また、「DocuWorks」開発用キット注1を公開しており、「DocuWorks」と連携するためのプログラミング・インターフェイスを無償で提供しています。現在、40社を超えるSIerやSIベンダーなどのパートナー企業が、「DocuWorks」と連携したツール等を開発し、文書活用の幅に広がりを見せています。最近では、複数枚の名刺を複合機から簡単に「DocuWorks」に取り込むプラグインソフト注2や「DocuWorks」に格納された文書の台帳を作成、管理できるソフトウエア注3などが開発・販売されており、中小規模事業所のお客様を中心にご購入いただいております。

一方、6ヵ国語(英語版、中国語版、韓国語版、フランス語版、タイ語版を含む)の多言語対応により、海外でも累計35万ライセンス出荷の実績を持っています。今後もグローバル市場への販売はもとより、グローバルビジネスが加速している国内のお客様のコミュニケーション業務支援も更に強化してまいります。

注1
DocuWorks Development Tool Kit
注2
「TantCard」 開発:株式会社下田OAシステム様
注3
「PowerList for DocuWorks」 開発:アシストV株式会社様

価格

DocuWorks 7.1 日本語版

商品名価格(税別)
DocuWorks 7.1 日本語版/1ライセンス基本パック 15,200円
DocuWorks 7.1 日本語版/5ライセンス基本パック 63,000円

DocuWorks 7.1 English

商品名価格(税別)
DocuWorks 7.1 English 1 License Basic Package 15,200円
DocuWorks 7.1 English 5 License Basic Package 63,000円

この記事に関連する高解像度画像

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ