米ゼロックス/富士ゼロックス、
マネージド・プリント・サービス(MPS)の市場シェアでNO.1の評価

お客様の業務課題に対応することで成長を加速

2010年10月21日

ゼロックス・コーポレーション 新規ウインドウで開く(本社:米国コネチカット州、以下米ゼロックス)と富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、社長:山本 忠人、資本金200億円)は、調査会社IDCが発表した「世界・米国のプリントおよびドキュメントのアウトソーシング・サービス予測・分析」注1において、2009年度のマネージド・プリント・サービス(MPS)のグローバル市場にて、売上規模で首位にランクされました。

MPSやビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)などのサービスを提供するドキュメント・アウトソーシング・ベンダーを分析した本レポートによると、MPS市場の2009年度世界売上総額は、対前年8.1%増の77億8,000万ドルとなっています。米ゼロックス/富士ゼロックスは、市場シェアNo.1(48.5%)を獲得しました。

IDCは、「MPSによって、あらゆる規模の企業が出力に関連するインフラのコスト削減に取り組むことができる」としています。効果的に実施されたMPSプログラムにより、最大30%のコスト削減、生産性向上、規制順守を支援するほか、環境への対応についても改善することが可能です。

米ゼロックスは、IDCが最近発表した2010年度MPS MarketScapeレポート 新規ウインドウで開く注2でもマーケットリーダーとして評価されており、ACS(Affiliated Computer Services)社を買収 新規ウインドウで開くしたことにより、特にBPOサービスを通じてドキュメント・アウトソーシング分野の成長を加速、同社は現在、ビジネス・プロセスおよびドキュメント・マネジメント分野で世界トップの企業となっています。

同様に富士ゼロックスも、オーストラリア最大の独立系MPSプロバイダーであるUpstream Print Solutions社を買収し、事業規模を拡大しています。富士ゼロックスは、米ゼロックスとの協業のもとに、グローバル企業およびローカル企業を支援し、日本およびアジア・パシフィック地域でのサービス事業を加速させています。

注1
IDC “Worldwide and U.S. Outsourced Print and Document Services Forecast and Analysis” 文書番号224913、2010年9月。
注2
IDC “IDC MarketScape:Worldwide Managed Print Services 2010 Hardcopy Vendor Analysis” 文書番号222872、2010年4月。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。