机の中に眠っているたくさんの名刺から新たなビジネスチャンスを生み出す機会を

より組織的な活用に向けてさらに機能を強化 「SkyDeskサービス」Cardsに新たな有料サービスメニューを追加

2012年7月24日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本忠人)は、2011年8月23日に無料で提供を開始したビジネスコミュニケーション支援サービス「SkyDeskサービス」注1の「Cards(名刺管理)」アプリケーションに、機能強化とより組織的な利用環境を提供する新たな有料サービスメニュー「SkyDesk Cardsエンタープライズ」を追加し、本日から提供を開始します。​

「SkyDesk Cards」は、名刺データを簡単に登録し、管理・共有することが可能なアプリケーションです。名刺をスキャンし、OCRでテキスト化した結果を確認・修正するだけで登録が完了します。また、スマートフォンでの名刺撮影で登録することも可能です。お客様のデータを名刺の画像とセットで管理することで、記憶しやすさ、見つけやすさをサポートします。さらに組織で共有し、商談の進捗や関連情報を名刺情報に追加していけば、そのままお客様情報管理ツールにも活用可能なサービスです。

注1
「SkyDeskサービス」は、SMB(Small and Medium Business)市場における多様なビジネスコミュニケーションに求められる各種アプリケーションを、パブリッククラウドを活用して提供しているサービスです。

SkyDesk Cardsエンタープライズ

より多くの名刺情報を組織で共有

「SkyDesk Cardsエンタープライズ」では、名刺データの登録可能枚数を3,000枚/人に拡大。(有料サービス Cardsプロフェッショナルでは1,000枚/人)さらにSkyDesk登録メンバーで構成する「組織」メンバーで共有できる名刺データの上限も30,000枚に増やし(同:15,000枚)、大規模かつ組織的に名刺データ共有をすることで、企業の本格的なビジネスコミュニケーション環境の構築を支援します。

名刺をならべてスキャンし一括登録

名刺データの登録方法に、複数枚の名刺をスキャナーに並べて読み取った画像をアプリケーション側で自動的に切り取り、個別の名刺データとして登録できる機能を追加しました。さらに、各名刺を同じ位置で裏返して読み取った裏面画像を、自動的に表面画像とマッチングさせて同時に登録することも可能。大量の名刺データ登録の効率化を支援します。

有料サービスメニューの購入方法

Webサイトでの申込みとクレジットカード支払いによる決済

標準価格

SkyDesk Cards

商品名標準価格(税別)契約形態
SkyDesk Cardsエンタープライズ 7,600円/ユーザー/6カ月 半年契約
(自動更新)

プラン別機能比較表

SkyDesk Cards

プラン名無料プロフェッショナルエンタープライズ
(今回追加)
名刺登録上限 50枚/1人 1,000枚/1人 3,000枚/1人
名刺共有上限 共有機能なし 15,000枚/組織内 30,000枚/組織内
組織利用 ×
ならべて一括登録 × ×

関連ウェブサイト

  • 注記 リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe ReaderAdobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Light bannerDocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ