A3ミッドクラスカラープリンターの新商品 優れた環境性能と生産性・利便性を両立

A3対応カラーLEDプリンター「DocuPrint C4000 d」新発売

2012年10月31日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、オフィス向けカラープリンターのミッドクラス新商品として、A3対応カラーLEDプリンター「DocuPrint (ドキュプリント) C4000 d」を11月5日から発売します。合わせて、これまでミッドクラス商品として位置づけていたA3対応カラーLEDプリンター「DocuPrint (ドキュプリント) C3360」の標準価格を、11月1日より249,000円(税別)に改定します。

DocuPrint C4000 d

「DocuPrint C4000 d」は、カラー40枚/分注1、モノクロ40枚/分注1の高速プリントで、オフィスでの大量プリントのほか、販促物、はがき、名刺の印刷業務などで幅広く活用することができます。さらに、先進的な環境技術の採用で優れた省エネを実現し、オフィスの生産性向上とCO2削減に貢献します。

環境性能の向上で利便性を維持しながらオフィスの省エネに貢献

従来機注2と比較して定着装置の予熱時間を大幅に短縮したため、ウォームアップ・タイム17秒以下、スリープモードからのリカバリータイム15秒以下の高速立ち上がりを実現。また、定着温度を低くできる省エネタイプの「EA-Ecoトナー注3」を採用し、定着時の消費電力の削減に大きく貢献します。これらの省エネ技術の採用により、「国際エネルギースタープログラム」の適合基準であるTEC値注4は従来機注2よりもプリント速度や利便性注5が向上したにもかかわらず従来機比注218%減の2.01kWhで、A3カラープリンターの各印刷速度クラスにおいて高い省エネ性能を実現しました。

長尺紙やPOP用紙など、多彩なサイズ・種類の用紙に対応

定形サイズの用紙のほか、ユーザー定義による非定形サイズにも対応し、297mm×1,200mmの長尺紙注6へのポスター出力なども可能です。また、厚紙、POP用紙、伝票、シーリングはがき、名刺用紙、封筒、コート紙などの特定の業種・業務で使用する特殊用紙にもカール注7や紙しわが少なくプリントでき、お客様の多様な印刷ニーズにお応えします。

セキュリティー機能の強化でオフィスの情報漏えい抑止に貢献

当社複合機「ApeosPortシリーズ」と共通のプラットフォームを搭載し、複合機と同じ管理環境の下で情報漏えい対策や出力管理が可能です。ICカード認証注8による認証プリントやペーパーセキュリティー機能注9による隠し文字/複製制限コード/デジタルコードの埋め込み印刷など、多様なセキュリティー機能を提供し、機密文書の放置防止や紙文書の不正コピーなどの情報漏えいを抑止します。

注1
A4ヨコ、同一原稿片面連続プリント時(普通紙)
注2
DocuPrint C3360:TEC値 2.45kWh
注3
Emulsion Aggregation(乳化重合法)-Ecoトナー  
注4
Typical Electricity Consumption。財団法人省エネルギーセンター「国際エネルギースタープログラム」適合基準。
概念的1週間(稼動とスリープ/オフが繰り返される5日間+スリープ/オフ状態の2日間)の消費電力量
注5
DocuPrint C3360:ウォームアップ・タイム28秒以下、スリープモードからのリカバリータイム28秒以下
注6
手差しトレイからのみ給紙対応
注7
オプションのサイドトレイ排出時
注8
別途「ICカードリーダー」「IC Card Gate 3」「IC Card Gate 3 for FeliCa」のいずれかが必要
注9
オプションのセキュリティー拡張キット、内蔵増設ハードディスクが必要

標準価格

本体

商品名標準価格(税別)備考
DocuPrint C4000 d 298,000円 トナーカートリッジ(C/M/Y/K)各色1本、ドラムカートリッジ4本、トナー回収ボトル1本を含む。
  • 注記 リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe ReaderAdobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Light bannerDocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

この記事に関連する高解像度画像

本件に関するお問い合わせ

メールでのお問い合せ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ