米国ゼロックス デジタル複合機のスキャン機能に関する報道について

2013年8月8日

2013年8月16日更新注1

お客様各位

平素は弊社商品をご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。

昨日一部報道で、米国ゼロックスが販売している一部商品(デジタル複合機)において、「スキャン機能を利用する際、特定の圧縮レベルと解像度の組み合わせによってはスキャンされた数字が変わってしまう事象が生じている」という趣旨の記事が掲載されました。

米国ゼロックスは報道内容について事実を確認し、お客様に対して初期設定でのご利用を推奨するとともに、修正ソフトウェアの提供を準備しています。
なお、コピー・ファクシミリ・プリント機能使用時には、上記の事象は発生しないことを確認済です。

日本国内および中国を含む東南アジア・オセアニア地域で販売している弊社商品は、欧米向け仕様商品とは異なりますので、同様の事象が生じることはありません。引き続き安心してご利用くださいますようお願いいたします。

なお、中国を含む東南アジア・オセアニア地区において、一部欧米向け仕様商品をご利用いただいているお客様におかれましては、スキャン機能を使用される際には、初期設定のままでお使いください注1

  • 注1 米国ゼロックスでは、初期設定でスキャン機能を使用した場合においても、判読の困難な小さいフォントを使用した原稿や、複数回のスキャンなどで文字の判読が困難になった原稿などをスキャンした場合には、同様の事象が生じる可能性もあることを確認いたしました。本事象に対応するための修正ソフトウェアの提供を準備しています。

該当するデジタル複合機

  • ColorQube® 87XX / 89XX
  • ColorQube 92XX / 93XX
  • WorkCentre® 5030 / 5050
  • WorkCentre 51XX
  • WorkCentre 56XX
  • WorkCentre 57XX
  • WorkCentre 58XX
  • WorkCentre 6400®
  • WorkCentre 7220 / 7225
  • WorkCentre 75XX
  • WorkCentre 76XX
  • WorkCentre 77XX
  • WorkCentre 78XX
  • WorkCentrePro 2XX / BookMark 40 / 55
  • 注記 上記以外の欧米向け仕様商品では、同様の事象が生じることはありません。

以上