富士ゼロックスカストマーコンタクトセンターが国際的品質保証規格COPC®認証を取得

さらなるお客様満足度向上を目指す

2014年1月16日

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、社長:山本 忠人、資本金200億円)の100%子会社である富士ゼロックスサービスクリエイティブ株式会社(本社:東京都中野区、社長:小巻 弘和)は、コンタクトセンター業務の国際的品質保証規格である「COPC® CSP規格リリース5.0版」の認証を取得いたしました。

富士ゼロックスサービスクリエイティブは、富士ゼロックスおよび関連会社のソリューション&サービスにおけるお客様接点としてコンタクトセンター機能を一括して担当し、富士ゼロックス商品およびソリューション&サービスを導入・利用いただいているお客様からの各種お問い合わせに統合的に対応しています。今回の認証取得は、カストマーコンタクトセンターおよびお客様相談センター注1の東西2拠点である横浜みなとみらい事業所と大阪千里中央事業所での同時取得となります。

COPC®規格は、米国国家経営品質賞(マルコム・ボルドリッジ賞)の概念に基づいたコールセンター業務の「パフォーマンス改善モデル」として誕生し、COPC®規格認証はコンタクトセンターのサービス、クオリティ、コスト、顧客満足度、売上のパフォーマンスと運営管理手法について、基準をすべてクリアした組織に与えられます。日本では、株式会社プロシード(本社:東京都港区、社長:西野 弘)が唯一のCOPC®規格監査実施機関です。

富士ゼロックスサービスクリエイティブの「COPC® CSP規格リリース5.0版」の認証取得は、同社のコンタクトセンター業務プロセス標準化および業務品質改善活動の成果が評価されたものです。富士ゼロックスサービスクリエイティブは、COPC®規格認証取得により、コンタクトセンター業務においてさらなる満足度向上を実現し、今後もお客様のさまざまなご要望にワンストップでお応えできる体制を強固にしてまいります。

富士ゼロックスサービスクリエイティブの概要

社名 富士ゼロックスサービスクリエイティブ株式会社
事業内容 販売に関する契約業務および売上管理業務の代行、会計・経理に関する業務の代行
コンタクトセンター業務 など
本社 東京都中野区本町2-46-1
代表者 小巻弘和(富士ゼロックス株式会社執行役員)
資本金 1億円(富士ゼロックス100%出資)
社員数 約2,000人
  • 注記 COPCとは“Customer Operations Performance Center”の略です。COPC®は、米国COPC社(本社:ニューヨーク州)の登録商標です。
  • 注1 お客様相談センターの拠点は横浜のみ。
  • 注記 リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe ReaderAdobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Light bannerDocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

報道機関からのお問合せ

報道機関からのお問合せはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ