テレワークなど多様な働き方を支援する中小規模事業所向けA3フルカラー複合機を販売開始

DocuCentre-VI C2264、クラウドサービス連携とモバイル端末に対応、コンパクトな複合機がオフィスのハブに

2018年8月1日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社: 東京都港区、社長: 玉井 光一)は、クラウドサービスとの連携とモバイル端末に対応し、テレワークなどの多様な働き方を支援する中小規模オフィス向けA3フルカラー複合機「DocuCentre(ドキュセンター)-VI(シックス) C2264」を8月13日より発売します。

DocuCentre-VI C2264は、当社のオフィス複合機の上位機種と同様に、多岐にわたるクラウドサービス注1と複合機をひとつのインターフェースで接続する「Cloud (クラウド) Service(サービス) Hub(ハブ)注2」と連携することで、スキャンした文書データをクラウド上に直接保存したり、複数の異なるクラウドストレージサービスから一括でファイルを検索したりすることが可能となります。さらに、モバイル端末画面や複合機の操作パネルからファイルの検索・プリントが可能となるほか、社内外場所を問わずファイルの閲覧・共有ができるため、お客様の多様かつ柔軟なワークスタイルを支援します。

また、中小規模事業所向けのコンパクトな設計ながら、カラー/モノクロともに23枚/分(A4ヨコ)の連続複写速度や、高画質プリントを可能とする高精細モードを搭載し、基本機能を強化したほか、お客様の使い方に合わせた操作画面ユーザーインターフェース(UI)のカスタマイズ機能や、受信したファクスを電子化し共有フォルダや電子メールを使った共有を可能とするペーパーレスファクス機能などの利用が可能です。さらに、ミスプリントや放置プリントを抑止するセキュリティープリント機能や、誤送信を防止するセキュリティーファクス機能を搭載したほか、独立した2系統のネットワーク環境を構築可能なセカンダリーイーサーネットキット注3により、セキュアな業務環境の実現をサポートします。

近年、働き方改革の浸透に伴い、サテライトオフィスやリモートワークなどによる働く環境の多様化が進む中、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方の実現だけではなく、生産性と競争力の向上が必要とされています。働き方改革に取り組む中小規模事業所においても、社内制度の整備が進むほか、ITの利活用や設備投資による業務プロセスの見直しによる、働き方の最適化に対する期待が高まっています。

富士ゼロックスは、上位機種にあたる「ApeosPort(アペオスポート )-VI(シックス)C(シー)」シリーズなどの主力の商品群に加え、本商品の販売により商品ラインアップを拡充し、お客様の多様なニーズに対応します。また、販売会社や特約店によるソリューション提案の強化を行い、当社の価値提供戦略「Smart Work Innovation」に基づき、中小規模事業所における働き方改革を支援します。

  • 注1 Box® , Dropbox®, Evernote®, Google Drive™, OneDrive®, SharePoint® Online、富士ゼロックス Working Folder
  • 注2 Cloud Service Hubの利用には別途契約が必要です
  • 注3 オプションの「セカンダリーイーサネット キット」が必要です

 

DocuCentre-VI C2264

【標準価格】

商品名 標準価格(税別) 備考
DocuCentre-VI C2264(Model-CP-1T) 890,000円  コピー・プリント機能搭載
DocuCentre-VI C2264(Model-CP-2TS) 980,000円  同上
DocuCentre-VI C2264(Model-CP-2T) 980,000円  同上
DocuCentre-VI C2264(Model-CP-4T) 1,100,000円  同上
DocuCentre-VI C2264(Model-CPFS-1T) 1,240,000円  コピー・プリント・ファックス・スキャン機能搭載
DocuCentre-VI C2264(Model-CPFS-2TS) 1,330,000円  同上
DocuCentre-VI C2264(Model-CPFS-2T) 1,330,000円  同上
DocuCentre-VI C2264(Model-CPFS-4T) 1,450,000円  同上
  • Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
  • Evernoteは、米国Evernote社の商標または登録商標です。
  • Google Driveは Google Inc. の商標です。
  • Dropboxは米国Dropbox, Inc.の商標または登録商標です。
  • OneDriveおよびSharePointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Boxは米国Box, Inc.の商標または登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。

この記事に関連する高解像度画像