小規模事業所のネットワークセキュリティー対策を包括的に支援する低価格なアウトソーシングサービス販売開始

「beat/solo サービス」セキュリティー環境の構築から日々の運用・管理までの負担を軽減

2018年11月19日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社: 東京都港区、社長: 玉井 光一)は、組織の情報資産とIT利活用環境を守るセキュアなネットワーク環境の構築および運用・管理を包括的に支援する、小規模事業所向けの低価格なアウトソーシングサービス「beat(ビート)/solo(ソロ)サービス」を11月19日に販売開始します。

beat/solo サービスは、これまで、より大きな事業所向けに提供してきた「beatサービス」の基本サービスを継承しながら、機能や標準利用者数を小規模事業所向けに最適化したことで、低価格で導入・運用可能なサービスです。不正アクセスやウイルス、迷惑メールなどのさまざまな脅威を検知・遮断するゲートウェイ装置(beat(ビート)-box(ボックス))の導入に加え、ネットワークオペレーションセンター「beat(ビート)-noc(ノック)」によるbeat-boxのリモート監視や各種ソフトウェアの自動更新、さらには、お客様をリアルタイムでサポートする「beatコンタクトセンター」のサービスにより、オフィスに必要なセキュアなネットワーク環境運用を包括的に支援します。

導入時に複雑な設定の必要がなく「beat-box」をオフィスネットワークの出入り口に接続するだけで、セキュアな環境の構築が可能となるほか、アウトソーシングにより導入・管理・運用に係る負担を低減するため、情報システム管理の専任担当者がいないケースでも必要なセキュリティー対策を整えることが容易になります。

また、オフィスの外からでも、社内ネットワークに安全な接続を担保する「beatリモートアクセスサービス」や、社内から外部Webサイトへのアクセスを制御する「beatコンテンツフィルターサービス」などのオプションサービスの提供を通じ、お客様ごとの利用実態にあわせたネットワーク構築が可能です。

IT利活用の急速な普及と技術の進化に伴い、組織の情報資産やIT利活用環境の安全を脅かすサイバー攻撃・犯罪やWebアクセスによる脅威は、公的機関や大手企業はもとより、中小企業にも拡大しています。ネットワーク利用状況やシステム管理の形態に応じたITマネジメント、ネットワーク環境の構築が求められる一方で、中堅・中小企業においては、IT人材の不足や導入後の運用におけるノウハウ不足、コストの最適化が課題となっています。

富士ゼロックスは、今後も情報セキュリティー領域において、サービスラインアップおよび機能の拡充を通じ、多様化・巧妙化を続けるさまざまなネットワーク脅威に対応し、お客様が安心してITを利活用できる環境構築を支援してまいります。

【beat/soloサービス 概要図】

【提供価格(主なサービス)】

商品名 内容 標準価格
beat/solo サービス beat/solo サービスの基本サービス。標準で5ユーザーまで利用可能。 6,800円/月
beat リモートアクセスサービス PC、タブレットなどを利用して、外出先などからオフィスのLANにアクセス可能。 3,000円/月
beat PCクライアントアンチウイルスサービス(1ライセンス単位) beat-boxのゲートウェイ・セキュリティー対策に加えて、利用者のPCにインストールするタイプのウイルス対策ソフト。 200円/月
beat/solo 利用者追加サービス(10利用者単位) 1契約につき10利用者単位で追加するサービス。 1,500円/月
beat コンテンツフィルターサービス 不正サイトへのアクセスを防止することで安全にインターネットを利用可。さらに、従業員による業務上不要なWebサイトへのアクセスを制限する設定が可能。 4,800円/月
beat/solo ずっと安心ケアサービス beat/solo サービスに以下のサポートを追加し、さらに安心に利用できるオプションサービス。
  • beat-box通信断時のお知らせコール
  • beat-box長期ご利用時の無償交換
680円/月
  • オプション追加(有償)により最大105利用者までご利用が可能です。
  • 本サービスの利用には初期設置作業(有償)が必要です
  • Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
  • 注記 リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

報道機関からのお問合せ

報道機関からのお問合せはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ