文書管理作業自動化をクラウド上で支援する、 簡単アシスタントサービスを発売

「Smart Work Assistant」業務の効率化と作業品質を担保

2018年12月25日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、クラウド上の仮想アシスタントが、オフィスのさまざまな文書や帳票の管理・送付など、日々発生する繰り返し作業を自動処理するクラウド型サービス「Smart(スマート) Work (ワーク) Assistant(アシスタント」の提供を、本日 開始しました。

Smart Work Assistantは、あらかじめ用意された業務テンプレートをベースに、例えばファイル名付与のルールや、文書の保管場所への振り分けなど、最低限の設定を施すことで、クラウド上のバーチャルの助手(アシスタント)を生成します。各アシスタントには見積書や請求書、契約書などの帳票種別、および帳票ごとに必要な仕分けや格納、共有、送付・通知、台帳作成といった処理が割り当てられており、ユーザーは上記設定後すぐに使用することができます。

これにより、上記作業が自動処理でき、従来の繰り返し発生する定型作業とそれに要する時間の低減はもとより、作業の抜け漏れを防止し業務品質を担保します。さらに、ビジネスに必要なセキュリティー性能を有する富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder注1」との連携も可能で、定められたルールに応じて文書管理を自動化します。

Smart Work Assistantに入力する帳票は、電子文書および紙のいずれも対応可能で、入力はPCのブラウザまたは富士ゼロックスの複合機から行うことができます。PCの場合には、作業対象の文書をアシスタント上にドラッグするだけで、また、紙文書の際には複合機の操作パネル上でアシスタントを選択、その後スキャンすることで、処理が完了します。

(左)Webブラウザ上のアシスタントに文書ドラッグすることにより処理を実行する画面
(右)スキャンすることにより処理を実行する複合機の操作パネルの画面

月額/従量課金制のサービスとして提供するクラウドサービスとして、富士ゼロックスがサービスの維持・管理を行い、お客様は、いつでも場所を問わず利用することができ、作業量に応じた料金負担でサービスを利用いただけます(一定処理量までは定額、その後従量課金)。また、最大60日間の無料お試しサービスを利用いただくことで、サービスの使用感や特徴を事前に確認いただけます。

富士ゼロックスは、価値提供戦略「Smart Work Innovation」を具現化するSmart Work Assistantの提供を通じ、お客様の文書(帳票処理)作業の自動化による効率化、定型業務からの解放をサポートしてまいります。

  • 注1 サービスはWorking Folderと同時にお申し込みいただくことによって、より多様な利用が可能となります。
  • Smart Work Assistantのご利用に当たっては、富士ゼロックスダイレクトへの登録が必要です。

【Smart Work Assistantが提供する機能】

*作業内容は今後拡充予定

【提供価格】

商品名 標準価格(税別)
Smart Work Assistant基本サービス
  • 400リクエストまで
月額4,000円
(早期ご契約割引キャンペーンとして、
2019年6月30日ご利用分まで月額2,980円)
  • 400リクエストを越えた部分
1リクエスト当り9円
  • 「リクエスト」とは、依頼する作業の単位で、1リクエストは1つの文書に対する処理を指します。

【Smart Work Innovation全体像における本サービスの位置づけ】

  • Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ