富士ゼロックス、米DocuSignと日本企業初のグローバルパートナーシップを締結

契約書の締結プロセスをデジタル化する「電子署名クラウドサービス」を提供開始

2020年3月9日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、米DocuSign, Inc.(本社:米サンフランシスコ、社長:ダン・スプリンガー、以下ドキュサイン社)と日本企業初のグローバルパートナーシップを締結し、さまざまな契約書の署名や締結、保管までのプロセスを電子化する「電子署名クラウドサービス」を、日本およびアジア・パシフィック地域において販売を開始いたしました。

電子署名クラウドサービスは、契約書の署名や取引先との受け渡し、保管といった契約締結プロセスをクラウド上で完結するドキュサイン社のソリューションと、富士ゼロックスの紙と電子の文書管理環境の構築および導入に関するノウハウを融合した新しいサービスで、企業間の契約締結プロセスの効率化を実現します。

サービスの導入により、電子の契約書をクラウド上にアップロードし、双方の契約者が電子署名をすることで契約を締結できます。クラウド上ですべての手順を完結するため、紙の契約書の受け渡しに必要だったリードタイムを短縮し、国や地域を問わず契約書の締結から保管までリアルタイムに対応します。さらに、ユーザーによる電子契約書の操作ログを記録する機能により、電子契約プロセス全体の信頼性と安全性を確保します。また、当サービスは、シンプルでわかりやすい操作性に対応したクラウド上のユーザーインターフェイスを備え、スムーズな導入と運用を可能とすることを特徴としています。

当サービスを活用した契約管理業務の電子化により、膨大な紙の契約書を保管するキャビネットや倉庫などのスペースに係る費用や、郵送費、収入印紙の購入費用を削減するほか、煩雑なペーパーワークにかかる物理的な作業工数を低減します。さらに、紙の契約書を運用する際に発生する紛失・盗難・改ざんなどのリスクを低減します。

また、既に紙で保存し、当サービスでデジタル化できない契約書の管理については、富士ゼロックスの複合機やスキャンソリューションによって契約書を電子化し、さらには、当社の文書管理クラウドサービス「Smart (スマート )Workstream(ワークストリーム)」と合わせて使うことで、紙と電子両方の契約書の一元的な管理が可能です。

紙契約書の運用・管理における課題

紙契約書の運用・管理における課題

電子署名クラウドサービスの利用イメージ

電子署名クラウドサービスの利用イメージ

提供価格

都度お見積り

電子署名クラウドサービスについては、下記URLをご参照ください。
https://www.fujixerox.co.jp/solution/menu/sol054

  • お知らせ 2021年4月1日から、富士ゼロックス株式会社は社名を「富士フイルム ビジネス イノベーション株式会社」に変更いたします。
  • Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です
  • 注記 リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ