個室型ワークスペース「CocoDesk」 東京メトロ駅設置の全ブースに抗菌コーティング完了

感染リスクを軽減し、安心・快適にご利用頂ける環境を提供

2020年6月1日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、東京メトロ駅構内に設置した、テレワークを活用した働き方改革を支援する個室型ワークスペースCoco(ココ)Desk(デスク)」(10駅19か所 注記:6月1日時点)の抗菌コーティングの施工を完了いたしました。

CocoDeskは、駅構内やオフィスビルのロビーなどビジネスパーソンの動線上に設置する個人専用のワークスペースで、ブース内で利用可能なスペースの広さやエアコンによる温度調節などオフィス空間に必要な快適性を特徴としています。

抗菌コーティング注1には、抗菌・ウイルス対策に有効な銀系無機抗菌剤を使用しました。具体的には、手すりや机の表面などを介した間接的な接触によるウイルス感染を抑止するため、抗菌・ウイルス対策に有効な銀と酸化チタンを結合した材料をブースにコーティングしました。
この抗菌コーティングは、抗菌製品技術協議会SIAA注2の認定試験である抗菌性能試験や安全性試験により、抗菌製品としての規格および基準を遵守し、安全性等の品質基準に適合していることが確認されており、自動車等の抗菌・消臭処理に採用されています。
CocoDeskのブースは一人用のため、複数人が同じ空間に集まるような場所と比べて、咳やくしゃみなどを介した飛沫感染のリスクが少ないこと、また空気感染のリスクに対してはブース内の空気を換気扇で常時入れ替える仕様になっています。そして、このたび抗菌コーティングを実施することで、より安心してご利用いただける環境を整えました。

抗菌コーティングを完了したブース

5月16日より、市ケ谷駅と新宿三丁目駅に新設した2か所と合わせ、10駅19か所でサービスを展開しており、今後も順次拡大してまいります(ブース設置場所の一覧)。

富士ゼロックスは、駅構内や一般オフィスビル、展示場・会議室など公共スペースへのCocoDeskの設置数の拡大はもとより、モバイルツールを活用した予約システムの利便性の向上などテレワークを支援するサービスを拡充し、ビジネスパーソンの生産性の向上と多様な働き方を支援する社会インフラの構築を目指します。

  • 注1 新型コロナウイルスの評価試験は実施しておりません
  • 注2 適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・防カビ剤および抗菌・防カビ加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできた団体

「CocoDesk」サービスの詳細

1. ワークブースの設備

机、椅子、電源コンセント、USBコンセント、無線LAN、大型モニターなどを完備

■外観写真

黒ベースのデザイン

 

白ベースのデザイン

■室内イメージ

2. ご利用の流れ

ステップ1 会員登録
  下記Webサイトからお客様の情報を登録

 CocoDesk

ステップ2 CocoDeskを探す&予約
  利用者専用Webサイトにログイン後、利用したい場所と時間を選び、予約完了

ステップ3 解錠キーで入室
  予約時間になると、利用者専用Webサイト上に、解錠キーを表示
  予約したブースの前で解錠キーを操作し、ブースに入室

3. 設置場所と利用時間

ブースの設置場所と利用時間については、下記Webサイトをご参照ください。

CocoDesk

4. サービス利用料金

法人向け:月額基本料1,500円(税別/5ユーザー)+250円(税別/15分/従量課金)

  • 注記 サービス提供開始から実施している、法人向け基本料金無料キャンペーンは2020年12月末まで継続いたします。

個人向け:250円(税別/15分)

  • お知らせ 2021年4月1日から、富士ゼロックス株式会社は社名を「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に変更いたします。

この記事に関連する高解像度画像

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ