富士ゼロックスの「ネットプリントサービス」が 関西学院大学のオンライン授業の教材プリント環境に採用

コロナ禍での新たな学生のニーズ「教材のプリント」に対応

2020年6月10日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)の「ネットプリントサービス」が、関西学院大学(所在地:兵庫県西宮市、学長:村田 治、同法人の聖和短期大学を含む)のオンライン授業の教材プリント環境を提供する学生向けサービスとして採用注1、6月1日から利用が開始されました。

ネットプリントサービス」は、パソコンやスマートフォンから文書ファイルや画像ファイルをWebサイトに登録し、全国のセブン‐イレブン店舗注2の「マルチコピー機」で、いつでもどこでもプリントできるサービスです。

関西学院大学では、新型コロナウィルス感染拡大に伴いオンライン授業を開始し、学生向けにパソコンやWi‐Fiルーターの無償貸し出しを行っていましたが、「自宅にプリンターがなく、教材のプリントが行えない」というコロナ禍での新たな学生のニーズに応えるため、「ネットプリントサービス for business afterpay注3を採用しました。具体的には、希望する学生にIDを付与し、学生は付与されたIDを使ってセブン‐イレブン店舗で料金を支払わずにプリントを行うことができます。

当社の「ネットプリントサービス」は、昨今の働き方改革やテレワークの推進などにより、需要が大きく伸びています。今後、大学などの教育機関では、自宅でのオンライン授業の増加により、いつでもどこでもプリントできる環境が求められ、「ネットプリントサービス」のさらなる需要増が期待されます。
今後も、強固なセキュリティ機能をもつ複合機やサービス群を駆使したテレワークソリューションにより、お客様の働き方改革を支援し続けるとともに、教育現場での環境変化にも迅速に対応し、学生のフレキシブルな学習環境をサポートしてまいります。

「ネットプリントサービス for business afterpay」の仕組み

「ネットプリントサービス for business afterpay」の仕組み

  • 注1 本件は、当社販売会社である富士ゼロックス兵庫株式会社(本社:兵庫県中央区、社長:根津 良彦)からお客様に提供しています。
  • 注2 5月31日現在:国内店舗数20930店。一部「マルチコピー機」未設置の店舗がございます。
  • 注3 これまで年単位のみだった契約プランに、お客様の要望にお応えするため、3月24日より、1か月単位での利用を可能にした契約プラン追加。
  • お知らせ 2021年4月1日より、社名を「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に変更いたします。
  • Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
  • その他プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。
  • 注記 リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ