ホーム > 企業情報 > 広報誌 グラフィケーション > バックナンバートップ > 2015年5月号バックナンバー

2015年5月号(198号)

表紙

「キャッチボール」(2015年)
[絵本作家] 古内 ヨシ

特集のねらい『子どもの可能性を考える』

いつの時代も子どもたちの成育に欠かせないものが”遊び”です。みんな、遊びを通じてあらゆる思考を働かせ、冒険し、学び、知恵をつけ、創造力を育みながら大人になっていきます。しかし街には出来合いの遊びばかりが溢れ、地方には豊かな自然はあっても仲間がいないといったような、チグハグな状況は気になるところです。今、子どもの将来にとってなにが必要か、新年度を機に特集で考察してみました。

巻頭エッセイ

特集:子どもの可能性を考える

  • ロングインタビュー:生きることは学ぶこと
    [教育学者] 大田 堯
    《聞き手》
    [NPO法人ギルフォードSI教育協会代表理事] 白濱 洋征
  • 子どもと共に考え、学ぶ
    — 学校での哲学対話

    [立教大学文学部教育学科教授] 河野 哲也
  • 子どもの情景
    [ドイツ文学者・エッセイスト] 池内 紀
  • いま子どもの遊びは?
    — 妖怪ウォッチブームの背景

    [評論家] 野上 暁

グラビア

連載シリーズ

  • 和技を旅する(29)
    蝶々の百年の旅
    [東京新聞・中日新聞 論説委員] 桐山 桂一
  • 時代小説の中の現代(67)
    「変化」は点から線へ、そして面へ
    飯嶋 和一 『狗賓童子の島』 をめぐって
    [文芸・文化批評家] 高橋 敏夫
  • ガード下スピークス(17)
    新しい風を吹かせられるか
    :阿佐ヶ谷高架線下のアニメストリート
    [現代デザイン研究室主宰] 大竹 誠
  • 地球に住む(43)
    ウマ・ネ・メクル(寝るための家)
    — ニューカレドニア・リフー島
    [写真家] 小松 義夫
  • 誰も知らない熊野(22)
    徐福は実在するか
    — 異界からの漂着と熊野
    [写真家・医師] 栂嶺 レイ
  • 現代科学の見方・読み方(92)
    グリーン・イノベーションという試み
    [宇宙物理学者] 池内 了

グラフィケーション・アベニュー

<デザイン> 日本のポスターの独自性
[デザイン評論家] 柏木 博

<写真> ひたすら増殖し続ける視線のアーカイブ
[写真家] 谷口 雅

グラフィケーションに関するお問合せはこちらから

お問い合わせ

グラフィケーションに関するアンケートはこちらから

アンケート