リスクマネジメント

リスクマネジメント基本方針

当社はリスクマネジメントを、「リスクにかかる事象の識別、発生する可能性と影響度の評価、対応策の決定と実施、関係する情報の伝達と報告、モニタリングと欠陥の是正等によって構成するところの経営による統制行動」と定めています。
富士ゼロックス本体だけでなく、国内外の関連会社・販売会社も含めすべての事業活動のなかでリスクをどのように管理するかを定めた規程である「ALL-FXリスクマネジメント規程」に基づき、クライシス(緊急事態)対応はもちろんのこと、通常時のリスクを管理する活動にも重点を置いています。
特に潜在リスクに関しては、リスクの発生する頻度と経営に与える影響度の大きさで管理し、それぞれに対して責任権限、対策の立案と実施を定めています。

リスクマネジメント基本方針

1)目的

すべての組織および事業における適切なリスクの統制と対応によって、利害関係者(ステークホルダー)に提供する価値の最大化をはかる。

2)統制要件

  1. リスクマネジメントの対象はすべての組織、事業および業務とする。
  2. リスクの識別と対応策の決定は体系的かつ合理的に行う。
  3. リスクの影響度と頻度に応じて合理的かつ効果的な対応策を設定する。
  4. 規則、記録等の文書化を徹底し、関係者の理解の共有と説明責任の強化をはかる。
  5. リスクマネジメント体制の構築、運用および整備の有効性評価は毎事業年度に行う。
  6. 十分な経営資源を投入し、効果的な伝達、動機付け、人事評価を行う。

リスクマネジメントの推進体制

富士ゼロックスの重大なリスクに関する意思決定は、専務執行役員が議長を務めるCSR会議で行われます。また、特定のリスク案件について対応を必要とするときは、CSR会議を補助するためのリスク対策検討会を設置し活動しています。

リスクマネジメント推進体制(富士ゼロックス)

リスクマネジメント推進体制(関連会社)

2014年度の取り組み

リスクマネジメント活動は毎年、社会情勢や環境変化、当社の事業内容、想定されるリスクの発生確率や経営への影響度、事業体制や社会状況の変化などを鑑み、その年の重点テーマを定めて取り組んでいます。
2014年度は、昨年度に引き続き、東日本大震災を教訓とした大規模自然災害全般の防災対策を推進するとともに、会社が重点的に取り組む重大リスクの特定を行い、対応状況についてCSR会議で審議しました。

富士ゼロックスのリスクマップ

東日本大震災での教訓を防災対策諸活動へ反映

2011年3月11日に発生した東日本大震災への対応状況を振り返り、特に被災地における教訓を、以下の各種施策に反映しました。

  1. 津波による影響度調査の実施
  2. 安否確認訓練の実施
  3. 物資・備蓄の拡充(食料・水・防災用品)
  4. 緊急連絡用無線機の統一と配備拠点の見直し
  5. 商品供給における事業継続計画の強化
  6. 統合対策本部初動対応訓練の実施
  7. 大規模地震防災規程の国内関連会社への展開
  8. 初動マニュアルの整備
  9. 災害時拠点担当者の配置
  10. 拠点における安全点検の実施

新型インフルエンザ対策

2005年度から新型インフルエンザのパンデミック対策について、以下の通り継続的に取り組んでいます。

  1. 新型インフルエンザ パンデミック対応ガイドラインに定めた行動計画に基づき、従業員の安全確保を最優先とした対策
  2. パンデミック発生時の事業継続計画の強化および最新の緊急組織体制の更新

今後の方向性

2015年度も、東日本大震災の経験と教訓を風化させることのないよう、当社の全事業領域における防災・減災ならびに事業継続への取り組みをさらに強化し、CSR会議において定期的 にレビューを行います。また、新型インフルエンザ等の伝染性疾病の蔓延に備え、上記ガイドラインに基づいた対策を全社で確実に講じていきます。