富士ゼロックスの成長を支える技術

富士ゼロックスは、より良いコミュニケーションを通じてお客様や社会の理解を促進することを基本理念とし、ドキュメントサービス&コミュニケーションの領域において、お客様の経営課題や社会的な課題を解決するための研究開発を行っています。長年にわたり培ってきた技術やノウハウによって、いつでも、どこでも、必要な情報を必要な形で共有し、活用できる環境を構築すること、すなわち「知の創造と活用をすすめる環境の構築」を実現することで、より価値のあるコミュニケーションを可能とし、お客様の価値創造を支援していきます。

富士ゼロックスの技術の方向性

ドキュメント領域

当社は、“ドキュメント”を単に紙の上の情報だけでなく、電子情報、映像、音声なども含めて、「人の思考をカタチにしたもの」と定義し、“ドキュメント”の付加価値を高めてより効果的に活用することで、「知識」や「知恵」をつなぎ、お客様のビジネスの効率化や増力化に貢献することを目指します。

コミュニケーション領域

当社は、テキスト・画像・映像・音声などのドキュメントのさまざまな処理(取込/共有/解析/配信)を容易に行い活用することで価値あるコミュニケーションを実現し、創造的な発想や革新的なワークスタイルを可能とする環境づくりを目指します。

価値創出領域

当社は、お客様の経営課題や地域社会の課題に対して、場所や時間などの制約を受けずに、さまざまな人や組織が連携できる仕組みやシステムを提供することでそれを解決し、新しい価値提供や事業の創出、地域の活性化に貢献することを目指します。

環境領域

当社は、地球温暖化や資源の枯渇、生態系の破壊などの地球環境問題に対して、資源循環や省エネ機器・サービスの開発だけではなく、自ら効率的で環境負荷が少ないスマートオフィス/スマートワークスタイルを実現し、それをお客様へ提供していくことを目指します。

サステナビリティレポート2016アンケート