ダイバーシティ・インクルージョン

対象とする社会課題
  • 社会におけるダイバーシティの推進
  • 新興国の人々の働く環境と生活の質の向上

従業員への取り組み

目指す姿

一人ひとりが能力を最大限に発揮し、いきいきと働ける環境を構築します。

当社の基本的な考え方

富士ゼロックスでは、さまざまな個性やバックグラウンドを持つ多様な従業員一人ひとりが、能力を最大限に発揮することで、いきいきと働き、成長の喜びを実感できる環境の構築を目指しています。

その実現に向けて、会社としては、従業員一人ひとりが「成長と変化に挑む」ことを体現し、「自ら考え行動する」人材となるよう求めるとともに、従業員満足の向上、多様性の推進、人材育成、健康増進などさまざまな活動に取り組んでいます。

取り組みの経緯

従業員満足向上へ向けて

当社は、富士ゼロックスを支えているのは人であり、従業員も重要なステークホルダーであるとの考えのもと、1978年に従業員の意識調査である「モラールサーベイ(現ESサーベイ)」を当社単独で開始し、その後、国内の関連・販売会社でも実施しています。調査結果を詳しく分析し、経営方針の策定や、組織での課題解決のための重要な情報として活用することで、成長へ向けた企業力の強化をすすめています。また、調査結果は各組織を通じて従業員にもフィードバックし、結果を踏まえた職場での議論や経営と現場との対話などを通じて、現場での自発的な改善にもつなげています。

また、海外販売会社でも、同様の目的・活用を目指し、“Employee Motivation & Satisfaction Survey”を2001年から実施しています。今後は、調査の仕組みを国内・海外で共通化することで、調査結果を共通の評価軸で分析できるようにし、従業員満足の向上へ向けたさまざまな取り組みを、グローバルに推進していきます。

コア・モラール推移(国内単独)

富士ゼロックス株式会社
取締役 常務執行役員
山田 透

当社は、創業以来、人を大切にする経営を掲げ、従業員がいきいきと働いて成長し活躍できる会社を目指してきました。特にダイバーシティの推進を重要な課題と認識し、多様なバックグラウンドを持った従業員が能力を最大限に発揮できるよう勤務制度を整備し、働き方変革に全社で取り組んできました。今後は上記に加え、従業員満足度向上をグローバルに共通な評価軸をもって推進するなどの取り組みをすすめるとともに、挑戦をたたえることで変化に挑む企業風土を醸成し、企業力の強化につなげていきます。

年齢、性別、言語の違いや障害の有無にかかわらず、人々がフレキシブルに働き、容易に情報にアクセスできる環境の構築

[経営重点テーマ] 多様な人材が社内外で活躍できる環境の構築

当社の活動の特長

当社では、多様な人材が公平・公正な環境で、一人ひとりがいきいきと能力を発揮し、活躍できる会社を目指しています。具体的には「性別、国籍、障害、年齢等の違いを活かして能力を発揮できる会社」として、多様な知恵を活かす組織風土を実現してお客様に向けた新たな価値を生み出し、企業競争力の強化につなげていきます。また、多様な人材の活躍や従業員の健康の基本となる、生産性の高い働き方(総労働時間の短縮や柔軟な働き方)に向けても全社をあげて取り組んでいます。

2015年度活動の実績

2015年度は、さらなる多様な人材の活躍を推進するため、さまざまな取り組みを行いました。女性の活躍推進の視点では、結婚や配偶者の転勤を理由とした退職をゼロにするため、富士ゼロックスおよび関連会社において配偶者の居住地や新任地にある拠点での勤務が希望できる「配偶者転勤帯同制度」を導入したほか、次世代の女性リーダー輩出に向けた研修も開始しました。併せて、育児・介護中の社員を対象とした在宅勤務制度の利用も進んでいます(登録人数は対前年度1.3倍)。

また、シニア人材の戦略的な活用を目的として再雇用社員の実態調査をした結果、多くの再雇用社員が専門性と経験を活かし、周囲へ良い影響を与え、活躍していることが分かりました。把握した結果は今後の施策に反映していく予定です。

そして、障害のある社員の活躍推進に向けては、聴覚障害を理解するためのワークショップを開催しています。今後も相互理解促進のためのさまざまな施策を実施していきます。

2016年度活動の概要

多様な個性は我々の競争力の源泉です。多様な人材がその違いをお客様への価値提供につなげられるよう、2016年度も継続的に就労環境の整備をすすめていきます。同時に、マネジメント層へのダイバーシティについてのeラーニングを実施し、部下一人ひとりの違いを理解し、強みを活かすマネジメントを促進するほか、多様な人材が働きやすい職場風土の醸成に向けた社内広報施策などを展開していきます。

事例

女性社員の活躍推進 ~在宅勤務~

富士ゼロックス株式会社
グローバルサービス営業本部
サービスプロフェッショナル営業部
中山 彩

私は、お客様のプリント出力にかかわるコスト削減とオフィスで働く人の生産性向上を支援する業務(出力環境管理業務)に、設計担当として従事しています。お客様のオフィス環境の改善が目的ですので、お客様にお伺いして課題を把握できるかが、業務の品質向上のためには重要となります。

現在、私は短縮勤務制度を利用しながら小学生の子どもを育てており、時間にはどうしても限りがあります。在宅勤務では、電話会議や資料の画面共有などのインフラを利用し、会社と同じ環境下で業務を遂行できると同時に、訪問に向けた事前準備の時間を確保することで、より効率的で密度の濃い面談を実現できるようになり、生産性の向上につながっています。

障害がある社員の活躍推進

富士ゼロックスサービスクリエイティブ株式会社
企画管理室契約手続グループ マネージャー
日下部 隆則

私はお客様との契約交渉において営業や事務の現場を支援するスタッフ部門のマネージャーです。補聴器を介して音は聞こえるものの、言葉として音声を認識することができない「感音性難聴」という障害があります。契約業務は、専門的で複雑な側面があり、お客様に内容を説明するドキュメントの分かりやすさや丁寧なコミュニケーションが求められます。当社は、コミュニケーションにまつわるお客様のあらゆる課題を解決する会社ですので、それらのあり方を真剣に考える文化が根づいており、私も意思疎通を図るうえでの支援を受けています。相手の存在を認め、理解し合うこと。そして一緒になって考えるという姿勢がお客様の課題解決において不可欠ですが、聴覚障がい者とのコミュニケーションという問題に対しても同じことがいえます。コミュニケーションのあり方を当事者同士でお互いに考え合うことが、コミュニケーションの課題を解決する最初の一歩だと考えています。

[経営重点テーマ] 自ら考え行動する人材の育成

当社の活動の特長

当社では、事業や市場の環境変化に対応し継続した高い価値を創造するために、従業員一人ひとりが「成長と変化に挑む」ことを体現し「自ら考え行動する人材」となるよう人材育成を行っています。そのために、ローテーション等で多様な経験を付与し、従業員一人ひとりが自発的に自分の能力(コンピテンシー)を伸ばし、成長を実感できるキャリア育成を支援するとともに、「自ら考え行動する人材」を評価し、早期任用しています。さらに、挑戦をたたえる組織風土の醸成に向けたマネジメント研修、問題解決力を強化する研修、グローバル対応人材の育成などさまざまな施策を行っています。

2015年度活動の実績

2015年度は、前年度に開始した組織風土変革の要となる「富士ゼロックスおよび関連会社を対象とするマネジメント力強化研修」を、3カ年計画で本格展開し、約800人に対して実施しました。2017年度までに累計1,500人に実施する予定です。また、自ら課題解決を行うための問題解決研修の海外関連会社への展開もすすめています。さらに、国内社員のグローバル対応力強化に向けた外国籍人材の獲得・活用や、次世代リーダーに対するグローバル教育を継続的に行っています。また、海外関連会社の幹部候補育成のため、日本国内への長期業務研修や大学院への留学も強化しました(2014年度1人→2015年度4人)。

そしてこれらの、変革を担う人材育成の加速や適材適所実現のため、富士ゼロックスおよび国内関連会社約23,000人の就労体系を共通化するとともに、人材データベースとシステムの統合をすすめました。

2016年度活動の概要

統合した人事・教育制度および人事情報システムを活用し、人材活用の機動性を高め、海外を含めた富士ゼロックスおよび関連会社全体を活躍の場ととらえて活用を強化していきます。また、チャレンジする組織風土への改革をすすめるため、より挑戦する人材を評価し、表彰するとともにマネジメント力強化研修を継続展開していきます。

事例

“変化はチャンス”日本語力ゼロで新たな環境に飛び込んだ韓国のカストマーエンジニア

富士ゼロックス九州株式会社
カストマーサービス部
シン・ジンホ

私は2015年4月に人材交換プログラムで富士ゼロックスコリアから富士ゼロックス九州に派遣されました。当時日本語を全く話すことができませんでしたが、目まぐるしい速度で変化するお客様環境への適応力とスピード感を上げるため、自らプログラムへの参加を希望しました。来日後、韓国とは違う環境の中で、顧客環境や顧客応対方法など、新しいものを学ぶ喜びを感じながら働いています。韓国で経験した多様な顧客環境とフィールドサービスの経験をもとに、日本の良いものは習い、変えることは変えていくと同時に、自分だけでなく一緒に働いている仲間たちの変化にもつながってほしいと思います。“挑戦しなければ失敗もできない”、いつか本で読んだことを今まさに自ら経験しています。

新興国の現地ニーズや発展段階に応じた商品・サービスの提供

[経営重点テーマ] 海外市場の事業展開強化

当社の活動の特長

当社は、直接担当する中国およびアジア・パシフィック市場に加えて、ゼロックス・コーポレーションを通じて欧米や新興国市場への商品提供を行うことで、グローバルにビジネスを展開しています。

中国およびアジア・パシフィック市場では、各国・地域において大都市圏を中心とした直販網と、現地ディーラー網の双方で市場をカバーしています。また、中国における商品企画・開発機能の強化やサービス事業の拡大などを通じて、地域のニーズに即した機能、価格と品質のバランスがとれた商品・サービスを拡充することで、お客様の期待に応え続けています。

中国およびアジア・パシフィック市場におけるこれまでの取り組み注1

  • 注1 2010年以降は、商品企画・開発機能の中国移管やM&Aを活用したサービス事業の拡大など、富士ゼロックス全体でのグローバル戦略を強化。

2015年度活動の実績

グローバル戦略の継続強化により、海外売上高比率は2009年度の37%から着実に伸び、2015年度は50%を超えました。また中国およびアジア・パシフィック市場では、機器販売を含め直販網の強みを活かしたソリューション・サービスの展開にて成長を維持し、顧客満足度も多くの地域でトップ評価を得ています。

2016年度活動の概要

機器の拡販に加えサービスビジネスとソリューション展開を強化いたします。事務機器業界としては初のカンボジア直轄拠点や、タイでのプロダクションプリンティングのマーケティング拠点(Integrated Customer Experience Center)を開設するなど、現地を重視した戦略をすすめています。現地ニーズに応じた商品・サービスの展開による事業成長を加速します。

事例

GPF(グローバル・プラットフォーム)によるグローバル商品競争力の強化と新たな価値創造の実現

DocuCentre SC 2020

当社は、競争力のある商品をワールドワイドに提供し続けるために、商品設計のベースとなる新たな考え方を導入し、基本設計の共有化で商品開発のスピードアップを図っています。

例えば、商品ごとに一から設計するのではなく、商品群で共通するコントローラー、感光体、トナー、転写ベルト、定着器などのパーツを標準化し、そのパーツを組み合わせるためのルールを決め、そのルールを守りながら、個別の商品特性に合わせてパーツを入れ替えることで多様な商品を生み出し、新興国などの市場や顧客のニーズに対応した商品展開を実現します。また、GPFでは設計の段階から、生産ラインでの組み立て作業や部材の管理、フィールドサポートまで効率的に行えるようにしました。これによって、自由度の高い商品設計が可能になり、仕様の異なる用紙への対応や身分証明書を簡単に同時コピーする機能など、成長著しい新興国市場特有のローカルニーズをはじめとした個別のリクエストにも対応しやすくなります。これにより、最新のソリューション・サービスとの連動もスムーズになり、グローバル市場のお客様により付加価値の高い提案をすることが可能になります。

サステナビリティレポート2016アンケート