障がい者採用

富士ゼロックスの障がい者雇用の基本方針

ダイバーシティーは企業の競争力の源泉です。
共有価値である「私たちが大切にすること」に掲げている「多様性の尊重」を実践し、障害のある人も障害のない人たちと同じように働き、活躍できる企業となることを目指します。

  • ノーマライゼーションの主旨に賛同し、環境を構築します。
  • 健常者と障害者が同じように働き、活躍できる職場環境や組織風土を構築します。
  • 障がい者雇用の推進にあたっては、富士ゼロックスおよび販社・関連会社が各社で主体的に取り組むことに加え、オール富士ゼロックスの協力を大切にします。

ノーマライゼーション(normalization)とは

1960年代に北欧諸国から始まった社会福祉をめぐる社会理念の一つです。
障がい者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、障害があるとしても健常者と均等にあたりまえに生活できるような社会こそがノーマルな社会であるという考え方、もしくはそのような社会を実現するための取り組みを指します。

  • 注記 富士ゼロックスでは「障害・障がい」は「障害」、「障害者・障がい者」は「障がい者」と表記を統一しております。

キャリア採用のかたはこちら

  • 注記 株式会社ジャパンジョブポスティングサービスのサイトに移行します。

2019年度の障がい者新卒採用はこちらからエントリーしてください。