お客様導入事例 大和ライフプラス株式会社 様

大和ライフプラス株式会社様の皆さんの写真

雇用の“拡大”から雇用の“継続”へ
特例子会社で安定して働ける環境を整備

プロフィール

多様性を活かし合い新たな価値を創り出したい…そんな願いを社名に込めた大和ライフプラス株式会社様。「社会に向けて、常に、新たなプラスを創り続けること」を経営ビジョンにチャレンジを続けている。

URL
所在地 東京都港区南青山6丁目3番9号
設立 2011年2月1日
代表者 代表取締役社長:石﨑順子氏
資本金 1,000万円
従業員 28名(うち障がいのある方25名)
内訳 身体 11名(うち重度 8名)
知的 3名(うち重度 1名)
精神 11名
(2012年8月1日現在)
事業 印刷、製本、コピーサービス業務、データ入力、書類の電子化等事務、処理全般に関する業務
親会社 大和ライフネクスト株式会社 様

概要

背景

  • ダイバーシティ推進チームを社内に発足、障がい者雇用の「拡大」を図り、法定雇用率1.8%を達成
  • 障がいのある方の安定した就業を目指し、特例子会社を設立
  • 他社の見学や社内のヒアリングにより、電子化・印刷・事務代行を業務として採用

導入のポイント

  • 想定した印刷業務に必要な生産性や機能
  • 事業背景を理解した提案など、きめ細かい対応
  • 安心できるアフターサービス体制

成果

  • 名刺やDMなど、印刷物の内製化により外注費を低減
  • 障がい者雇用の拡大と継続に貢献
  • 事業サービスにより親会社に貢献

背景

大和ハウスグループにおいてマンションやビル管理を主な事業とする大和ライフネクスト株式会社では、2006年に人事課内に「ダイバーシティ推進チーム」を発足、障がいのある方にも働きやすい環境づくりを推進し、法律で定められた障がい者雇用率1.8%を3年間で達成。雇用の拡大の次に「雇用の継続」を目標に掲げ、特例子会社の大和ライフプラス株式会社を設立、障がいのある方や出産・子育てで忙しい方などでも安心して働くことが出来る環境づくりに取り組んでいます。

オフィスに掲げられている経営理念の写真

オフィスに掲げられている経営理念

雇用の継続には、働く方の不安をなくすことが重要であると考え、処遇を有期限雇用から正社員とし、昇給制度を導入するなど、さまざまな制度上の工夫を行いました。さらに社員の方がモチベーションをもって業務に取り組むことができるよう、成果だけではなく、プロセスも重視した評価基準を設けました。

そして、日々の業務の中では、面談をきめ細かく行ったり、社内のコミュニケーションを密にするなど、一人ひとりを大切にしながら、「働く喜びを実感できる職場」を目指しています。

会社設立にあたり、他の特例子会社や企業を見学し、また社内の部署にもヒアリングをして、大きく3つの事業を行っていくことにしました。

  • 電子化事業
    マンション竣工図面や契約書のデータ化など
  • 印刷事業
    名刺やパンフレットのオンデマンド印刷など
  • 事務代行事業
    データ入力やファイリング、郵便物仕分など

この中で印刷事業を担うオンデマンド印刷は、名刺印刷など内製化による外注費削減提案が可能なほか、多くの特例子会社で取り組まれていることから、より障がい者雇用を進めるために必要な業務量を確保できると判断しました。

社員の皆さんの写真1社員の皆さんの写真2社員の皆さんの写真3

明るく温かな雰囲気の職場で働く社員の皆さん

導入のポイント

オンデマンド印刷のプリンターは、想定した業務に必要な生産性や中とじ印刷ができるなどの機能と、障がいのある方の使い勝手を兼ね備えたDocuColor 5151 Pを選択しました。導入の決め手について担当のお客様は次のように語っています。

「富士ゼロックスの担当者は、特例子会社設立を目指す当社の趣旨を理解し、障がい者雇用の事例を紹介してくれたり、導入後も印刷事業を拡大するための提案をしてくれるなど、きめ細かく対応してくれています。こうした親身な対応がDocuColor 5151 Pを選んだ大きな理由でしたね」(統括チームリーダー・髙橋広樹様)

「印刷の依頼は、納期や納期厳守のものがありますので、アフターサービスの体制が厚く、安心して使うことができる点が大きいと思います。また画質も良く、PX Print Server上に保持させたジョブデータをひとつにまとめて印刷できるなど、使い勝手の良さにも満足しています」(事務センターチームリーダー・江口典之様)

成果

オンデマンド印刷機 DocuColor 5151 Pの写真

オンデマンド印刷機 DocuColor 5151 P

小口で名刺を印刷するところからはじめ、少しずつ実績を重ねていく中で、徐々に親会社内での認知を広めていった大和ライフプラス株式会社様。親会社の各部門からスムーズに発注できる体制も整備した結果、今では大量部数の印刷案件も各部門から直接問い合わせが入るようになりました。

現在、DocuColor 5151 Pの印刷枚数は、平均で6万枚/月に達しています。障がい者雇用の拡大・継続という本来の目的を果たしつつ、親会社の外注費の低減に貢献するサービスへと着実に進化を遂げています。

オンデマンド印刷物のサンプル

管理業務の研修用冊子の写真

管理業務の研修用冊子

グループ会社の社員名刺の写真

グループ会社の社員名刺

入居者向け案内の写真

入居者向け案内

会社案内の写真

会社案内

今後の展望

現在、印刷事業は名刺や単発の受注が中心ですが、今後、さらに印刷事業を拡大するため、「社内報」など定期刊行物の内製化も提案しようとしています。また、車いすの方も作業できるよう、操作面を低くしたDocuCentre-IV C2263を導入し、電子化業務のさらなる充実など事業を拡大する一方、障がいの有無にかかわらず、お互いの個性を認め合う中で、得意分野を活かし、不得意部分をカバーする環境づくりをさらに進めています。

「大和ライフプラスに入社したい、そう言ってもらえるようになりたいですね。がんばりたいと思う人が、がんばれる環境は、個人にとっても会社にとってもプラスだと思います」(髙橋広樹様)

大和ライフプラス株式会社 統括チームリーダー 髙橋 広樹 様の写真

大和ライフプラス株式会社
統括チームリーダー
髙橋 広樹 様

大和ライフプラス株式会社 事務センターチームリーダー 江口 典之 様の写真

大和ライフプラス株式会社
事務センターチームリーダー
江口 典之 様

導入商品

補足事項

  • 事例の内容は2012年8月時点のものです。