ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 価値あるコミュニケーションの実現を支援する技術 > 3Dデータハンドリング技術

3Dデータハンドリング技術

ものづくりの現場では、3Dデータを活用して、複雑な構造の立体物を簡単に、精度よく、高い生産性で造形するための技術やアプリケーションが求められています。そこで富士ゼロックスでは、印刷ワークフローで培ってきた知見を応用し、3Dデータの入力・作成から出力までの一貫したワークフローを実現するための、3Dデータハンドリング技術の開発を進めています。

主要な技術