コンピュータ・ヒューマン・インタラクション技術

センサー技術やデータ処理技術の進展により、さまざまなシステムや機器がユーザーにとって使いやすいものになってきています。しかし、さらに使いやすくするためには、システム自身がユーザーの動作や周辺の環境を認識し、適切な動作をすることが必要です。そこで、富士ゼロックスでは、多様なセンサー情報とマルチメディア関連技術の組合せにより、システムとユーザーの自然なインターフェースを提供するコンピュータ・ヒューマン・インタラクション技術の開発を進めています。

主要な技術

事例紹介