ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 富士ゼロックスのデザイン > デザインの取り組み デザイン学会への参画

デザインの取り組み デザイン学会への参画

デザインの取り組み デザイン学会への参画

デザイン学会への参画が、社内外のコミュニティを広げ、
仕事のモチベーションにもつながる。

他社に先駆けて、かなり早い段階からHCD(Human Centered Design)につながる活動を実践し、その研究過程や成果をデザイン学会の場で発表してきた富士ゼロックス。デザイン学会への参画で得られるものは幅広く、デザインをする上で欠かせない活動の一つとなっている。具体的に、学会への参画からどのようなメリットが得られるのか。詳しく内容を語ってもらった。

 

蓮池 公威 Kimitake Hasuike

蓮池 公威 Kimitake Hasuike

サービスソリューションUIデザインチーム・チーム長。商品デザインのほか、HCDの実践、エスノグラフィー手法を活用したお客様コンサルティングなどの活動を行う。

田丸恵理子 Eriko Tamaru

田丸恵理子 Eriko Tamaru

サービスソリューションUIデザインチーム・デザイナー。HCDアプローチを通じて研究段階から商品開発まで一貫して関わり、お客様との共創を通じた新しい価値創出活動を行う。

 

デザイン学会は理論から実践まで幅広く
人脈形成や仕事の価値を発見できる場所

デザインの取り組み デザイン学会への参画 対談

——デザイン学会とはどのような学会ですか?

蓮池 プロダクトデザインからユーザーインターフェイス、ユーザビリティ、さらに、デザインプロセスやデザイン教育など、かなり幅広く、科学的・人文学的な分野が融合する、多様な知見が集まる場になっています。デザインの役割の変化と共に、常に進化や議論があり、研究途中のものをどんどん発表し合い、お互い応用し合おうという意識があります。大学の先生との交流も生まれますし、自分たちがやっていることの価値を測るのにもとてもよい機会だととらえています。

田丸 私は以前から、情報系や教育系などいろいろな学会に参画しているのですが、デザイン学会は理論的研究だけではなく、かなり実践的でそれを積極的に共有していこうという姿勢が見えますね。ですから、実践から理論まで幅広い学会だな、という印象を持っています。

蓮池 ケーススタディも多く、それが他のデザイン領域にも役に立つのではないか、など、応用性を考えていますね。

田丸 そうですね。研究者というだけでなくて、現場で具体的にデザインをやっている人たちも比較的参画しやすい学会だと思います。

——ケーススタディというのは?

田丸 どういう風にそれをデザインしてきたかという事例です。単純にアウトプットというだけではなくて、どう考えて、どういう方法を使って、そのデザインを生み出してきたかということです。

蓮池 特に私たちが重点的に取り組んでいるのは、ユーザーの調査と、お客様と一緒にデザインをつくっていく参加型デザインです。デザイナーだけでなく、設計者やユーザー、現場の人たちなど、さまざまな人たちとデザインを協同的に実施していくので、多様な人々の巻き込み方や、合意形成のプロセス、アイデアの検討、可視化方法などに多くの課題と工夫があって、それがケーススタディの中に出てきます。

デザインの取り組み デザイン学会への参画 対談

 

人を中心に見れば、
潜在的ニーズの発見につながる

デザインの取り組み デザイン学会への参画 対談

——富士ゼロックスはデザイン学会にどのように関わっていますか。

蓮池 1998年くらいから継続的な発表を続けています。その頃からエスノグラフィーやプロトタイピングの手法を取り入れるなど、新しいことのトライアルを始めました。それを、できるだけ毎年発表していき、連続性のある研究としてまとめてきました。

田丸 最初は私たち2人が中心でしたが、この数年は、かなり他のメンバーにもHCDの実践トライアルをしてもらい、本人が発表するという経験を積んでもらっています。

蓮池 自分たちがやっていることの価値は、社内にいるとなかなか見えない場合があります。そこで一度論文化し、他の論文も見て、自分がどういう立ち位置にいるのか、発表することで意識できる部分があります。

——発表は、エスノグラフィック・アプローチ、HCDが中心ということですが。

蓮池 はい。人を中心に見ていくという点を重視しています。作り手側の考えだけでなく、実際に使う人や、その人の仕事の仕方や考え方を見たデザインをしていこうと。単なるアンケートでは、潜在的な価値観はなかなか把握できません。そこでエスノグラフィーの手法を取り入れて、ユーザーの生活や仕事の現場で観察やインタビューを実施し、行為や発言の奥にあるニーズや、未来につながる兆しのようなものを発見するのが非常に大事なんです。

田丸 デザイン部門としてアドバンスデザイン活動に取り組んだり、研究所と組んで新しい技術のユーザー価値を探索したり、あるいは社内横断タスクの中で我々デザイン部門の人間がHCDをリーディングするというような、多くの活動に適応しています。

 

研究の継続が波及効果を呼ぶ、
社内外に広がるコミュニティ

——社内横断活動について教えてください。

蓮池 プロジェクト型の活動です。例えば、営業、研究、デザイン部門が一緒になって、あるお客様と共同研究という形で新しい課題とソリューションを考える活動や、会社の将来ビジョンや5年後、10年後の働き方に対して提案をする活動、などです。そこでも、デザイン部門は人の本質や課題を深堀りするところを重視するのですが、例えば4コマ漫画や映画の絵コンテのような絵を描いてシナリオを可視化して、みんながわかる形にするというアプローチもします。言葉だと人によって解釈が異なる場合がありますが、絵にすると一目で理解できるのです。

田丸 もっとアイデアを創発させるためのトリガーにもなります。社内横断活動の一つとして、社外との共同作業もあります。新しい価値を生み出す活動を、お客様や大学関係の先生方と一緒にやっています。またエスノグラフィック・アプローチを始める時も、社内の限定的な知識だけで新しいことを始めるのは非常に危険なことであると思い、ちゃんとした知見を外から得るために、大学の先生に教えていただき、大学の理論的知見と我々の実践的な知見を融合させながら進めてきました。

——学会に参加することにより、得られるものは?

蓮池 論文化するには、他の文献を読み、類似する研究者を調べながら進めますので、そこでまず視野が広がります。また、その分野をリードしている先生方に論文発表を聞いていただき、この領域に知見があると思っていただければ、先生たちの研究に呼んでいただけることもあります。発表することで、新しいアクティビティに広がっていくのです。

田丸 続けて論文を出していたというのが今につながっていますね。継続的に発表し、我々がこういうアクティビティをやっているということがわかると、トップランナーの先生方も、積極的に我々の発表を聞きに来てくださいます。

 

デザインの取り組み デザイン学会への参画 対談

客観的な視点と経験が
モチベーションとキャリアアップに

——今後の活動について教えてください。

田丸 できるだけ毎年若手の誰かは発表できるようにサポートしていますが、今後も、日々の仕事の中で埋もれてしまっているようなものにも目を向けて、発表の意識付けをしていきたいです。

蓮池 一度発表して視野が広がり、自分の立ち位置がわかった上でまた社内で活動していくと、意識も変わっていきます。デザイン部門に限らず研究所なども含めて、この領域に関心のある人を集めて、勉強会のような形で文献を読むような活動も始めています。

——仕事のモチベーションにつながりますね。

田丸 非常に大事なことです。若手が論文を発表することは、 自身の成長につながると思います。例えば、日々何も意識をしないで仕事をしていると、どうしても、“やった”ことの連続で終わってしまう。それに対して論文を書くというのは、“やった”ことを客観的に見て、ロジカルに記述をするという行為です。そしてそれを社外に対して発表し、率直な意見が返ってくる。もちろん厳しい意見もありますが、評価されると「自分のやってきたことは間違いじゃなかったんだ」「もっとこうしていきたい」というような思いが出てきます。

蓮池 デザインの過程には、新しいプロセスや手法の工夫が必ずあります。それを世に見せていくというのは、特に若手には非常に手ごたえのあることだと思います。社外で評価されていくと、社内での関心の高まりにもなります。外での発表を社内の営業が見て、「お客様にもこの価値を提供できるのではないか」と考えて、デザイン部門にコンタクトしてくるなど、外から中に入ってくることもあります。今後は海外の学会にも目を向けたいですね。若手はまだ海外で発表するところまで行けていません。さらに広い世界でのコミュニティができますので、どんどん仕掛けていきたいと思います。

 

これまでに発表した論文

論文の一例をご紹介します。タイトルをクリックするとPDFが開きます。

デザイン学会大会発表

デザイン学会誌解説記事

海外発表

 

コンテンツ一覧