ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 開発者インタビュー > INTERVIEW-6

INTERVIEW-6

生産技術部門 西崎 早織

Q&A

Q1.いま携わっている業務・役割

私のチームではICチップの実装開発マシン:ハイパフォーマンスタイプ・ダイマウンタ(HP-DM)の製作を通して、SLED(Self-scanning Light Emitting Device)チップ実装技術の獲得を目指しています。SLEDチップ実装技術とは、富士ゼロックス独自の特殊な形状をしたSLED チップを、基板に高精度に確実に配列するための技術です。その中で、私はLPH注1生産における実装工程の技術開発を行っています。日々の業務ではHP-DMを用いた各種実験(実証実験とそのデータ取りや課題の原因究明など)を行っており、最近は生産現場である富士ゼロックスマニュファクチュアリングの鈴鹿事業所でHP-DM生産トライアルを実施しています。

  • 注1 LPH(LED Print Head)とは、感光体ドラムに画像を書き込むための複写機のユニットです。

Q2.仕事に対して、心がけていること

プラス志向

例えば、ときには、装置トラブルで思うように評価が進まない状況に陥ることがあります。つらいですが、チーム内にトラブルの対処方法が蓄積されたり、私自身が普段触れない装置を使えるようになったりといったメリットもあります。

そして“技術獲得”という目的にむけては、確実に前進しているとプラスに捉え、モチベーションを維持しています。

Q3.私の技術に対する思い

安定生産

生産現場では、常に安定生産が求められます。予測できないマシン不良やソフトウェアのバグなど、生産に影響が及ぶトラブルが発生した時には、トラブル対応まで行います。このような時は、安定生産の難しさを実感します。そのため、安定生産を目指し、生産技術を高めていきたいと思います。

Q4.ストレス解消やリラックス方法

会社帰りに星空を眺める

最寄り駅から自宅までの間は明かりが少なく、晴れた日には星がキレイに見えます。冬の季節にはオリオン座の3連星が見え、思わず立ち止まって眺めてしまいます。私の癒しです。

よく食べる

夜遅くなった日でも、ごはんを食べないことにはやる気が出ません(笑い)。栄養はバランスよく摂ることを心がけています。夜遅いごはんは太るもとだと言われていますが…。

One Day ある日のスケジュール

8:30~9:30 出社は早めを心がけています。重要メールや短納期の依頼メールが来ていないか、メールチェック等の事務作業を行います。また、HP-DMを動作させるためのウォーミングアップを行います。
午前 新しいプロセスでの実証実験のデータ取りや、データ整理を行います。生産現場と同様の環境下でHP-DMの新しいプロセスでウエハーサンプルを流し、部品の性能検査や仕損率の測定を行います。
またこの時間帯にチームミーティングが開かれ、状況のシェアを行うこともあります。
12:00 職場のメンバーと一緒に昼食を食べます。
午後 午前中の続きで実証実験のデータ取りやデータ整理行います。
19:00~20:00 1日のまとめをおこない、退社。