ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 開発者インタビュー > INTERVIEW-4

INTERVIEW-4

開発部門 酒井 典子

Q&A

Q1.いま携わっている業務・役割

複合機やプロダクション機のシステム設計を担当し、画質設計チームのマネージャーをしています。具体的には、お客様のデータをプリンターデバイス特性に合わせて変換するシステムや画質パラメーターを設計します。画質は使用するPDL(プリンター記述言語)、コントローラー、プリンターデバイス特性、トナー特性や観察環境などでも大きく変わります。それをお客様の望まれる色に合うように、色彩データをデバイス特性に合わせて変換し、総合的に画質仕様やパラメーターを決定していきます。

他にもCMS(カラーマネジメントシステム)の技術開発として、画質設計のコア技術の開発も担当しています。

Q2.仕事に対し、心がけていること

自分の仕事に関わる方々の、様々なニーズを確実に把握することに加えて、開発や営業そしてお客様の知識・環境・要求にあわせた説明や資料作成を行い、技術開発などの業務を行うことを心がけています。
たとえば、お客様の例では、お客様の業態は?どのようなワークフローか?どのような課題をお持ちなのか?望まれている色再現レベルは?使用されているPCのOSは?といった項目を確認し、更には、お客様が何を望んでいるのかを徹底的に分析したうえで資料や提案書を作成します。

また、技術に対する取組み姿勢ですが、深い知識と広い視野をもって、技術開発や課題解決に取り組むようにしています。プリンターデバイス、コントローラーだけでなく、PDL、アプリケーション、モニター、Inkjetなど、様々な技術に対する知識の習得を行い、技術課題に対しては多面的に検討することを心がけています。

Q3.私の技術に対する思い

技術開発では取り組みの多くが実るわけではなく、成功はそのほんの一部分です。そのため、技術開発で失敗した経験を後でどれだけ活かせるかが重要だと考えています。
アイデアは、過去に蓄積された知識や経験から出てくる創造物であると考えています。従って良いアイデアを得るために、画質以外の分野の知識に多く触れることを心がけています。
幅広く、異なる分野の知識を習得することで光る技術が生まれます。

Q4.ストレス解消やリラックス方法

<ジム>

仕事が立て込んでいない平日の会社帰りは、家の近くのジムで汗を流します。ランニングと腹筋とプレス。始めるまでがおっくうな時もありますが、始めると楽しいです。終った後も気持ち良いです。

One Day ある日のスケジュール

10時 出社。前日立てたスケジュールの確認、重要メールの有無の確認をする。
午前 実験室にて、画質評価をする。長時間連続することもあります。
画質インテグレーションをメンバーと行う。
12時 食堂にて仲間と食事。
13時~17時 カラーマネジメントシステムの技術開発検討会議、戦略検討会議、機種別仕様検討会議と会議が続きます。
17時~21時 仕様検討結果のまとめ、プログラミング、市場対応、機能導入提案書・戦略案の作成、資料・データのチェック、など。この時間帯は、飛び込みの仕事が少ない時間帯のため、集中力が必要となる業務に集中できます。
21時30分 明日のスケジュールを立て、退社する。