ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 開発者インタビュー > INTERVIEW-9

INTERVIEW-9

開発プロセス革新部門 佐藤 充

Q&A

Q1.いま携わっている業務・役割

設計者から依頼される製品の強度・機構解析、CAE注1の社内推進、社内のCAEインフラの整備、CAE基盤技術の開発・展開など幅広く担当していますが、現在は、新規に開発した強度解析CAE技術を、商品設計のツールとして提供していくことが主な業務となっています。
『既存の部品形状を見直して、剛性は現状同等で、かつ材料は減らす』という設計思想のもと、計算によって『現状より優れた形状』を算出するものです。過去の富士ゼロックスのハード設計の根本を見直して新たな設計に繋げることも期待できるので、他部門と協業して上手く軌道に乗せたいと考えています。

  • 注1 CAEとはComputer Aided Engineeringの略。コンピューター上でエクセルを使った表計算や3Dモデルを用いたバーチャルなシミュレーションなど。

Q2.仕事に対し、心がけていること

『情報に敏感である』、『現在と過去を疑う』、『ビジョンを考えつつ遊び心を忘れない』、この3点を心がけています。

(1)『情報に敏感である』

社内の情報以上に社外の情報が大切だと考えています。
CAE技術は、汎用技術なので世の中のトレンドを知る意味合いもあって、頻繁に社外の方々と交流できる場に参加しています。社外の方と交流することで、新たな気づきを得ることも多く、それが仕事の成果につながることもあります。簡単な強度解析事例ひとつ取り上げても、考え方一つで結果の見方が変わるので、社外の事例から発想や視野を広げることの重要性を実感しています。

(2)『現在と過去を疑う』

仕事は日々、変化・進化しているので、現在の仕事のやり方がいつまでも通用するわけがなく、現状維持は維持ではなく衰退ということだと、常に考えています。ただ、「疑う」には相応の知識レベルが必要で、全く考えが及ばないことだと、言われるがままに受け入れるしかないのですが、その分野の理解を深め、視野を広げることで、はじめて「疑える」ようになると思うので、実力のバロメータでもある気がします。

(3)『ビジョンを考えつつ遊び心を忘れない』

忙しい中で、つい目の前のことしか意識できずにいると、その仕事の意義や目的を見失いがちですが、なぜこの仕事をやるのか、必要なのかを考えて動機付けすることが成功に繋がると思います。特にCAEは設計に使われて、初めて効果の現れるものなので、「CAEをやること」が仕事ではなく、「CAEを如何に役立てるか」が私の仕事だと考えています。加えて、仕事においても何らかの楽しみを見出すことが非常に大切だと思います。昨日より少しレベルが上がった!という感覚は大切にしたいです。

Q3.私の技術に対する思い

『自己満足の積み重ねで、勝てる技術につなげたい』

当社はメーカーなので、世界中の競合他社との競争に勝つことが最優先に挙げられるのは当然なのですが、普段の私としてはそこまでは意識せず、「今日はこの解析ができるようになった!」「あの現象の評価方法が分かった!」など、少しずつでも前に進んでいるという日々の達成感を大切にしています。直ぐに効果が表れなくても、技術者にとってはこういう積み重ねが競争に勝つための技術獲得につながると信じています。

Q4.ストレス解消やリラックス方法

同期とロードバイクのチームを組んでおり、毎年数回レースにも参加しています。富士山レースにも参加しました。基本的にはヒルクライムで、上っている途中はホントに辛いですが、山を登りきった時の達成感は言い表せないです。インドアなら映画や読書も好きです。最近では、電子書籍が増えてきて、気軽に本が持ち歩けるようになって、とても助かっています。あとは友人たちと飲んだり、食べたり、とにかくメリハリをつけることが大切な気がします。
他にも、時々、整体マッサージで、骨格をバキバキ矯正してもらっています。

One Day ある日のスケジュール

9時 出社。メールの確認を行います。昨夜から計算させていた解析結果を確認します。
10時~12時 他部門と打ち合わせ。ファシリテータ役として、前回の打合せでのアクション事項に対する進捗状況の報告と確認、次回までの活動内容を決定し、議事特にまとめ発行します。
12時 社員食堂で昼食。昼食後は読書をしています。
13時~15時 強度解析案件の対応。社内にノウハウが少ない案件だったため、色々と調査し、計算設定を試行錯誤した後、計算ソフトにて計算。
15時~17時 新規CAEシステムの設計者向け説明資料を作成。さらに、新規CAE用ソフト購入用の資料作成や手続きを行います。
17時~20時 午後に計算させた解析結果を確認。報告書を作成し設計者に展開します。また、新規CAE技術の検証用に、解析パラメータを振った計算を大量に計算ソフトに投入。結果は翌日確認します。
20時30分 退社。