ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 開発者インタビュー > INTERVIEW-8

INTERVIEW-8

新規事業開発部門 梅田 真一郎

Q&A

Q1.いま携わっている業務・役割

SkyDeskのライセンス販売業務および売上拡大に必要なプロセスの構築・改善等の業務を担当しています。SkyDeskとは、CRM(顧客管理)を中心とした営業強化支援機能に加え、多様なビジネス・アプリケーションを取りそろえたワンストップのパブリック・クラウドサービスです。お客様からの問い合わせに対して、電話やメールで対応することが多いですが、規模が大きい案件では、お客様を訪問して説明することもあります。SkyDeskには無料ユーザーと有料ユーザーのお客様がいますが、有料ユーザーを増やすことに注力しています。
有料ユーザーではCRMアプリを使われるお客様が多いのですが、お客様の要望を聞いて、それに合わせてカストマイズすることが必要です。要望に沿うための使い方を提案し、実際に確認して頂いて契約に結び付けるプロセスの構築も行っています。

Q2.仕事に対し、心がけていること

楽しく仕事をする

納期が厳しい時や忙しい時は気持ちに余裕がなくなり、気分が落ち込んだり、周囲に対して厳しくなりがちです。でもそういうことは仕事に対して全くプラスになりません。また周りの人がそういう雰囲気の時に、一緒に落ち込んでも意味がありません。だから忙しい時や大変な時でも、雰囲気良く、楽しく(見えるように)仕事をするよう、心がけています。

Q3.私の技術に対する思い

以前にSkyDeskの仕事で、町の小売店のお客様にCRMを提案したことがあります。お客様から「こういうことがやりたい。」という大まかな要望を伺って、管理項目は何にして、どういう方法で運用すれば一番良いかを、考えて提案しました。そうしたところ、お客様から「提案内容が気に入ったので、今日からでも使いたい。すぐに申し込みの方法を教えて欲しい。」との言葉を頂きました。技術もサービスもただ品揃えをして、「さあ使ってください。」ではお客様は使ってくれません。お客様が「使いたい。」、「これなら課題が解決出来る。」と思って頂けるような提案や、イメージを持って頂けるようなコンテンツが重要であり、SkyDeskはまさにソリューションビジネスをやっていると思います。

Q4.ストレス解消やリラックス方法

ラーメン&飲み会

仕事終わりの一杯です。お酒は近場の横浜で飲むことが多いです。上手く契約できそうな感触を持てたのに、結果がだめだった時は飲みに行きたくなります。そして飲みたい時は遠慮なく先輩を誘いますし、私の自宅の最寄り駅のラーメン屋にも付き合ってもらいます。

One Day ある日のスケジュール

9時 出社。メールの確認と返信を行います。
10時 電話やメールでのお客様対応。提案(デモ)準備や提案書の作成も行います。
12時 社員食堂で同じチームのメンバーと昼食。ラーメンの大盛りを注文することが多いです。
13時 チームミーティング。大型案件の進捗状況を確認し、今後の対応策などを話し合います。
15時 電話やメールでのお客様対応。午前中の続きで、提案(デモ)準備や提案書の作成なども行います。
18時 帰宅。遅くとも21時には帰ります。