ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 卓越した商品、ソリューション、サービスを支える技術 > デジタルイメージング技術 > EA-HGトナー

EA-HGトナー

EA(Emulsion Aggregation)トナーは、従来の原料を細かく粉砕して作る粉砕トナーと違い、図1に示すように乳化重合という方法により、乳化重合樹脂粒子、顔料粒子、ワックス粒子を湿式中(水中)で凝集・合一し、トナー粒子を形成するケミカルトナーと呼ばれるものです。
ゼログラフィープロセスでは、通常、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色のトナーを重ね合わせることで、カラー画像を再現します。従って、高画質を達成するには、所望の大きさで形状の均一なトナーが求められます。EAトナーは、一連の化学反応を精密に制御することで、従来の混練粉砕法に比べて粒径が小さく、形状の均一化(図2)が可能になりました。
さらに、製造するときの二酸化炭素排出量も低く(これまでの約65%)、トナーの使用効率も高いので、環境にやさしいトナーです(図3)。

EA(Emulsion Aggregation)トナーは、これまでのトナーに比べて、以下のような特徴があります。

  1. 径のそろった小さいトナーを低コストで生産できます。
  2. ワックスを内包し、オイルレス注1トナーの生産に適しています。
  3. オイルレスなので、オイルによるトラブルを解消し、また省資源にも大きく貢献します。オフィスの文書に多い黒文字が読みやすく、書き込みや付せん紙の貼り付けも問題なく行えます。
  4. 製造プロセスにおける二酸化炭素の排出量を35%低減でき、環境負荷を軽減できます。

図1:EAトナーの製法

図2:混練粉砕法トナーとEAトナーの電子顕微鏡写真

図3:省エネルギーで省資源EAトナー

テクニカルレポート