ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 卓越した商品、ソリューション、サービスを支える技術 > デジタルイメージング技術 > EA-Ecoトナー

EA-Ecoトナー

近年、省エネルギーへの取り組みがますます重要視されており、富士ゼロックスでは、オフィスに広く普及している複合機/レーザープリンターについて、エネルギー消費効率を高める技術開発に積極的に取り組んでいます。複合機/レーザープリンターでは、トナーを紙に定着する工程がもっとも電力を消費する工程であり、全消費電力の約70%を占めます。これは、トナーを瞬時に高温溶融して定着するのに大量のエネルギーが必要になるためです。

そこで、富士ゼロックスでは従来のEAトナー(EAトナーの基本説明はこちら)よりも定着温度が約20℃低いEA-Ecoトナーを開発しました。図1にEA-Ecoトナーの温度に対する粘度変化を示します。
EA-Ecoトナーは、温度に対してシャープに粘度が変化する特性を持たせることで、低い温度でも粘度が十分低くなり、最低定着温度を従来トナーより約20℃下げることを達成しています。

図1 EA-Ecoトナーの温度に対する粘度変化

これは、図2に示すように新規に開発した温度に対し急峻に溶けるシャープメルトポリエステルと、緩慢に溶けるノーマルポリエステルを独自の乳化凝集の技術によって、トナー内部に最適立体配置させることにより可能になりました。

図2 EA-Ecoトナーの構造

また、EA-Ecoトナーは、従来のEAトナーと同じように、ワックスを内包することで完全なオイルレストナーであり、さらに図1に示すシャープな溶融特性により、用紙の光沢に追随する光沢再現性を提供します。その結果、普通紙ではテカリを抑え、光沢紙では高光沢を再現します。
このように低定着温度と高光沢再現性を両立させたEA-Ecoトナーの使用により、当社のEAトナーに比べ、光沢モードで約40%の消費電力を削減でき、CO2排出削減に大きく寄与しています。

EA-EcoトナーによるCO2排出量削減効果(光沢モード)