ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 卓越した商品、ソリューション、サービスを支える技術 > デジタルイメージング技術 > デジタルスムージング技術

デジタルスムージング技術

富士ゼロックスでは、ドキュメントをより忠実にプリント出力するための、さまざまな高画質技術に取り組んでいます。

イメージエンハンスメント技術

高性能のパソコンやデジタルカメラ、画像ソフトウェアが普及し、また、ネットワーク環境が整備されたことにより、一般オフィスにおいても高精細で緻密な画像、図表、文字を含むドキュメントが作成され、流通しています。
図1に示すように、従来の600dpiの処理では、ゆるい斜めの線のエッジにがたつきが目立ちますが、高解像度(2,400dpi)の出力特性を活かした新イメージエンハンスメント処理技術を用いると、なめらかに再現できます。

従来技術(600dpi)、新イメージエンハンスメント技術(2,400dpi)図1:斜め線エッジの再現性

このイメージエンハンスメント処理技術は、従来の600dpiから、より細分化したマトリクス上に、2,400dpiに対応したマッピングを新たに設計。さらに、主走査方向の処理だけでなく、副走査方向にも処理を施しています。その結果、微細な画素制御が可能となり、黒の線や文字のアウトラインなどのギザギザをよりスムーズに再現します。特に、角度のゆるい斜めのラインの再現で、その効果を発揮します。

従来技術(600dpi)、新イメージエンハンスメント技術(2,400dpi)図2:細分化した主査方向と副走査方向の処理

エッジエンハンスメント技術

通常、複合機やプリンターは、出力される画像の階調表現のために、スクリーン処理を行っています。中間調の線や文字に対して通常のスクリーン処理を行うと、文字や線の輪郭にジャギーが発生し、鮮明に表現できないことがあります。エッジエンハンスメント技術は、線や文字の輪郭部のスクリーン処理を切り替えることで、ジャギーを低減し、鮮明な画像を再現します。

エッジエンハンスメント処理=OFF、エッジエンハンスメント処理=ON図3:エッジエンハンスメント処理

文字・線の鮮鋭補正技術

複合機やプリンターで出力された文字や線はつぶれを生じることがあり、不鮮明な画像になってしまうことがあります。本技術は、文字や線の輪郭部の濃度を変更することで、文字や線の再現性を向上させます。
さらに、輪郭部の濃度変更割合を複数もつことで、補正レベルを選択できるようにしました。これによりお客様の好みに合わせた文字・線品質を提供することができます。

鮮鋭補正=OFF、鮮鋭補正=ON 補正レベル=普通、鮮鋭補正=ON 補正レベル=強い、鮮鋭補正=OFF、鮮鋭補正=ON 補正レベル=普通 鮮鋭補正=ON 補正レベル=強い図4:鮮鋭補正処理による文字再現性の違い