ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

Mobile Action Centric Service
-モバイルドキュメント活用によるワークスタイル変革-

スマートフォン・タブレット端末の普及に伴い、新しいモバイル端末を導入し、ワークスタイルを変革しようと考えている企業が増えてきた。制約の多いモバイル環境下で効果的にドキュメントを活用するためには、「利便性」と「安全性」の両立が不可欠である。富士ゼロックスでは、現場観察・実証実験を繰り返すHuman Centered Designの手法を取り入れ、個人の行動に注目し情報の流れをコントロールするAction Centricという考え方に基づき、新しいモバイルサービスMobile Action Centric Service(MACS)を設計した。このサービスは、「必要情報の自動収集」「端末へのPush配信」「スケジュールに合わせた自動配信・自動削除」「高度な暗号化処理」を組み合わせることにより、利便性と安全性を両立した。

また、このシステムを、富士ゼロックスのサービスエンジニア業務に適用し、エンジニアの自律的判断をサポートし、結果的に自らが新しい働き方に変革していく効果があることを、実証実験で確認した。

長束 育太郎 研究技術開発本部 インキュベーションセンター
田丸 恵理子 商品開発本部 ヒューマンインターフェイスデザイン開発部

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

前のページ

次のページ

目次へ戻る

このページのトップへ