企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.22 2013年 > 市場ビッグデータを活用したデータマイニングによる「TQMS-Uni」業務支援技術

市場ビッグデータを活用したデータマイニングによる「TQMS-Uni」業務支援技術

ICT分野を中心にビッグデータという言葉を目にする機会が増えてきている。通信インフラはPCを使った有線ブロードバンドでの高速通信から、スマートフォン等を使ったWi-Fi、LTEの高速無線通信に進化している。加えてクラウドによりリモートで大容量のデータ蓄積が可能となった。結果、さまざまな大容量データを取得、転送、保存できる環境が整ったが、その活用が追い付かない状況が各企業の大きな課題になってきている。このような背景から、現在ではビッグデータをどのように活用していくかについて、ICTベンダーが挙ってコンサルティングを含めたソリューションを提案している。そのビッグデータの活用において、中核をなす技術として期待されるのがデータマイニングである。当社は、製品の保守におけるリモートメンテナンスを中心に、早々にこの分野に取り組み具現化してきた。今回は、その技術の変遷と、他社での展開トライアルの汎用性検証結果を説明する。

執筆者

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad™、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ