企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.23 2014年 > 巻頭言

巻頭言/Foreword

Dr. Lawrence A. Rowe
Chairman of the Board and Chief Executive Officer
FX Palo Alto Laboratory, Inc.
Dr. ローレンス A. ロウ
会長兼CEO
FX パロアルトラボラトリー

From its founding in the early 1960's, Fuji Xerox has provided products and services to support document management and communication. Sharing information by delivering document copies to people improves communication between them. At the end of the twentieth century three changes produced significant changes that impact documents and communication: 1) the globalization of production and markets, 2) the development of the Internet, and 3) the transition from paper to electronic documents. Globalization creates a need to communicate with people at a distance; the Internet provides a new delivery mechanism for information and business processes; and, electronic documents changes the way people share information. Fuji Xerox must re-invent the products and services needed by people and businesses in this new world.

This 2014 issue of the Technical Report features “Technology that leads to creating new value in communication” and contains eight featured papers that describe research conducted by Fuji Xerox and FX Palo Alto Laboratory to address problems created by this new environment. Topics covered include:
1) an algorithm to modify design elements to improve customer response to a promotion,
2) a service to scan a document and print a translation of the document into another language,
3) a smartphone application to provide self-guided audio tours,
4) an application and cloud service to simplify the creation of expository (i.e., show how) videos,
5) a lecture webcasting system to improve learning outcomes in educational settings,
6) a meeting capture system that incorporates indexes to identify speakers and activities,
7) a laboratory for collaborative problem solving, and
8) an algorithm to analyze customer sentiment (opinions) in social media (e.g., tweets).
Some of these technologies are already incorporated into Fuji Xerox products. Other technologies are being tested in practical work in Fuji Xerox (called “genko-ichi”) and proof-of-concept trials. Predicting which research will lead to new businesses is always difficult. However, investing in research and conducting customer and product trials is an important step in reinventing the future.

We hope you enjoy reading the featured papers in this issue. We look forward to further discussions that will accelerate the development of new products, services, and technologies to improve communication.

Lawrence A. Rowe

1960年代初めの創立以来、富士ゼロックスはドキュメント管理とコミュニケーションをサポートする商品とサービスを提供してきました。ドキュメントのコピーを届けて情報を共有するスタイルは、人と人のコミュニケーションを一段高いものにしています。そして20世紀の終わりには、3つの変化がドキュメントとコミュニケーションに影響を与える大きな変革をもたらしました。1)生産と市場のグローバリゼーション、2)インターネットの発展、3)紙から電子ドキュメントへの移行、です。グローバリゼーションは離れたところにいる人々とのコミュニケーションのニーズを新たに生み、インターネットは情報配信とビジネスプロセスに新しいメカニズムを提供し、電子ドキュメントは人々の情報共有の仕方を変えました。富士ゼロックスはこの新しい世界において、人々とビジネスから要請される商品やサービスを再創造していかなければなりません。

この2014年テクニカルレポートでは、「コミュニケーションの新たな価値を引き出す技術」をテーマに特集を組み、関連する8編を含む17編の論文を掲載しています。これらは新しい社会環境における課題に対して、富士ゼロックスとFX パロアルトラボラトリーが取り組む研究開発について論じています。特集論文は次の内容をカバーしています:
1)プロモーションに対する顧客の反応を向上させるためにデザイン要素を改善する支援ツール
2)ドキュメントをスキャンし他言語に翻訳して印刷するサービス
3)音声によるセルフガイドツアーを提供するスマートフォンアプリケーション
4)説明ビデオ(Show How)の作成を簡単に行うアプリケーションとクラウドサービス
5)教育現場における学習成果を改善するレクチャー音声/スクリーンキャプチャ&ウェブ配信システム
6)話者と活動を識別して索引を盛り込むミーティングキャプチャシステム
7)お客様との共創により問題解決を行うラボラトリー活動
8)ソーシャルメディアにおける顧客の感性トピック(意見)を分析するアルゴリズム
これらの技術のうちのいくつかはすでに富士ゼロックスの商品に導入され、そうでないものも富士ゼロックス社内の実際の業務の中で試験的に使われ、コンセプト検証のトライアルが行われています(社内では「言行一致活動」と呼んでいます)。どの研究が新しいビジネスをリードしていくかを予想することは常に困難な課題です。しかしながら、研究開発に投資し、お客様や商品のトライアルを行っていく活動は未来を創るための重要なステップのひとつと言えましょう。

私たちは、読者の皆さまがこのレポートを楽しんで読んで頂けることを期待しています。そしてさらなる議論が生まれることを楽しみにしています。それらはよりよいコミュニケーションをもたらす新しい商品やサービス、そして技術の開発の加速に繋がっていくことでしょう。

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad™、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ