ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.24 2015年 > 巻頭言

巻頭言/Foreword

富士ゼロックス株式会社 常務執行役員
高木 純

2000年代初頭、マーキング技術ならびにデジタル技術の進歩により、いわゆる無版印刷(デジタル印刷)技術が現実のものとなり、無版のメリットを活かした小ロット印刷が可能となりました。
加えてデジタルの優位性を活用したバリアブル印刷機能により、個人向けのDM作成やPhoto Bookといったデジタル印刷特有の新市場も形成されてきました。また、高速インクジェット技術の進化により、出力ボリュームも増加しつつあります。
我々はゼログラフィー方式の本格POD(Print On Demand)機であるColor DocuTech 60を2000年に、より印刷市場への親和性を高めたColor 1000 Pressシリーズを2010年に、そして2014年にはオフィスPODの普及や印刷業界のデジタル化の流れをさらに加速させるVersantTMシリーズを市場導入して、デジタル印刷による革新をリードして来ました。
一方さらなる高速デジタル印刷へのニーズに応えるべく2012年にはインクジェット方式の高速連帳プリンター 2800 Inkjet Color Continuous Feed Printing Systemを市場導入、さらに2013年に小型軽量化を図った1400シリーズを加え、市場の成長と発展に貢献しています。

今年のテクニカルレポートでは「デジタル印刷技術の新潮流が生み出すお客様価値」をテーマに特集を組みました。機器の導入コストが下がり、維持メンテナンスが簡単で、より信頼性の高いシステムが組めるようになったことで、誰でもどこでも高品質な印刷物が手軽に作れるようになりました。そして、必要なときに必要な量だけ印刷できる時代が来ています。我々がお客様に提供するシステムやサービスは、単に印刷物の価値を高め、制作コストや在庫コストが削減できるという直接的なメリットだけではなく、環境にやさしく、働き方の変革にもつながるものと信じています。
印刷物の価値を高める画像処理技術、ゼログラフィーの画質を高度に安定させる技術、マシンの稼働率を向上させるためのメンテナンスの仕組みなど、我々がこれまで取り組んできた活動の成果に加えて、さまざまな技術を古文書複製の分野で活用し、お役立ちしている事例などを特集の中で紹介しています。
富士ゼロックスは、常に技術革新を進め、お客様と共に印刷市場のデジタル化を推進していきます。ぜひご一読いただき、ご意見、ご要望をいただければ幸いです。

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad™、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ