ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.24 2015年 > 授業支援ボックス:お客様との共創開発により実現した紙とLMSの連携ソリューション

授業支援ボックス:お客様との共創開発により実現した紙とLMSの連携ソリューション

現在の大学においては、教育研究システムのIT化に伴い授業支援システム、e-Portfolioといったシステムの普及が進んでいるが、利用時の負担から利用教員数が頭打ちになるなど、計画どおり活用されない問題が顕在化している。
授業支援ボックスは、この問題に対して法政大学様との間で共創型の開発を実施することにより、授業中に利用される紙とLMS(Learning ManagementSystem)を複合機により連携させ、教員業務の負担軽減と学生の学修に対するモチベーションの向上を実現したアプライアンス商品である。
本論文では、授業支援ボックスの商品化の背景と効用、法政大学様との実証実験とその後の商品化において開発導入した技術について説明する。

執筆者

  • 佐藤 悦志
    コントローラ開発本部 CTPF第四開発部
  • 森田 雅夫
    コントローラ開発本部 CTPF第二開発部
  • 長谷川 博之
    コントローラ開発本部 CTPF第四開発部
  • 井上 桂
    商品開発本部 システム企画部
  • 榎本 尚之
    コントローラ開発本部 CTPF第四開発部
  • 阿出川 智通
    コントローラ開発本部 CTPF第四開発部
  • 中村 慎也
    コントローラ開発本部 CTPF第四開発部

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad™、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ