ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.25 2016年 > 震災復興支援を通じた地域医療と福祉の課題解決の試み

震災復興支援を通じた地域医療と福祉の課題解決の試み

本稿は、東日本大震災の被災地域に対する復興支援活動において、地域の関係者とともに共通価値を創造する活動(Creating Shared Value: CSV)を進め、課題解決に取り組んだ試みについての報告である。富士ゼロックスでは、復興支援先である岩手県釜石市の医療機関とともに、医療・介護・福祉の現場で日常的に取り扱われるドキュメントの価値を再定義することによって、地域課題の特定・課題解決の検証を行った。この活動を通じて、地域の課題解決に求められることは、さまざまな関係者間につながりを作り、活動を推進するための「場」を作ることであると確信した。我々は、これを「地域社会のみらいを創る」活動として捉え、継続して取り組むための事業モデルの構築につなげていく所存である。

執筆者

  • 宮田 武文
    営業計画部 復興推進室
  • 山田 敏哉
    営業計画部 復興推進室

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad™、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ