ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.25 2016年 > ビッグデータ利活用を支えるデータ収集基盤

ビッグデータ利活用を支えるデータ収集基盤

「ビックデータの活用」という言葉が広く使われるようになってからすでに数年がたち、富士ゼロックスでも本格的な活用の普及に向けて、さまざまな活動に取り組んできた。日々生成されるデータは今後ますます増えることが予測され、このデータ活用の活動は多くのところで行われるようになり、その活動サイクルは短くなってきている。これらの予見を踏まえた、当社におけるビックデータ利活用を支えるデータ収集基盤の考え方として、リソース指向アーキテクチャーを採用したリソース基盤モデルを策定した。本稿では、複数の社内基幹システムのデータを活用し、そのデータを分析してお客様課題を“見える化”するアプリケーションの開発を例に、このリソース基盤の構築に関して述べる。

執筆者

  • 小原 裕美
    ソリューション・サービス開発本部 ソリューション開発部
    第二SPF開発センター
  • 江上 修平
    ソリューション・サービス開発本部 ソリューション開発部
    第二SPF開発センター
  • 寺尾 太郎
    ソリューション・サービス開発本部 ソリューション開発部
    第二SPF開発センター

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad™、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ