ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.26 2017年 > 富士ゼロックスが目指すモノ作り

富士ゼロックスが目指すモノ作り

少子高齢化による労働力不足、エネルギー資源の枯渇に代表される地球規模での環境問題、市場のグローバル化によるニーズの多様化、開発途上国の賃金上昇による製造原価の高騰など、モノ作り経営を取り巻く環境は大きく変化し、当社を含むメーカー各社はその対応が求められている。一方で3Dプリンターのような新たな製法の登場やさまざまなモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)時代が現実となってきており、そこから生み出される膨大なビッグデータを製造現場で活用するための技術も開発されてきている。富士ゼロックスは、これまでトヨタ生産方式にならった生産革新活動を推進してきたが、これに加えて、第4次産業革命といわれる現在の変化を捉え、当社が目指している「3D/IoT時代の新たなモノ作り」について紹介する。また特集で掲載している各論文の位置づけについても紹介する。

執筆者

  • 鶴岡 亮一
    モノ作り技術本部
  • 広瀬 伸一
    モノ作り技術本部

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ