ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.26 2017年 > 金型要件チェックツールによる部品量産品質の早期作り込み

金型要件チェックツールによる部品量産品質の早期作り込み

富士ゼロックスは、従来、製品設計出図後の金型設計、製造を外部メーカーに委託しており、金型の技術的な知見を保有していなかった。このため、金型の要件設定を十分に作り込めず、出図後に手戻りが多く発生し、金型製造リードタイムの長期化を招いていた。そこで、出図前に金型要件を作り込む、抜本的なプロセス改革を行った。その手段として、独自の3D-CADデータ形状認識技術に基づき3D-CADモデルから金型要件の不適合箇所を自動抽出する、「金型要件チェックツール」を開発した。その結果、出図後の金型の不具合に起因する手戻りを大幅に削減することができた。本稿では、ツール開発に至る背景、開発経緯と構成技術、ツールの概要と展開効果、および社外サービスを含めた今後の展開について述べる。

執筆者

  • 萩原 正明
    モノ作り技術本部 部材技術開発部
  • 沼内 寿浩
    モノ作り技術本部 部材技術開発部
  • 吉塚 公則
    モノ作り技術本部 部材技術開発部

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ