DocuPrint/DocuCentre/LaserPress/Able用
Print Direct for Windows(R) 95/98 and Windows NT(R)

ページ下部の使用許諾条件を必ずお読みください。

この条件に同意された場合のみ、本ページに登録されているソフトウエアをご利用になれます。


DocuPrint/DocuCentre/LaserPress/Able用
Print Direct for Windows(R) 95/98 and Windows NT(R)


【登録名称】PDRCT001.EXE Print Direct for Windows(R) 95/98 and Windows NT(R)
【登録日時】2000.1.21
【対象機種】
FUJI XEROX LaserPress 4150II
LaserPress 4150PSII
LaserPress 4200
LaserPress 4300
LaserPress 4410
LaserPress 4210
Able Model-PRII
(Able 3350/3351/3250/1405/1350/1351/1250/1251
(プリンターキット装着機))
FUJI XEROX DocuCentre 250/250CF/350/350CF/400/400CF
(プリンター機能搭載機)
FUJI XEROX DocuCentre 250FS/350FS/400FS
FUJI XEROX DocuCentre 450/451/550/551(プリンター機能搭載機)
FUJI XEROX DocuCentre 450CP/451CP/550CP/551CP
FUJI XEROX DocuPrint 250
DocuPrint 400
FUJI XEROX
DocuCentre 600/601(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 600CP/601CP
【動作環境】 日本語Microsoft(R) Windows(R) 95
日本語Microsoft(R) Windows(R) 98
日本語Microsoft(R) Windows NT(R) 3.51
日本語Microsoft(R) Windows NT(R) 4.0
【FILE形式】自己解凍形式 (DOSのEXE形式)
【FILESIZE】548,645バイト
【転載条件】転載、再配布、商行為は一切禁止
【著作権者】富士ゼロックス(株)

このページのトップへ



[ご注意]


    日本語版Microsoft(R) Windows(R) 95、または日本語版Microsoft(R) Windows(R) 98 の環境下で本ソフトウエアを使用する場合は、IPX/SPX互換プロトコルを使用するため、IPX/SPX互換プロトコルのインストールが必要になります。TCP/IP環境で、ネットワークに接続されているプリンターに直接プリント出力を行なう場合は、本ソフトウエアではなく、「Windows(R) 95/98 ダイレクトプリントユーティリティ」をご使用ください。
    「Windows(R) 95/98 ダイレクトプリントユーティリティ」は「Print Direct for Windows(R) 95/98 and Windows NT(R)」と同じネットワークツールよりダウンロードすることができます。

[ソフトウエア紹介]


    PrintDirectは、日本語版Microsoft(R) Windows NT(R) 3.51、または、日本語版Microsoft(R) Windows NT(R) 4.0、日本語版Microsoft(R) Windows(R) 95、または日本語版Microsoft(R) Windows(R) 98 の環境下で、ネットワーク接続されている上記機種のプリンターに、サーバーを経由することなくプリントデータを直接送信する機能を提供します。

    PrintDirectのソフトウエアを使用することで、簡単な操作でネットワークに接続されている上記プリンターに直接プリント出力を行なうことができます。

    ★ このソフトウエアは32ビットx86ベースのマイクロプロセッサー(Intel(R) 80386/25以上)またはIntel(R) Pentium(R)プロセッサーが搭載されWindows NT(R) 3.51、Windows NT(R) 4.0、Windows(R) 95またはWindows(R) 98が稼働しているコンピューター上で動作します。ご注意ください。

[前バージョン(1999年6月版)からの変更点]

 ○ 変更点

  • DocuCentre 600/601(プリンター機能搭載機)/DocuCentre 600CP/601CPに対応しました。

[メディアの作成方法]

  1. フォーマット済みのフロッピーを用意します。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します。ファイルは自己解凍形式になっていますので、そのまま実行すれば自動的に解凍します。
  3. 2.で解凍したファイルを1.で用意したフロッピーにすべてコピーします。以上で更新されたドライバーフロッピーが作成されます。
  4. README.TXTの記述に従い、3.で作成したフロッピーを使用してソフトウエアをインストールします。

[PDRCT001.EXE]

のファイル名でダウンロードしてください。

このページのトップへ


ソフトウエアダウンロード

ソフトウエアダウンロード

使用許諾条件に同意し、HTTPでダウンロード

使用許諾条件

本サービスに登録されているソフトウエア(以下、提供ソフトウエアといいます。)をダウンロードする前に、以下の「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウエアをダウンロードして使用することができます。

使用許諾条件

  1. 提供ソフトウエアの著作権は、富士ゼロックス株式会社(以下、富士ゼロックスといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウエアは、各提供ソフトウエアに対応する富士ゼロックス製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウエアを使用するにあたっては、各提供ソフトウエアに関して富士ゼロックスが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウエアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウエアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウエアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上

このページのトップへ