プリンタードライバー インストールツールについて

複合機、およびプリンター(以下、プリンターと呼ぶ)用にプリンタードライバーの新規インストールおよびバージョンアップをする際には、インストールツールをご利用ください。
ただし、新規でプリンターを追加する場合で、下記に該当するケースでは「プリンターの追加」を利用してインストールする方法の手順に従って、プリンタードライバーのインストールを行ってください。

  1. Windows Server® 経由で印刷を行う場合
  2. プリンターのSMBポートに対して直接印刷を行う場合
  3. Windows Server® の代替ドライバーをインストールする場合
  4. プリンターのLPD(TCP/IP)ポートを起動していない場合
  5. プリンターのUDPエージェントを起動していない場合

1. プリンタードライバーインストールツール概要

富士ゼロックス公式ホームページからダウンロードしたファイルは、自己解凍形式になっています。これを任意の空フォルダに移動して実行すれば、ファイルが解凍されて自動的にインストールツールが起動されます。
プリンタードライバーインストールツールを起動すると以下のようなメニュー画面が表示されます。

図1:インストールツールメニュー画面
図1:インストールツールメニュー画面

  1. プリンタードライバーのインストール
    USB接続プリンター、ネットワーク接続プリンター、Windows Server®共有プリンターを指定してインストールすることができます。
    プリンターがネットワークに接続されている場合、プリンタードライバーのインストールに必要な次の作業を自動的に行うことができます。
    • ネットワーク接続されているプリンターの検索
    • プリンターのオプション設定(用紙トレイ数やフィニッシャーの有無等)を自動認識
  2. プリンタードライバーの更新
    すでにインストールされているプリンタードライバーを、最新のバージョンに更新します。

2. 注意制限事項

ドライバーインストールツール(Launcher.exe)が格納されているフォルダ名が長い場合、ドライバーインストールツールのメニュー画面が起動できない場合があります。

注記 起動できない場合はフォルダ名を短くするか、デスクトップ上で解凍を再実施してください。

  • 例) 「ドライバーインストールツールは、C:¥tempで解凍した場合、
    C:¥temp¥<ダウンロードファイル名>¥Launcher.exe¥を実行してください。

3. 「プリンターの追加」を利用してドライバーをインストールする方法

  1. ダウンロードした圧縮ファイル(EXE形式)をダブルクリックして解凍します。
  2. 自動的にドライバーインストールツール画面が表示されます。閉じるボタン[X]をクリックし、ドライバーインストールツールを終了してください。
  3. ドライバーが格納されているフォルダを確認します。

    例) 1. で解凍先フォルダーとして指定したフォルダーがC:¥tempの場合

    • C:¥temp¥<ダウンロードファイル名>注1¥ドライバーの種類注2¥OSの種類注3¥Japanese¥001
  4. [プリンターの追加]ウイザードを開始します。
    [製造元のファイルのコピー元]入力フィールドに、3.で確認したドライバー格納フォルダを指定してください。(3.で格納されているドライバーを別の場所にコピーした場合はコピーしたフォルダを指定してください。)
  • 注1 <ダウンロードファイル名>
    ダウンロードした圧縮ファイル(EXE形式)の拡張子(.exe)を除いた名前
  • 注2 ドライバーの種類とフォルダ名
ドライバーの種類 フォルダ名
ART EXプリンタードライバー ART_EX
ART EXダイレクトファクスドライバー ART_EX_Fax
PSドライバー PS
共通プリンタードライバー Common_V4
  • 注3 OSの種類とフォルダ名
OSの種類 機種
x86版OS i386
x64版OS amd64
x86/x64共通 i386_amd64