Print Driver Customization Tool

本サービスに登録されているソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)をダウンロードする前に、「注意事項」および「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウェアをダウンロードして使用することができます。

概要

本パッケージは、プリンタードライバーのデバイスオプションや印刷設定のデフォルト値を変更したり、設定値の変更を禁止したりするようなカスタマイズドライバーを作成するツールである"Print Driver Customization Tool"に、本ツールで作成されたカスタマイズドライバーをインストールするためのパッケージを作成するツール"Easy Setup for Customised Print Driver"を加えたユーティリティセットです。
詳しくは「Print Driver Customization Toolの利用シーン」をご覧ください。

以下の機種は、機能の違いにより「前期モデル」と「後期(T2)モデル」があります。モデルの見分け方を参考にして、インストール前にご使用のモデルをご確認ください。

  • ApeosPort-V C7775 / C6675 / C5575 / C4475 / C3375 / C2275
  • ApeosPort-V C7780 / C6680 / C5580
  • DocuCentre-V C7775 / C6675 / C5575 / C4475 / C3375 / C2275
  • DocuCentre-V C7780 / C6680 / C5580

    ダウンロード

    ファイル名 fxpdct17091nw2kcfja.exe
    ファイル形式 自己解凍形式(EXE形式)
    ファイルサイズ 2,431,952 バイト

    ダウンロードができないときの対処方法

    仕様

    ソフトウェア種別 Print Driver Customization Tool
    バージョン 1.1.14
    登録日 2018年1月15日
    対応機種
    • ApeosPort-IV 3070
    • ApeosPort-IV 4070
    • ApeosPort-IV 5080
    • ApeosPort-IV 6080
    • ApeosPort-IV 7080
    • ApeosPort-IV C2270(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • ApeosPort-IV C2275
    • ApeosPort-IV C3370(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • ApeosPort-IV C3375
    • ApeosPort-IV C4470(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • ApeosPort-IV C4475
    • ApeosPort-IV C5570(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • ApeosPort-IV C5575
    • ApeosPort-IV C5580
    • ApeosPort-IV C6680
    • ApeosPort-IV C7780
    • ApeosPort-V 3070
    • ApeosPort-V 4020
    • ApeosPort-V 4070
    • ApeosPort-V 5080
    • ApeosPort-V 6080
    • ApeosPort-V 7080
    • ApeosPort-V C2275
    • ApeosPort-V C2276
    • ApeosPort-V C3320
    • ApeosPort-V C3375
    • ApeosPort-V C3376
    • ApeosPort-V C4475
    • ApeosPort-V C4476
    • ApeosPort-V C5575
    • ApeosPort-V C5576
    • ApeosPort-V C5580
    • ApeosPort-V C5585
    • ApeosPort-V C6675
    • ApeosPort-V C6676
    • ApeosPort-V C6680
    • ApeosPort-V C6685
    • ApeosPort-V C7775
    • ApeosPort-V C7776
    • ApeosPort-V C7780
    • ApeosPort-V C7785
    • ApeosPort-VI C2271
    • ApeosPort-VI C3371
    • ApeosPort-VI C4471
    • ApeosPort-VI C5571
    • ApeosPort-VI C6671
    • ApeosPort-VI C7771
    • DocuCentre-IV 2060
    • DocuCentre-IV 3060
    • DocuCentre-IV 3070
    • DocuCentre-IV 4070
    • DocuCentre-IV 5080
    • DocuCentre-IV 6080
    • DocuCentre-IV 7080
    • DocuCentre-IV C2260(ドライバーバージョン ART EX:6.3.0以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • DocuCentre-IV C2263
    • DocuCentre-IV C2263 N
    • DocuCentre-IV C2270(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • DocuCentre-IV C2275
    • DocuCentre-IV C3370(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • DocuCentre-IV C3375
    • DocuCentre-IV C4470(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • DocuCentre-IV C4475
    • DocuCentre-IV C5570(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.0以降)
    • DocuCentre-IV C5575
    • DocuCentre-IV C5580
    • DocuCentre-IV C6680
    • DocuCentre-IV C7780
    • DocuCentre-V 1060
    • DocuCentre-V 2060
    • DocuCentre-V 3060
    • DocuCentre-V 3070
    • DocuCentre-V 4070
    • DocuCentre-V 5080
    • DocuCentre-V 6080
    • DocuCentre-V 7080
    • DocuCentre-V C2263
    • DocuCentre-V C2275
    • DocuCentre-V C2276
    • DocuCentre-V C3375
    • DocuCentre-V C3376
    • DocuCentre-V C4475
    • DocuCentre-V C4476
    • DocuCentre-V C5575
    • DocuCentre-V C5576
    • DocuCentre-V C5580
    • DocuCentre-V C5585
    • DocuCentre-V C6675
    • DocuCentre-V C6676
    • DocuCentre-V C6680
    • DocuCentre-V C6685
    • DocuCentre-V C7775
    • DocuCentre-V C7776
    • DocuCentre-V C7780
    • DocuCentre-V C7785
    • DocuCentre-VI C2271
    • DocuCentre-VI C3371
    • DocuCentre-VI C4471
    • DocuCentre-VI C5571
    • DocuCentre-VI C6671
    • DocuCentre-VI C7771
    • DocuCentre C2000
    • DocuCentre SC2021
    • DocuPrint 3000
    • DocuPrint 3000 s
    • DocuPrint 3010
    • DocuPrint 3100
    • DocuPrint 5100 d
    • DocuPrint C2450
    • DocuPrint C2450 II
    • DocuPrint C3350 s
    • DocuPrint C3350(ドライバーバージョン ART EX:6.3.1以降 / PostScript®:6.3.1以降)
    • DocuPrint C3450 d
    • DocuPrint C3450 d II
    • DocuPrint C4000 d
    • DocuPrint C5000 d
    • DocuPrint CM210 z
    • DocuPrint CM310 z
    • DocuPrint CP210 dw
    • DocuPrint CP310 dw
    • DocuPrint CP400 d
    • DocuPrint CP400 ps
    • DocuPrint P350 d
    • DocuPrint P450 d
    • DocuPrint P450 ps
    • B9110 Light Publisher
    • B9125 Light Publisher
    • B9136 Light Publisher
    • D95
    • D110
    • D110 Light Publisher
    • D125 Light Publisher
    • D136 Light Publisher
    • DocuPrint CP500 d
    • DocuCentre-VI C2264
    • ApeosPort-V 5080 N
    • ApeosPort-V 6080 N
    • ApeosPort-V 7080 N
    • DocuCentre-V 5080 N
    • DocuCentre-V 6080 N
    • DocuCentre-V 7080 N
    • DocuPrint CP400 d II
    • DocuPrint CP400 ps II
    動作環境
    • Windows® 10 (32ビット) 日本語版
    • Windows® 10 (64ビット) 日本語版
    • Windows® 8.1 (32ビット) 日本語版
    • Windows® 8.1 (64ビット) 日本語版
    • Windows® 8 (32ビット) 日本語版
    • Windows® 8 (64ビット) 日本語版
    • Windows® 7 (32ビット) 日本語版
    • Windows® 7 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server® 2016 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server® 2012 R2 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server® 2012 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server® 2008 R2 (64ビット) 日本語版
    • Windows Server® 2008 (32ビット) 日本語版
    • Windows Server® 2008 (64ビット) 日本語版
    • Windows® 10 (32ビット) 英語版
    • Windows® 10 (64ビット) 英語版
    • Windows® 8.1 (32ビット) 英語版
    • Windows® 8.1 (64ビット) 英語版
    • Windows® 8 (32ビット) 英語版
    • Windows® 8 (64ビット) 英語版
    • Windows® 7 (32ビット) 英語版
    • Windows® 7 (64ビット) 英語版
    • Windows Server® 2016 (64ビット) 英語版
    • Windows Server® 2012 R2 (64ビット) 英語版
    • Windows Server® 2012 (64ビット) 英語版
    • Windows Server® 2008 R2 (64ビット) 英語版
    • Windows Server® 2008 (32ビット) 英語版
    • Windows Server® 2008 (64ビット) 英語版
    転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
    著作権者 富士ゼロックス株式会社

    注意事項

    インストールについて

    1. ダウンロードしたファイルを任意の空フォルダーにコピーします。
    2. ファイルは自己解凍形式ですので、そのまま実行してください。ご指定の解凍先フォルダーに、次の1つのファイルと2つのフォルダーが作成されます。
      • ファイル: readme.txt
      • フォルダー: Print Driver Customization Tool
      • フォルダー: Easy Setup for Customised Print Driver
    3. Print Driver Customization Toolを使用する場合、解凍したフォルダー直下<Print Driver Customization Tool>内の、" PDCT.exe "をダブルクリックしてください。
      Easy Setup for Customised Print Driverを使用する場合、解凍したフォルダー直下<Easy Setup for Customised Print Driver>内のMkSetup.exe "をダブルクリックしてください。不要になった場合、自己解凍したフォルダー全体を削除してください。

    操作について

    別途「セットアップパッケージ作成ガイド」をご参照ください。

    ご利用の際の注意

    1. 注意事項については、解凍したフォルダー直下のreadme.txtを参照してください。
    2. 次の各フォルダー中にもそれぞれのツールのreadme.txtファイルが格納されていますので、ご参照ください。
      • フォルダー: Print Driver Customization Tool
      • フォルダー: Easy Setup for Customised Print Driver
    3. 本ツールで初期値を変更されたり設定変更を制限されたりしたドライバー(以下、カスタムドライバー)は、標準のプリンタードライバーとの共存はできません。また、別のカスタムドライバーとも共存できません。
    4. カスタムドライバーは、ドライバー配布ツールやDocuHouse オンデマンドプリント、PrintXchange などの他のユーティリティソフトウェアには対応していません。
    5. カスタムドライバーは、Print Utility for Citrix XenAppTMには対応していません。
    6. カスタムドライバーは、ドライバーセットアップディスク作成ツール(MakeDisk)やApeosWare Device Portal Service、ApeosWare DeviceManagement には対応していません。たとえば、ドライバーセットアップディスク作成ツールを使ってカスタムドライバー用のSetup.exe を作成しても標準ドライバーインストールされてしまうなど、意図しない動作をすることがあります。
    7. カスタムドライバーがインストールされた状態で、標準ドライバーを上書きインストール(ドライバーの更新を含む)しないでください。必ずインストール済みのカスタムドライバーをアンインストールしてから、標準ドライバーをインストールしてください。
    8. 標準ドライバーからカスタムドライバーへのバージョンアップは保証しません。一旦アンインストールしてから再インストールしてください。また、逆にカスタムドライバーから標準ドライバーのバージョンアップも保証しません。一旦アンインストールしてから再インストールしてください。
    9. Microsoft® Windows® 8 64ビット、Microsoft® Windows® 8.1 64ビット、Microsoft® Windows® 10 64ビット、Microsoft® Windows Server® 2012、Microsoft® Windows Server® 2012 R2、Microsoft® Windows Server® 2016上で、Print Driver Customization Toolを用いてカスタマイズしたプリンタードライバーをインストールする場合、Easy Setup for Customized Print Driverをご利用ください。他の方法ではインストールできないことがあります。

    変更履歴

    2018年1月15日 Ver. 1.1.14 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • 以下の機種に対応しました。
      DocuCentre C2000
      B9136 Light Publisher
      B9125 Light Publisher
      B9110 Light Publisher

    2017年11月22日 Ver. 1.1.12 README.TXTの更新

    前回掲載からの変更点

    • 以下の機種に対応しました。
      DocuPrint C3450 d II
      / C2450 II
    • モジュールを更新しました。

    2016年12月1日 Ver. 1.1.12 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • 下記の機種に対応しました。
      • DocuPrint P350 d
      • DocuPrint P450 d / P450 ps
      • DocuPrint CP400 d / CP400 ps
      • DocuCentre SC2021
      • DocuPrint CP310 dw/CP210 dw
      • DocuPrint CM310 z/CM210 z
      • ApeosPort-VI C7771 / C6671 / C5571 / C4471 / C3371 / C2271
      • DocuCentre-VI C7771 / C6671 / C5571 / C4471 / C3371 / C2271

    2015年10月23日 Ver. 1.1.9 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • Microsoft® Windows® 10に対応しました。
    • 下記の機種に対応しました。
      • DocuCentre-V C2263
      • DocuCentre-V 3060 / 2060 / 1060
      • DocuPrint C3450 d / C2450

    2015年5月29日 Ver. 1.1.8 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • 下記の機種に対応しました。
      • DocuCentre-V C2276 / C3376 / C4476 / C5576 / C6676 / C7776
      • ApeosPort-V C2276 / C3376 / C4476 / C5576 / C6676 / C7776
      • DocuCentre-V C5585 / C6685 / C7785
      • ApeosPort-V C5585 / C6685 / C7785

    2014年11月27日 Ver. 1.1.7 README.TXTの更新

    前回掲載からの変更点

    • 下記の機種に対応しました。
      • ApeosPort-V 7080 / 6080 / 5080
      • ApeosPort-V 4070 / 3070
      • DocuCentre-V 7080 / 6080 / 5080
      • DocuCentre-V 4070 / 3070
      • DocuPrint 5100 d

    2014年8月15日 Ver. 1.1.7 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • 下記の機種に対応しました。
      • ApeosPort-V C7775 / C6675 / C5575 / C4475 / C3375 / C2275[後期(T2)モデル]
      • DocuCentre-V C7775 / C6675 / C5575 / C4475 / C3375 / C2275[後期(T2)モデル]
      • ApeosPort-V C7780 / C6680 / C5580[後期(T2)モデル]
      • DocuCentre-V C7780 / C6680 / C5580[後期(T2)モデル]
    • "フィニッシャーC3"を持つ機種において、"オフセット排出トレイ"の設定ができるようになりました。

    2013年11月25日 Ver. 1.1.6 README.TXTの更新

    前回掲載からの変更点

    • 下記の機種に対応しました。
      • ApeosPort-V C7780 / C6680 / C5580
      • DocuCentre-V C7780 / C6680 / C5580

    2013年11月18日 Ver. 1.1.6 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • 下記の機種に対応しました。
      • ApeosPort-V C7775 / C6675 / C5575 / C4475 / C3375 / C2275
      • DocuCentre-V C7775 / C6675 / C5575 / C4475 / C3375 / C2275

    2013年2月15日 Ver. 1.1.5 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • 下記の機種のドライバーバージョン6.7.0以降に対応しました。
      ただし、本ツールのバージョン1.1.4以前は、以下のドライバーバージョンには対応しておりませんのでご注意ください。
      • D95 / D110、D110 Light Publisher / D125 Light Publisher(ドライバーバージョン6.7.0以降)

    2012年10月26日 Ver. 1.1.4 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • Microsoft® Windows® 8に対応しました。
    • Microsoft® Windows Server® 2012に対応しました。

    2012年9月7日 Ver. 1.1.3 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • 下記の機種のドライバーバージョン6.5.4以降に対応しました。
      ただし、本ツールのバージョン1.1.2以前は、以下のドライバーバージョンには対応しておりませんのでご注意ください。
    • ApeosPort-IV C5575 / C4475 / C3375 / C2275 (ドライバーバージョン6.5.4以降)
    • DocuCentre-IV C5575 / C4475 / C3375 / C2275(ドライバーバージョン6.5.4以降)

    2012年4月20日 Ver. 1.1.2 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • 対応機種を追加しました。

    2011年12月7日 Ver. 1.1.1 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • [初期値の設定]ダイアログに不要な選択肢が表示されることがある現象に対応しました。

    2011年6月28日 Ver. 1.1.0 README.TXTの更新

    前回掲載からの変更点

    • README.TXTの更新

    2011年1月17日 Ver. 1.1.0 バージョンアップ

    前回掲載からの変更点

    • "定着ユニット タイプ3"を持つ機種において、"定着ユニット タイプ3"の設定ができるようになりました。

    2010年4月9日 Ver. 1.0.0 リリース

    リリース

    使用許諾条件

    本ソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)の使用許諾条件は、以下に記載するとおりです。

    1. 提供ソフトウェアの著作権は、富士ゼロックス株式会社(以下、富士ゼロックスといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
    2. 提供ソフトウェアは、各提供ソフトウェアに対応する富士ゼロックス製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
    3. 提供ソフトウェアを使用するにあたっては、各提供ソフトウェアに関して富士ゼロックスが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
    4. 提供ソフトウェアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
    5. 提供ソフトウェアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
    6. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウェアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
    7. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

    以上