Print Driver Customization Toolの利用シーン

「Print Driver Customization Toolとは

Print Driver Customization Toolとは、プリンタードライバーの初期値(「標準に戻す」の設定値)を変更したり、印刷設定の変更などを制限したドライバーを作成するための無償ツールです。
特別なサーバーソフトウェアを使わずに印刷設定を制限した運用を実現することができます。

利用シーン1

環境配慮やTCO削減のために、白黒プリントや両面/2UPの運用を推進したい。

解決

Print Driver Customization Toolで、白黒/両面/2UPに初期値を設定、また2UPに強制制限したドライバーを作成し一般ユーザーに配布。一般ユーザーは普段は白黒/両面/2UPで運用し、必要に応じてカラーや片面に設定変更してプリント出力します。2UPは制限しているため、必ず2UP印刷になります。

利用シーン2

期間従業員や短期アルバイトにはカラー機も白黒プリントの運用に制限したい。

解決

Print Driver Customization Toolで、「カラー」を制限したドライバーを作成し、期間従業員用のPCにインストール。期間従業員はカラー機でも白黒のみプリント出力する運用ができます。

利用シーン3

プリント出力したドキュメントを他の人に見られないようにセキュリティープリントの運用を徹底したい。

解決

Print Driver Customization Toolで、プリント種類を「セキュリティー」に制限したドライバーを作成し、一般ユーザーに配布。一般ユーザーは、直接プリントの選択ができず、必ずセキュリティープリントでプリント出力します。セキュリティープリントの運用により、間違って他の人の印刷物を持っていったり、放置プリントの防止に役立ちます。

ユーザーIDや印刷日時などを強制的にプリント出力する運用も可能です。