Windows® 95
PLWドライバー Ver.2.2.14

ページ下部の使用許諾条件を必ずお読みください。

この条件に同意された場合のみ、本ページに登録されているソフトウエアをご利用になれます。



ダウンロードファイルについて

登録名称 5ne2214a.exe
PLWドライバー
登録日 2007年3月30日
バージョン 2.2.14
対象機種 DocuCentre 905/1010/1010S/1010 V/1010 VS/1015/1015S
動作環境 Microsoft® Windows® 95 日本語版 [Service Pack 1以上]
ファイル形式 自己解凍形式(DOSのEXE形式)
ファイルサイズ 5,485,271 バイト
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士ゼロックス株式会社

【ソフトウエア紹介】

  1. 本ソフトウエアは、インストールツール付きのプリンタードライバーです。
  2. 本プリンタードライバーは、Windows® 95が稼働しているコンピューター上で動作します。
  3. 本プリンタードライバーは、以下のプリンターソフトウエアバージョンとの組み合わせにより正しく動作します。
    • DocuCentre 1015 : 標準ROMバージョン 1.0.0以降
    • DocuCentre 1010 : 標準ROMバージョン10.0.0以降
    • DocuCentre 905 : 標準ROMバージョン 1.0.0以降
  4. 本プリンタードライバーのインストール、削除などを各種ツールを使用して行なう場合は、以下のバージョンのツールである必要があります。
    • ドライバーインストールツール バージョン5.2.6以降
    • ドライバーアンインストールツール バージョン5.12.0以降
    • アイコン削除ツール バージョン5.12.0以降
    • セットアップディスク作成ツール バージョン5.12.0以降
    • ユーザーセットアップツール バージョン5.12.0以降
    • バージョンアップツール バージョン5.12.0以降

【前回リリース(2006年11月30日)からの変更点】

  • プリンタードライバーがロードやアンロードされるときに、アプリケーションの異常終了やハングアップが発生することがある現象を改善しました。
  • 特定アプリケーションから異常なトレイ指定がされた場合に、印刷が中断する現象を改善しました。
  • 特定文字が適切にフォント置き換えされないことがある現象を改善しました。
  • [フォントの設定]ダイアログで[常にTrueTypeフォントを使う]を選択しても、プリンターフォントで印刷されることがある現象を改善しました。

変更点の履歴はこちら >>

【インストールについて】

  1. ダウンロードしたファイルを任意の空ディレクトリーにコピーしてダブルクリックします。
  2. ドライバーインストールが起動しますので、ダイアログの指示に従い、ソフトウエアをインストールします。

注) 「プリンタの追加」を利用してインストールする場合はこちらでご確認ください。

【注意事項】

ご使用になる前に同梱のreadme.txtファイルをお読みください。

【ソフトウエアの履歴】

2007年3月30日 Ver.2.2.14 バージョンアップ
2006年11月30日 Ver.2.2.13 バージョンアップ
2004年3月3日 Ver.2.2.7 バージョンアップ
2003年11月12日 Ver.2.2.6 バージョンアップ
2003年9月30日 Ver.2.2.4 バージョンアップ
2003年4月25日 Ver.2.2.2 バージョンアップ
2002年9月20日 Ver.1.6.5 バージョンアップ
2001年12月25日 Ver.1.6.4 バージョンアップ
2001年10月5日 Ver.1.6.2 バージョンアップ
2001年6月21日 Ver.1.6.0 バージョンアップ
2000年12月13日 Ver.1.3.2 バージョンアップ


ソフトウエアダウンロード

ソフトウエアダウンロード

使用許諾条件に同意し、HTTP接続でダウンロード

使用許諾条件

本サービスに登録されているソフトウエア(以下、提供ソフトウエアといいます。)をダウンロードする前に、以下の「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウエアをダウンロードして使用することができます。

使用許諾条件

  1. 提供ソフトウエアの著作権は、富士ゼロックス株式会社(以下、富士ゼロックスといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウエアは、各提供ソフトウエアに対応する富士ゼロックス製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウエアを使用するにあたっては、各提供ソフトウエアに関して富士ゼロックスが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウエアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウエアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウエアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上

ここまで本文