Mac OS X
プリンタードライバー Ver.10.2.4

ページ下部の使用許諾条件を必ずお読みください。

この条件に同意された場合のみ、本ページに登録されているソフトウエアをご利用になれます。



ダウンロードファイルについて

登録名称 DPC830v10_2_4.dmg
プリンタードライバー
登録日 2006年6月15日
バージョン 10.2.4
対象機種 DocuPrint C830
動作環境 Mac OS X [10.1.5/10.2.8/10.3.9/10.4.3]
ファイル形式 ディスクイメージ形式
ファイルサイズ 1,479,032 バイト
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士ゼロックス株式会社

【ソフトウエア紹介】

  1. 本プリンタードライバーは、上記動作環境のMac OS Xが稼働しているコンピューター上で動作します。
  2. EtherTalkで使用する場合は、オプションの拡張ネットワークカードが必要です。

【前回リリース(2004年11月5日)からの変更点】

  • 用紙メニューのサイズ表記を修正しました。
  • 印刷時の一時保存ファイルがビジーになって削除できない為にエラーとなることがある現象を改善しました。
  • 特定のアプリケーションでA3サイズの印刷が出来ない現象を改善しました。
  • 特定のアプリケーションで用紙の給紙元を手差ししか選択できない現象を改善しました。
  • LPRのプリントキュー追加時に正しく追加できない場合がある現象を改善しました。

変更点の履歴はこちら >>

【インストール方法】

  1. 旧バージョンのプリンタードライバーがインストールされている場合は削除します。
    [アプリケーション]→[ユーティリティ]の順に開き、[プリントセンター](10.3以降は「プリンタ設定ユーティリティ」)アイコンをダブルクリックします。
    該当するプリンターを選択して、[削除]を選択します。
    DocuPrint C830の場合、種類の欄が“DocuPrint C830”と表示されているプリンターをすべて削除します。
  2. ダウンロードしたdmg(ディスクイメージ)形式ファイルをダブルクリックして解凍するとInstallerがマウントされます。(マウントされない場合には、手動でマウントしてください)
  3. DocuPrintC830Install.mpkg をダブルクリックするとインストールが開始します。
    DocuPrint C830 Installerの指示に従ってインストールしてください。
  4. 認証ダイアログでは、管理者の名前とパスワードを入力してください。
    ご使用の環境によっては、認証ダイアログが表示されません。

【注意事項】

  1. Microsoft® Word v.X等での透過オブジェクトが正常に印字されません。
  2. Microsoft® Word v.Xで35%以下の縮小を行なうと印字位置が正常に印字されません。
  3. 旧バージョンのプリンタードライバーがインストールされている場合、旧バージョンのプリンタードライバーを削除してください。その後、本プリンタードライバーをインストールしてください。
  4. Microsoft® PowerPoint® v.Xで、細い点線が印刷されないことが有ります。線を太くするか、画質タイプを高画質に指定してください。
  5. Mac OS X [10.3]以降をご利用の方はフェイスアップトレイに出力するときは、ドライバーで逆順を指定してください。
  6. ご使用になる前に同梱のREADME.rtfファイルをお読みください。

【ソフトウエアの履歴】

2006年6月15日 Ver.10.2.4 バージョンアップ
2004年11月5日 Ver.10.2.2 バージョンアップ
2004年3月31日 Ver.10.1.9 バージョンアップ
2002年12月20日 Ver.10.0.1 リリース


ソフトウエアダウンロード

ソフトウエアダウンロード

使用許諾条件に同意し、HTTP接続でダウンロード

使用許諾条件

本サービスに登録されているソフトウエア(以下、提供ソフトウエアといいます。)をダウンロードする前に、以下の「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウエアをダウンロードして使用することができます。

使用許諾条件

  1. 提供ソフトウエアの著作権は、富士ゼロックス株式会社(以下、富士ゼロックスといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウエアは、各提供ソフトウエアに対応する富士ゼロックス製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウエアを使用するにあたっては、各提供ソフトウエアに関して富士ゼロックスが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウエアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウエアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウエアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上