Windows® 95/98/Me
TCP/IP ダイレクトプリントユーティリティ (Ver.2.02)

ページ下部の使用許諾条件を必ずお読みください。

この条件に同意された場合のみ、本ページに登録されているソフトウエアをご利用になれます。


DocuSP3.6 DocuTech 6135/6180用


登録名称 DT6DP202.EXE
DocuSP3.6 DocuTech 6135/6180用
Windows® 95/98/Me TCP/IP ダイレクトプリントユーティリティ
登録日時 03.03.26
VERSION 2.02
対象機種 FUJI XEROX DocuSP3.6 DocuTech 6135/6180
動作環境 日本語Microsoft® Windows® 95/98/Me
FILE形式 自己解凍形式
FILESIZE 994,469 バイト
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士ゼロックス(株)

このページのトップへ



[ソフトウエア紹介]

    TCP/IP Direct Print Utilityは、Microsoft® Windows® 95 operating system日本語版およびMicrosoft® Windows® 98 operating system日本語版、Microsoft® Windows® Me operating system日本語版の環境下から、ネットワーク(イーサネット) 上に接続しているプリンターへ、プリントデータを直接送信しプリントする機能を提供するソフトウエアです。

    TCP/IP ダイレクトプリントユーティリティのソフトウエアをパソコンにインストールし、ポートの設定を行なうことにより、簡単な操作で、ネットワークに接続しているプリンターへプリントすることができます。

    なお本ソフトウエアは、DocuPrint Cシリーズ、 Color Laser Windシリーズ、Laser Windシリーズ、LaserPressシリーズ、Ableシリーズ、DocuCentreシリーズ、DocuTechシリーズにて共通に使用しております。最新バージョンを既にインストールされていましたら、新たにインストールする必要はありません。各シリーズでの適用機種については、各シリーズのREADMEをご参照ください。

    このソフトウエアは32ビットx86ベースのマイクロプロセッサー(Intel® 80386/25以上)またはIntel® Pentium®プロセッサーが搭載されWindows® 95もしくはWindows® 98、Windows® Meが稼働しているコンピューター上で動作します。ご注意ください。

[前バージョン(2.01)からの変更点]

  • LPR(バイトカウントを有効にするOFF時)、Rawプロトコル印刷時のFPOTを改善しました。
  • アンインストーラー機能に対応しました。
  • Rawプロトコル印刷時、強制終了する不具合を改善しました。

[インストールについて]

  1. ダウンロードしたファイルを任意の空ディレクトリにコピーします。
    ファイルは自己解凍形式になっていますので、そのまま実行すれば自動的に解凍します。
  2. README.TXTの記述に従い、1で解凍したソフトウエアをインストールします。
    [ご注意] エクスプローラーを使って上記作業を行なう場合は、あらかじめエクスプローラーですべてのファイルを表示するように設定しておいてください。
    1. エクスプローラーの[表示(V)]-->[オプション(O)...]を選択して、「オプション」ウィンドウを開きます。
    2. [表示]タブをクリックし、「ファイルの表示」の中の、[すべてのファイルを表示]をクリックします。
    3. [OK]ボタンをクリックして、「オプション」ウィンドウを閉じます。

このページのトップへ


ソフトウエアダウンロード

ソフトウエアダウンロード

使用許諾条件に同意し、HTTPでダウンロード

本サービスに登録されているソフトウエア(以下、提供ソフトウエアといいます。)をダウンロードする前に、以下の「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウエアをダウンロードして使用することができます。

■ 使用許諾条件 ■

  1. 提供ソフトウエアの著作権は、富士ゼロックス株式会社(以下、富士ゼロックスといいます。)、Xerox Corporationならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウエアは、各提供ソフトウエアに対応する富士ゼロックス製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウエアを使用するにあたっては、各提供ソフトウエアに関して富士ゼロックスが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウエアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウエアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウエアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上

このページのトップへ

ここまで本文