BT-PlotAssistant アップデートキット

本サービスに登録されているソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)をダウンロードする前に、「注意事項」および「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウェアをダウンロードして使用することができます。

概要

BT-PlotAssistantは、Microsoft® Windows® 環境下から、ネットワーク(イーサネット)上に接続している富士ゼロックスプロッターに対して「状態の確認」「パラメータ設定の変更や確認」「印刷の指示」「印刷ログの確認と保存」機能を提供するソフトウェアです。

ネットワークに接続された環境であれば、プロッターのパネルを操作して行う作業のほとんどが、ご自分のPC上で行え、ファイル化されたプロットデータの印刷指示がGUIを用いて行えます。

本パッケージはBT-PlotAssistantをアップデートする為だけに使用可能で、過去にBT-PlotAssistant 2.x.x ~ 3.x.x(本バージョン未満) が動作していたPC環境でのみインストールできる作りになっております。従って、BT-PlotAssistantを購入されず、本パッケージだけを使用したとしても、インストールはできませんので、ご了承ください。

BT-PlotAssistantは、弊社の商品として扱っております。ご要望の際は弊社プロッターの購入元までお問い合わせください。

BT-PlotAssistantに関する注意制限事項は本パッケージを実行した際に生成されるLetter.TXTを参照してください。

ダウンロード

ファイル名 fxbtpa18093nw61cfja.exe
ファイル形式 自己解凍形式(EXE形式)
ファイルサイズ 25,596,648 バイト
 

ダウンロードができないときの対処方法

仕様

ソフトウェア種別 BT-PlotAssistant アップデートキット
バージョン 3.12.2
登録日 2018年11月16日
対応機種
  • DocuWide 2055
  • DocuWide 2055 (Model-NP)
  • DocuWide 2055 MF
  • DocuWide 3030
  • DocuWide 3030MF
  • DocuWide 3035 MF
  • DocuWide 3037 EP
  • DocuWide 3037 MF
  • DocuWide 5070
  • DocuWide 6055
  • DocuWide 6055 MF
  • DocuWide 6057 EP
  • DocuWide 6057 MF
  • DocuWide 9095α
  • DocuWide 9098α
動作環境
  • Windows 10 (32ビット) 日本語版
  • Windows 10 (64ビット) 日本語版
  • Windows 8.1 (32ビット) 日本語版
  • Windows 8.1 (64ビット) 日本語版
  • Windows 7 (32ビット) 日本語版
  • Windows 7 (64ビット) 日本語版
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士ゼロックス株式会社

注意事項

インストールについて

  1. ダウンロードしたファイルを実行します。ファイルはそのまま実行すれば自動的にアップデートプログラムが起動します。
  2. アップデートプログラム起動後は、画面の指示に従って操作してください。
  • 注記 Windows® 8.1の場合、BT-PlotAssistantをインストールする前に、マイクロソフト社から提供されている更新プログラム「KB2919355」を適用しておく必要があります。
  • 注記 64ビットOS上でアップデートを行う場合、BT-PlotAssistantアップデートキットを使って64ビットOSへインストールする方法をご覧ください。
  • 注記 2015年10月29日以降に、Windows® 8以降の64ビットOSにインストールしたBT-PlotAssistant Ver.3.10.0では、PDFプリント機能、DocuWorksプリント機能が正常に動作しません。
    • インストールは、正常に終わったように見えますが、上記機能が動作しませんので、Ver.3.11.0以降にアップデートしてご利用ください。
    • 2015年10月28日以前にインストールしたケースは、問題ありません。

ご利用の際の注意

  1. Windows® 7での動作については、注意事項があります。
    Windows® 8.1/10でも同様です。
  2. PDFプリント機能をご利用の場合は注意事項があります。
  3. PDFプリント機能をご利用の場合、Adobe® Readerの設定に関して注意事項事項があります。
  4. DocuWorksプリント機能をご利用の場合には注意事項があります。
  5. ジョブ設定で保存した設定ファイル(prmファイル)の保存先は、以下となります。
    • C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥VirtualStore¥Program Files¥Fuji Xerox¥BT-PlotAssistant x.x¥PrinterSetting
      (x.xはBT-PlotAssistantを新規インストールした時のバージョン番号となります。Ver3.10.0以降はx.xはありません。)

変更履歴

2018年11月16日 Ver. 3.12.2 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • PDFファイルに対する処理を改善しました。

2018年4月13日 Ver. 3.12.1 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 6055で特定のPDFファイルがBT-PlotAssistantから印刷できない問題を修正しました。

2018年2月1日 Ver. 3.12.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 3037、DocuWide 6057をサポート機種として追加しました。
  • DocuWideプロッターへのファイル送信状態表示機能を追加しました。
  • DocuWide 3035で「ジョブ設定」で設定した数値が「ジョブ設定印刷」に反映されない不具合を修正しました。
  • 「BT-PA Printer4」を「BT-PA Printer5」に変更しました。
  • BT-PlotAssistantをインストールしたユーザー以外のユーザーがPDFファイルを正常に印刷できない不具合を修正しました。
  • 対象OSから、Windows Vista®, Windows® 8 を削除しました。

2015年11月24日 Ver. 3.11.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • Windows® 10、Windows® 10 64ビット版を対応OSとして追加しました。
  • DocuWide 9098αをサポート機種として追加しました。
  • 丁合を指定した時に、部数毎にFolderに回転して排出する機能を追加しました。
  • 「BT-PA Printer2」を「BT-PA Printer3」に変更しました。
  • DocuWide 6055で特定のPDFファイルが印刷できない不具合を修正しました。
  • 旧バージョンからのアップデート後に、インストーラーを実行したユーザーとは異なるユーザーで使用できない不具合を修正しました。

2015年7月3日 Ver. 3.10.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWorksプリント機能を追加しました。
  • 「BT-PA Printer」を「BT-PA Printer2」に変更しました。
  • PDFプリント機能で必要とするAdobe ReaderにAdobe Acrobat Reader DCを追加しました。
  • 対象OSからWindows XPを削除しました。
  • PDFプリント機能で同一ファイル名で異なる文書のPDFを印刷すると、同じ内容で出力される不具合の修正。
  • PDFプリント機能でPC上に生成される[BT-PA PDF Converter]を終了させると、BT-PAを終了できなくなる不具合の修正。

2013年12月10日 Ver. 3.9.4 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 9095αプロッターの機能拡張変更に伴いセキュリティープリント機能/認証機能を追加しました。
  • 「ジョブ設定」を「論理プリンタに従う」に設定し、DocuWide 9095α、または、DocuWide 3035に転送すると、ペン/カラーの設定が論理プリンタに従わない不具合の修正
  • PDFプリントで印刷できない場合がある不具合の修正

2013年5月22日 Ver. 3.9.3 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • Ver.3.9.2 では、BrainTech 8090α、BrainTech 8030、BrainTech 8180α、BrainTech 8181α、 DocuWide 2050 / 2051、DocuWide 4080に印刷実行すると、「接続できないプリンターです」と表示されて印刷できない不具合の修正

2013年3月22日 Ver. 3.9.2 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • Windows® 8、Windows® 8 64ビット版を対応OSとして追加しました。

2012年10月11日 Ver. 3.9.1 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • Ver.3.9.0 を使用すると、BrainTech 8090α、BrainTech 8030、BrainTech 8180α、BrainTech 8181α、DocuWide 2050 / 2051、DocuWide 4080 に転送できない不具合の修正

2012年8月10日 Ver. 3.9.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 3035をサポート機種として追加しました。
  • 「ジョブ設定」-「その他」タブへ“用紙の置き換え”設定を追加しました。
  • 「ジョブ設定」-「拡縮・用紙」タブの"用紙カット方法"設定に “定型サイズ以外はすべてシンクロカット(MIX3)”を追加しました。
  • 「ジョブ設定」-「拡縮・用紙」タブに"倍率設定"を追加しました。
  • 「プリンタ」の表現を「プリンター」に変更しました。
  • 対象OSからWindows® 2000を削除しました。

2012年1月31日 Ver. 3.8.3 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • Windows® XP Professional x64 Edition、Windows Vista® 64ビット版、 Windows® 7 64ビット版を対応OSとして追加しました。
    尚、64bit OSでは、Windows-on-Windows 64 (WOW64) x86エミュレーションモードで実行されます。

2011年4月8日 Ver. 3.8.1 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • PDFプリント機能でコンバートができず印刷するジョブがない場合、ジョブ設定印刷が実行されてしまう不具合の修正
  • 「PDF/Adobe® PostScript® キット(オプション)」があるプリンターで、高圧縮PDFファイルを印刷できない不具合の修正

2011年2月1日 Ver. 3.8.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 9095αをサポート機種として追加しました。
  • 「ジョブ設定」-「スタンプ1」/「スタンプ2」タブに、日付の区切りを設定するコンボボックスを追加しました。
  • 「ジョブ設定」-「カラー」タブのカラーマッピングテーブルの対象に、TIFFを追加しました。
  • 「ジョブ設定」-「カラー」タブに、TIFF描画モードを設定するコンボボックスを追加しました。

2009年12月22日 Ver. 3.7.2 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • Windows® 7を対応OSとして追加しました。
  • 「認証情報設定」画面で「印刷の度に入力画面を表示する」を選択している最中に「User IDの指定」、「User ID」、「パスワード」、「Account ID」のショートカットキーを受け付けてしまう不具合の修正
  • 「ジョブ設定」-「仕上げ」タブでショートカットキーが動作しない不具合の修正

2009年5月27日 Ver. 3.7.1 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • 「PDF/Adobe® PostScript® キット(オプション)」を導入していてもAdobe® Reader® Ver.8以上がインストールされていないとPDFを印刷できない不具合の修正
  • 印刷時に「認証情報の設定」画面でキャンセルを押した場合、アプリケーションを終了する際にアプリケーションエラーが発生する不具合の修正

2009年3月5日 Ver. 3.7.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide2055プロッターへの対応
  • PDFプリント機能を追加
  • 「ジョブ設定」−「スタンプ1」 / 「スタンプ2」タブへプロッターで保持しているスタンプ一覧を確認できる「プリンタのスタンプを確認」ボタンを追加

2008年12月24日 Ver. 3.6.1 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • 「ジョブ設定」−「スタンプ2」タブで『スタンプを押す』を一度でも選択すると、『スタンプを押さない』に設定し直しても、「拡縮・用紙」タブの「自動用紙選択」がチェックできなくなる不具合を修正しました。
  • 認証情報の設定ダイアログで、「User IDの指定」を変更して「キャンセル」ボタンを押しても、その変更が反映されてしまう不具合を修正しました。

2008年11月17日 Ver. 3.6.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 6055プロッターに対応しました。(サポート機種として追加)
  • 認証機能を追加しました。
  • 「ジョブ設定」−「スタンプ2」タブを追加しました。(2個のスタンプ設定が可能)
  • 「ジョブ設定」−「その他」タブへ“複製管理”設定を追加しました。

2008年4月23日 Ver. 3.5.2 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 3030プロッターの変更に伴い、セキュリティープリント機能を変更しました。

2007年5月21日 Ver. 3.5.1 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • セキュリティープリント機能に対応しました。

2007年3月30日 Ver. 3.5.0 README.TXTの更新

前回掲載からの変更点

  • Windows Vista® を対応OSとして追加しました。

2007年2月22日 Ver. 3.5.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 9090αプロッターに対応しました。(サポート機種として追加)
  • Windows® 98、Windows® Meを対応OSより削除しました。
  • 「ジョブ設定」−「カラー」タブへ“論理プリンタの設定を有効にする”チェックボックスを追加しました。

2005年9月22日 Ver. 3.4.0 バージョンアップ

前回掲載からの変更点

  • DocuWide 3030プロッターに対応しました。
  • Windows® 95 (OSR2.5)、Windows NT® (Service Pack 5以降)を対応OSより削除しました。
  • 対応用紙サイズへArch30を追加しました。
  • PDF/Adobe® PostScript® 対応を追加しました。

使用許諾条件

本ソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)の使用許諾条件は、以下に記載するとおりです。

  1. 提供ソフトウェアの著作権は、富士ゼロックス株式会社(以下、富士ゼロックスといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウェアは、各提供ソフトウェアに対応する富士ゼロックス製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウェアを使用するにあたっては、各提供ソフトウェアに関して富士ゼロックスが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウェアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウェアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウェアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上