Wide Format Network TWAIN Source Ver.1.3.3

注意事項

インストールについて

  1. Administrator権限のあるユーザーでログインします。
  2. 起動しているWide Format Network TWAIN ドライバー、および、Wide Format Scan Serviceを終了します。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
  4. インストーラーが起動しますので、画面の指示に従って操作してください。

ご利用の際の注意

  1. 本スキャナードライバーの注意・制限事項
    1.1. 同時使用について
    同一コンピューター上で、本スキャナードライバーを同時に複数使用することはできません。

    1.2. 同時使用ができないソフトウェアについて
    同一コンピューター上で、次のソフトウェアとは同時に使用できません。
    富士ゼロックス(株) Wide Format Scan Service
    (Wide Format Scan Service Viewer は使用できます)

    1.3. Ver. 1.3.3 のドライバーのインストールについて
    変更履歴に記載しました通り、Ver. 1.3.2 以前の本スキャナードライバーをアンインストールすると、弊社製ソフトウェアのレジストリー情報も削除してしまう場合がある不具合があり、Ver. 1.3.3 にて修正しました。
    既にインストールされている場合は、その状態のまま (アンインストールを実行せずに)、Ver. 1.3.3 を使用して上書きインストールしてください。
    なお、Ver. 1.3.3 では、スキャナードライバー自体は Ver. 1.3.2 のままであり、バージョン画面でも 1.3.2 と表示されます。コントロールパネル > プログラムと機能で表示されるバージョンを確認してください。

    1.4. 節電中のスキャナー装置について
    スキャナー装置が節電中の場合、本スキャナードライバーの[スキャナの指定]画面の[検索されたスキャナ]に、そのスキャナーは表示されません。
    その場合は、同画面の[IPアドレスの指定]欄に、そのスキャナーのIPアドレスを入力し、[次へ]ボタンを押してください。または、スキャナー装置の節電を解除し、同画面の[再検索]ボタンを押してください。

    1.5. 文書の削除のタイミングについて
    スキャナー装置の親展ボックスが、読み取り後に文書を削除する設定になっている場合、スキャナー装置からコンピューターへ最後のページの読み取りが完了すると、親展ボックスに蓄積されている文書が削除されます。
    この直後のタイミングで、コンピューター側において以下の様な読み取り処理の中断が発生すると、読み取りができていない状態で文書が削除される場合があります。
    (読み取り処理の中断事例)
    • コンピューター側で行なわれる圧縮伸張処理中にエラーが発生
    • 本スキャナードライバーの[中止]ボタンを押して読み出し処理を中止
    • コンピューターがリブートされた
    • 読み取りデータの一時保存先の容量が少ない場合
    このような場合は、再度文書を読み取れないことがあります。

    1.6. コンピューター上の一時ファイルの削除のタイミングについて
    本スキャナードライバーは、スキャナー装置から取得したデータを、コンピューター上に一時ファイルとして作成します。
    そのデータをアプリケーションに転送後、アプリケーションから読み込みが終了したメッセージを受けた時点で、一時ファイルを削除します。
    しかし、その後アプリケーションが正常にデータを処理できない場合は、データが消失する可能性があります。

    1.7. 読み取り中に通信の切断が発生したページについて
    スキャナー装置とコンピューターとの通信が切断された場合、読み取ったページをアプリケーションが処理できない場合があります。

    1.8. 本スキャナードライバーが起動中に強制終了された場合について
    本スキャナードライバーが[親展ボックス情報]画面を表示中に強制終了された場合に、最大約15分間その親展ボックスにアクセスできない状態となります。
    その場合には、スキャナー装置の電源をOFF/ONしてください。但し、他の方が使用されている場合もありますので、十分ご注意ください。

    1.9. ファイアウォールについて
    異なるサブネットに接続されたスキャナ装置が、検索するサブネットに登録しても検索されません。 その場合は、許可されたプログラムに、ご使用するアプリケーションを登録してください。

    1.10. インターネット接続の共有について
    インターネット接続の共有が設定されていると、スキャナー装置に接続できない場合があります。その場合は、インターネット接続の共有の設定を解除してください。

    1.11. 設定情報の継承について
    Ver.1.1.0以前のバージョンでは、上書きインストールを行なってアップデートした場合、スキャナーの検索条件、文書の並べ替え等の表示時の設定、および、文書の一時保存先等の読み取り時の設定は継承されず、初期値に戻ります。
    Ver.1.1.1以降で上書きインストールを行なってアップデートした場合、設定は継承します。

    1.12. 定形サイズ補正について
    スキャナー装置の親展ボックスから文書を読み取る際、定形サイズの原稿に対して画素数を補正できます。[定形サイズ補正の設定]画面で、原稿の長さと解像度から算出される理論的な画素数を初期値とし、-100画素から +100画素の範囲で、左右上下の4辺に対して各々補正値を設定できます。
    縦長の原稿に対しては、該当する辺にそのまま適用されます。
    横長の原稿に対しては、右に90度回転した縦長の原稿を想定して、各辺の補正値を設定してください。例えば、横長原稿の上辺を補正したい場合は、同画面の[右]に補正値を設定します。

    1.13. DocuWide 3030のソフトウェアバージョンについて
    DocuWide 3030 にアクセスする場合はプリンターのソフトウェアバージョンを1.2.2以上にしてください。
    1.2.2未満では使用できません。
    これ以外の機種では、バージョンの制限はありません。

  2. アプリケーションの注意・制限事項
    2.1. 接続確認済みのアプリケーション
    接続確認済みのアプリケーションは、次の通りです(社名のアルファベット順)。
    アドビシステムズ(株) Acrobat® 6、7、8、9、Photoshop® 6.0、7.0、CS
    (株)バスプラスワン まいく郎kit V5
    Eastman Software Imaging for Windows®
    富士通ミドルウェア(株) ImageOFFICE 5.0L10、ImageVIEW 5.0L10A
    富士ゼロックス(株) DocuWorks 6.0 / 6.1 / 6.2 / 7.0
    グレープシティ(株) LEADTOOLS 12.0J
    (株)日立アドバンストデジタル WebCaby Ver.3.2.1
    (株)きもと After Image Pro for Windows®
    マイクロソフト(株) Office Document Imaging
    武藤工業(株) EDGESWEEPER Ver.4.1
    Spicer Corporation Imagenation Ver.7.4
    (株)システムズナカシマ ANDES ScanWave32 日本語版 Ver.14、ScanWaveLite Ver.6.1g
    東レACS(株) CREA COMPO パターンマジック Ver.1.9
    ラスターテック(株) WiseImage for Windows® Ver.6.0.694、
    WiseImage for AutoCAD Ver.6.0.694、RasterID Ver.3.1.91

    2.2. ページ単位での読み取りの制限
    アプリケーションによっては、複数のページから構成される文書を読み取ることや、複数の文書を同時に読み取ることができません。
    その場合には、本スキャナードライバーの[親展ボックス情報]画面にて、[表示]メニューの[表示モード]で[ページ単位]を選択してください。
    これにより、文書情報がページ単位に表示されますので、1ページずつ選択し読み取ってください。
    また、1ページを読み取った後、本スキャナードライバーが終了する場合もあります。
    その場合には、[親展ボックスの指定]画面にて、[暗証番号の保存]をチェックしてください。次回起動した時は、選択した親展ボックスの[親展ボックス情報]画面が直接表示されます。
    この読み取りの制限が確認されているアプリケーションは、次の通りです。
    アドビシステムズ(株) Acrobat® 6
    ※Acrobat7以降では、同じファイル形式であれば、複数ページ取得が可能
    グレープシティ(株) LEADTOOLS 12.0J
    (株)きもと After Image Pro for Windows®
    武藤工業(株) EDGESWEEPER Ver.4.1
    (株)システムズナカシマ ANDES ScanWave32 日本語版 Ver.14、ScanWaveLite Ver.6.1g
    東レACS(株) CREA COMPO パターンマジック Ver.1.9
    ラスターテック(株) WiseImage for AutoCAD Ver.6.0.694

    2.3. 読み取りサイズの制限
    大きな画像の読み取りを行なうと、アプリケーションがメモリーエラーを起こしたり、フリーズするなどの現象が発生することがあります。
    読み取った文書が消失する可能性がありますので、ご使用する前にアプリケーションの仕様をご確認の上、制限値を超える原稿の読み取りは行なわないでください。
    画素数の目安として、A0長辺では次の画素数となります。
    解像度 600dpi : 約28,100画素
    解像度 400dpi : 約18,800画素

    2.4. 各アプリケーションでの注意・制限事項
    これまでに確認されているアプリケーション毎の注意・制限事項を記述します。
    1. アドビシステムズ(株) Acrobat® 6
      • 上記のページ単位での読み取りの制限の通り、1ページずつ読み取ってください。
      • [暗証番号の保存]機能が自動的に有効になります。
        スキャナー装置や親展ボックスを変更したい場合は、本スキャナードライバーの[親展ボックス情報]画面にて、[表示]メニューの[別のスキャナ]を選択してください。
      • 長さ17インチ(431.8mm)を超える原稿が正常に読み取れないことを確認しています。
        その様な原稿に対しては、Acrobat® 7.0.7以降ををご使用ください。
    2. アドビシステムズ(株) Acrobat® 7、8、9
      • Acrobat® 7の初期のバージョンでも Acrobat® 6と同様に、長さ17インチ(431.8mm)を超える原稿が正常に読み取れないことを確認していました。
        • Acrobat® 7.0.7 で次の原稿を正常に読み取れることを確認しました。
          • 白黒:圧縮形式が JBIG2 の場合
            解像度 600dpi ANSI D (22x34インチ、長辺 約20,380画素)
          • 白黒:圧縮形式がアダプティブ、CCITT Group4 の場合
            解像度 600dpi 841x1,300mm (長辺 約30,700画素)
        • Acrobat® 9.1.3 で次の原稿を正常に読み取れることを確認しました。
          • 白黒:圧縮形式が JBIG2 の場合
            解像度 600dpi Architectual D (24x36インチ、長辺 約21,600画素)
          • 白黒:圧縮形式がアダプティブ、CCITT Group4 の場合
            解像度 600dpi 841x1,900mm (長辺 約44,800画素)
          • カラー/グレースケール:圧縮形式が劣化なし、アダプティブ、JPEG の場合
            解像度 600dpi Architectual B (12x18インチ、長辺 約10,800画素)
      • Acrobat® 7.0.7 では、 読み取り直後にOCR処理を適用する場合、幅と長さが共に45インチ(1143mm)以下という制限がありますので、ご注意ください。
      • JBIG2の圧縮形式で生成したPDF文書は、次の機種のPDF / PostScript® 3TM キットではサポートしていないPDFのバージョンとなります。
        DocuWide 6050 / 6050MF / 6030MF / 5070 / 5070MF / 3030 / 3030MF / 2055 / 2055MF
      • Acrobat® 8 でスキャンを行う場合、スキャンを選択した後に表示される [Acrobat Scan] 画面で次を設定してください。
        [スキャナオプション] ボタンを押下し、[スキャナオプション] 画面にて、[ユーザインタフェイス] を [スキャナのネイティブインタフェイスを表示]にする。
      • Acrobat® 9 でスキャンを行う場合、[カスタムスキャン] を選択し、[カスタムスキャン] 画面で次を設定してください。
        [オプション] ボタンを押下し、[スキャナオプション] 画面にて、[ユーザインタフェイス] を [スキャナのネイティブインタフェイスを表示] にする。
    3. アドビシステムズ(株) Photoshop® 6.0、7.0
      • 幅30,000画素、または、長さ30,000画素を超える原稿は扱えません。
    4. アドビシステムズ(株) Photoshop® CS、CS2、CS3、CS4
      • 幅300,000画素、または、長さ300,000画素を超える原稿は扱えません。
    5. Eastman Software, Inc. Imaging for Windows®
      • 読み取った文書が、白黒反転して表示されたり、全面黒く表示されることがあります。次の操作を行なうと、正しく表示される場合があります。
        [表示]メニューの[グレースケール]を選択
        [ページ]メニューの[プロパティ]の[色]タブで、モノクロ以外を選択
    6. 富士ゼロックス(株) DocuWorks
      • 幅65,500画素、または、長さ65,500画素(600dpi、2A0相当)を超える原稿は扱えません。
      • DocuWorks6.xでは、伸長した状態でのデータサイズが 250MBを超える原稿は扱えません。
      • DocuWorks6.xの 文書の用紙サイズの範囲は、1辺の長さが 30~500mm です。
      • DocuWorks7.xでは、伸長した状態でのデータサイズが 1GBを超える原稿は扱えません。
      • DocuWorks7.xの 文書の用紙サイズの範囲は、1辺の長さが 30~2400mm です。
      • DocuWorks6.xでは原稿サイズがA3サイズを超える場合は、[ファイル] メニューの[DocuWorks Deskの設定] の [スキャン取り込み] タブにある [スキャンしたイメージがA3を超えるときはA3におさまるように縮小する] をチェックしてください。これにより、A3 サイズにおさまるように縦横同率で縮小します。
        DocuWorks7.xでは、原稿サイズが2A0サイズを超える場合は、[ファイル] メニューの[DocuWorks Deskの設定] の [スキャン取り込み] タブにある [スキャンしたイメージが最大サイズを超えるときは最大サイズにおさまるように縮小する] をチェックし、[最大サイズ]を「2A0(長尺)」にしてください。これにより、2A0サイズにおさまるように縦横同率で縮小します。
        作成される DocuWorks 文書の用紙サイズ情報は元の原稿サイズと異なりますが、高解像度でデータを保持していますので、画質が劣化することはありません。
      • 定形サイズの原稿を読み取る場合には、[ファイル]メニューの[DocuWorks Deskの設定]の[スキャン取り込み]タブにある[スキャン(TWAIN)取り込み時の用紙サイズ]の[自動で定形用紙サイズにおさめる]をチェックし てください。長尺の原稿を読み取る場合には、[自動でイメージのサイズに合わせる]をチェックしてください。[自動で定形用紙サイズにおさめる]をチェックした場合、長尺の原稿では、A3サイズの左右に余白がつきます。
      • DocuWork Deskのステータスバーに[元のサイズ]が表示される条件は、DocuWorkのバージョンによって異なりますので、ご使用のDocuWorksのヘルプをご覧ください。
      • DocuWorks 6.0.2 より前のバージョンでは、複数の文書を選択して同時に読み取ると、1つのDocuWorks文書となります。DocuWorks 6.0をお使いの場合は、最新のバージョンにアップデートしてください。
      • スキャナー装置で付与した文書名をDocuWorks文書名とする場合には、[ファイル]メニューの[DocuWorks Deskの設定]の[スキャン文書保存]タブにある[スキャナ側で付けられた文書名をスキャン文書名とする]をチェックしてください。但し、DocuWorks 6.0.2より前のバージョンでは、文書名を継承できません。DocuWorks 6.0をお使いの場合は、最新のバージョンにアップデートしてください。
    7. マイクロソフト(株) Office Document Imaging
      • [スキャンする前にスキャナードライバーのダイアログを表示する]を必ずチェックしてご使用ください。
      • 制限ユーザーは使用できません。
    8. (株)システムズナカシマ ScanWaveLite Ver.6.1g
      • 上記のページ単位での読み取りの制限の通り、1ページずつ読み取ってください。
      • [暗証番号の保存]機能が自動的に有効になります。
        スキャナー装置や親展ボックスを変更したい場合は、本スキャナードライバーの[親展ボックス情報]画面にて、[表示]メニューの[別のスキャナ]を選択してください。
    9. 東レACS(株) CREA COMPO パターンマジック Ver.1.9
      • 上記のページ単位での読み取りの制限の通り、1ページずつ読み取ってください。
        それ以外の方法で読み取った場合は、最終文書の最終ページのみが読み取れます。