Windowsファイアウォールが有効なOS環境下でのドライバーインストールツール・ドキュメントモニターに関する注意制限事項

「ドライバーインストールツール」 や 「ドキュメントモニター」をWindows Vista®、Windows® 7、Windows® 8、Windows® 8.1、Windows Server® 2008、Windows Server® 2008 R2、Windows Server® 2012、Windows Server® 2012 R2(ドキュメントモニターはServer OSに非対応です)で実行した場合、以下の不具合が発生する可能性があります。


不具合1: 「ドライバーインストールツール」でプリンターや複合機の検索に失敗することがあります。特に、別のサブネットに設置してあるプリンターや複合機の場合、そのサブネットのブロードキャストアドレスを指定しても、検索できません。
不具合2: 「ドキュメントモニター」の表示が遅れる、もしくは更新されないことがあります。

以下の操作で、プログラムをWindowsファイアウォールの例外リストに登録することで、これらを回避することができます。
不具合の内容やお使いのソフトウエアの種類により、登録するプログラムは異なります。詳しくは手順および注記をご確認ください。

Windows® XP、Windows Vista®の場合

(注)手順説明はWindows Vista®の画面キャプチャーを使用しています。

  1. 「スタート」 ボタンから、「コントロールパネル」 を選択します。


  2. 「Windowsファイアウォールによるプログラムの許可」 を選択します。


  3. [ユーザーアカウント制御] のダイアログで、[続行] ボタンをクリックします。
  4. [Windowsファイアウォールの設定] ダイアログの 「例外」 タブで、[プログラムの追加(R)..] ボタンをクリックします。


  5. 「プログラム」 ウインドウ中の [登録するプログラム] を選択して、「OK」 ボタンをクリックします。(7. へ)
    「プログラム」 ウインドウ中に [登録するプログラム] が表示されない場合、[参照] ボタンをクリックします。


  6. 「参照」 ダイアログで、[登録するプログラム] の実行ファイルを指定して、[開く] ボタンをクリックします。


  7. 「プログラムの追加」 ダイアログで、[OK] ボタンをクリックします。


  8. 「Windowsファイアウォールの設定」 ダイアログで、「プログラムまたはポート」 ウインドウに [登録するプログラム] が表示され、チェックされていることを確認します。チェックがついていない場合、手動でチェックボックスにチェックを入れてください。[OK] ボタンをクリックします。


Windows® 7、Windows Server® 2008、Windows Server® 2008 R2の場合

(注) 手順説明はWindows® 7の画面キャプチャーを使用しています。

  1. 「スタート」ボタンから「コントロールパネル」を選択します。


  2. 「システムとセキュリティ」を開き、「Windowsファイアウォール」を選択します。


  3. 「Windowsファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する」を選択します。


  4. [許可されたプログラムおよび機能(A)]ウィンドウ中の「別のプログラムの許可」ボタンをクリックします。


  5. 「プログラムの追加」 ウインドウ中の [登録するプログラム]を選択して、「OK」 ボタンをクリックします。(7. へ)
    「プログラムの追加」 ウインドウ中に [登録するプログラム]が表示されない場合、[参照] ボタンをクリックします。


  6. 「参照」 ダイアログで、[登録するプログラム] の実行ファイルを指定して、[開く] ボタンをクリックします。


  7. [プログラムの追加]ダイアログに[登録するプログラム]が表示されるので、「追加」ボタンをクリックします。


  8. [許可されたプログラムおよび機能(A)]ウィンドウに[登録するプログラム]が表示され、チェックされていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。チェックがついていない場合、手動でチェックボックスにチェックを入れてから、「OK」ボタンをクリックしてください。


Windows® 8、Windows® 8.1、Windows Server® 2012、Windows Server® 2012 R2の場合

(注) 手順説明はWindows® 8の画面キャプチャーを使用しています。

  1. 「コントロールパネル」を開きます。


  2. 「システムとセキュリティ」を開き、「Windowsファイアウォール」を選択します。


  3. 「Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」を選択します。


  4. [許可されたアプリ]ウィンドウ中の「別のアプリの許可」ボタンをクリックします。


  5. 「アプリの追加」 ウインドウ中の [登録するプログラム]を選択して、「OK」 ボタンをクリックします。(7. へ)
    「アプリの追加」 ウインドウ中に [登録するプログラム]が表示されない場合、[参照] ボタンをクリックします。


  6. 「参照」 ダイアログで、[登録するプログラム]の実行ファイルを指定して、[開く] ボタンをクリックします。


  7. [アプリの追加]ウィンドウに[登録するプログラム]が表示されるので、「追加」ボタンをクリックします。


  8. [許可されたアプリ]ウィンドウに[登録するプログラム]が表示され、チェックされていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。チェックがついていない場合、手動でチェックボックスにチェックを入れてから、「OK」ボタンをクリックしてください。





(注) 登録するプログラム

  • 不具合1
    「ドライバーインストールツール」の場合
    プログラム名 ドライバーインストールツールまたはCSW
    パス(CD-ROMの場合) <CD-ROMルートフォルダー>\Jpn\EasyOp\bin\CSW.exe
    パス(Webからダウンロードした場合) <解凍フォルダー>\cwns\csw\CSW.exe
  • 不具合2
    「ドキュメントモニター」の場合
    プログラム名 ドキュメントモニター
    パス <インストール先フォルダ>\DocMon\Cwcommu.exe